このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ

こんにちは、パシオンの小池です( ・ v ・ )

皆さん、この週末はどう過ごされましたか?

今年はクリスマス&イブが木・金曜日と平日にあたるため、一足早いクリスマスパーティーをされた方もいらっしゃるでしょうか?

パシオンでも今週いっぱいは各店舗にクリスマスツリーを飾って、お客様をお出迎えしていますよ〜♪




さてさて、本日は新築外構のご紹介です。

カーポートに物置一体型サイクルポート・ガレージと・・・車好きの方には必須のアイテムが満載ですよ!!


工事の内容 新築外構(追加)
お客様のご要望 駐車スペース・物置・ガレージの設置
駐車スペース 通常2台+1台
施工カ所 駐車スペース・カーポート・物置・サイクルポート・ガレージ・境界フェンス・門扉
プランのポイント 奥行延長のカーポート・ピッタリサイズのガレージ
デザイン シンプル


IMG_20190201_150342

↑施工前の様子。

本体ポーチへつながるアプローチや、建物前面の土留めブロックなど、必要最低限の外構は本体工事で施工済みでしたが、その他の部分は未施工の状態でした。



DSC_0038

↑施工後の様子。

車の進入路は土間コンクリートで舗装し、カーポート“YKK:レイナポートグラン”を設置させていただきました。

カーポートサイズは、1台用の奥行に+αの長さを足した奥行延長タイプを使用。

写真だと分かりづらいですが、カーポート奥には物置とサイクルポートが一体化した“イナバ:NEXTA-WITH(ネクスタウィズ)”も設置しています。

カーポートの屋根が物置のすぐ手前までくるように設計しているので、雨天時にも雨に濡れずに荷物を出し入れすることができるようになっています。

また、奥行延長のカーポートを採用してるので、車が駐車してある状態でもスペースに余裕があるのも嬉しいポイントですね(^-^)

1台用の片側支柱カーポートは、4本柱の両側支持カーポートに比べ、耐風強度がどうしても低くなってしまうので、T様邸では着脱式のサポート柱をオプションで付けさせていただきました。

着脱式サポート柱は、普段は本体柱に収納しておいて、風の強い時だけ装着すればいいので、1台用カーポートを検討中の方はいざと言う時の為に設置しておくのがおススメです!



IMG_20190201_150357

↑こちらも施工前の様子。

玄関前のスペースとは別に、建物前にも車1台分が駐車できるスペースがありました。



DSC_0037

↑施工後の様子。

こちらのスペースには、1台収納タイプのガレージ“イナバ;ガレーディア”を設置させていただきました。

打合せ当初は、奥行がもう一つ狭いサイズのガレージで設計していましたが、実際に現地で実寸した結果、もう一つ上のサイズもギリギリで設置できそうだったので、T様のご希望もあり、大きい方のサイズを採用。

大きいサイズを施工するにあたり、道路との境に施工されていたピンコロ石舗装の一部は撤去しています。

ガレージ内へスムーズに入れるようできるよう、侵入部は土間コンクリートで新たに施工させていただきました。

もちろんガレージ内も土間コンクリートでしっかり舗装していますよ〜♪

ガレージには、オプションでガラス窓や照明・コンセントなども取り付けあります。





T様邸では、車のタイヤがのらない部分の土間コンクリート舗装はカットしたり、土間コンクリート施工をしたことにより余った砂利を裏庭の土地に再利用したりと・・・少しずつコストカットをして、その分の施工費を他のカ所にあてられるように、細かな工夫もしています。

T様、この度は誠にありがとうございました!





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
頑丈なカーポートとガレージが自慢!土留め工事で使いやすさもUPしたシンプルな新築外構/浜松市浜北区A様邸
NiwaNaviImage
ヨドコウの新商品・ラヴィージュ靴離疋譽好プションでかっこいいガレージが完成!/浜松市中区S様邸
NiwaNaviImage
カーポートに洗濯物干しを取り付けてテラス代わりに!バイクの作業場にも/磐田市Y様邸

いわた応援チケット(プレミアム商品券)の使用期限が近づいています!

まだお手元に商品券が残っているという方は、使い忘れのないようにご注意下さい(^^)


プレミアムチケットバーナー (1) / / / / / / / / / / / / /

パシオン磐田店は、プレミアム商品券の取扱店です!


■カーポート・テラス・目隠しフェンス・物置の設置

■駐車場・お庭・アプローチの工事

■雑草対策・ブロック塀のやり替え・お庭のリフォームetc・・・

お庭に関する事なら、外構の専門がいるパシオンにお任せ!


商品券を活用して、いっしょに磐田市を盛り上げていきましょう!!





注意事項
※商品券を使用できるのは、磐田店のみとります。他店舗では使用できません。
※いかなる場合でも、一度ご利用いただいた商品券の返却・現金による返金はできませんのであらかじめご了承ください。
※お支払方法に関わらず、パシオンでは商品のみの販売は行っておりません。かならず施工とセットでの販売になります。
※プレミアム商品券を使用しての詳しい支払方法については、スタッフまでお問合せ下さい。

※パシオン磐田店の年内営業日は12月29日(火)までとなっております。商品券を使用される場合は、営業日内までにお支払いをしていただきますようお願いします。



こんにちは、パシオンの小池です( ・ v ・ )

先週のポカポカ陽気から一転して、今週からはグッと寒さが増しましたね!

自宅でも、急いでダウンや毛布・暖房器具などを押し入れから引っ張りだしましたっっ


そんな寒空の中でも、パシオンの職人さんたちは毎日現場で仕事を頑張っています。

職人さんたちへの感謝の気持ちを忘れずに、本日も現場紹介をしていきたいと思います!!




今回はお洗濯に便利なサンルームを設置させていただいた現場のご紹介です。

サンルームは梅雨時に活躍するイメージがあると思いますが、花粉や黄砂が発生する春先や、日中お家が留守になる共働きのお宅では通年を通して活躍する、主婦のお助けアイテムです(^^)


DSC_0080

I様邸では、掃き出し窓の前に“三協:晴れもようwith”のF型(フラット屋根タイプ)を設置させていただきました!

サイズは1.5間×6尺ですが、I様邸では間型にメーターモジュールを採用しているので、間口がW3,000と関東間タイプよりも一回り大きめな作りになっています。

開口部は全面掃き出し窓で、窓を開けた状態でも虫が入ってこないように網戸も設置。

床面は、塩ビデッキ仕様でモクメ色をチョイスしていますよ〜。



DSC_0036

↑こちらは施工前の様子。

晴れもよう兇鮴瀉屬垢襪砲△燭蝓∩櫃出し窓横に設置されていた雨どいは、上部でカットさせていただきました。


DSC_0079

↑施工後の様子。

オプションで側面用吊下げ式の竿掛け(ワイドタイプ)も設置したので、大容量の洗濯モノを余裕をもった間隔で干すことができますよ♪

晴れもようwithは、ランドリー機能に特化した商品なので、他社さんと比較しても竿掛けアイテムが非常に充実しているのも特徴です。



DSC_0081

I様邸の場合、ちょうど晴れもようwithの真下に雨水マスが設置してあったので、雨水が雨水マスに直接流れるよう、サンルームの雨どいを延長して施工させていただきました。




お天気を気にせず洗濯物を干せるのは、何かと忙しい主婦にはとってもありがたいですよね!

ただ、夜間や梅雨時期に使用する場合、サンルームに干しておくだけだと中々洗濯物が乾かないということも考えられます。

そんな時は除湿器サーキュレーターを活用するのがおススメ!!

これからご新築をされる方で、もしサンルームの設置を考えているのなら、サンルーム内で使用できる位置に外部コンセントを設置しておくと、お家の窓を閉めた状態でも除湿器などを使用することができて便利ですよ〜♪

便利なエクステリアアイテムを上手に活用して、快適なランドリーライフをおくりましょう(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
三協:晴れもようwithを設置しました!/袋井市M様邸
NiwaNaviImage
2世帯住宅も快適に!既存土留めを活かした建て替え新築外構/磐田市O様邸
NiwaNaviImage
新発売のサンルーム“晴れもようwith”で雨の日のお洗濯を快適に!

こんにちは、パシオンの小池です。

12月も中旬にさしかかり、だいぶ寒さを感じるようになってきましたね!

日中は比較的暖かくても、夕方になると急に冷え込んできたりもするので、お出かけの際の防寒対策にはお気を付け下さい( ・ v ・ )


さて、本日も現場のご紹介です♪




隣地との境界部分に、お洒落な木板調目隠しフェンス“エコモックフェンス”を設置させていただきました!

フェンス高さはH1650の板材9枚貼りで、板と板のすき間は2cm間隔で、地面に直接施工する“独立仕様”での設置になっています。


DSC_0065

どうしても少し無機質な感じがでてしまうアルミフェンスに比べ、樹脂製品で木製フェンスに近い雰囲気を出せるエコモックフェンス。

今回のA様邸のように、長い距離を施工する場合もお庭に圧迫感を感じにくく、温かい雰囲気を出してくれるのも特徴です。

また、天然木のフェンスのように塗り替えなどのメンテナンスが要らないのも嬉しいポイントですね!




IMG_20190307_134902

↑こちらは施工前の様子。

隣地との境界にはフェンス等が何もなく、せっかくのお庭スペースを活用しづらい状態でした。



DSC_0066

A様邸では、フェンスの基礎天端と既存土留めブロックの高さを合わせて施工させていただきました。

天端があっているので見た目にもスッキリしますし、ブロック基礎の高さ分、目隠しフェンスの背丈を高くすることができます。

ただ、フェンスの施工強度でいうと、ブロック基礎の埋め込みが深いが安心にはなりますので、どちらを優先するかは、現場の状況やお施主様との打ち合わせで決めさせていただいています。



NiwaNaviImage

A様邸では施工距離が長かったこともあり、高さのイメージが付きやすいように上画像のようなパース図も作成させていただきました!




A様、この度は誠にありがとうございました。

プライバシーもしっかり確保した、ほっこりできるお庭スペースで素敵なガーデンライフをお楽しみ下さい(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
ナチュラルな木調フェンスを設置して、愛犬のためのドックランを作成!/袋井市T様邸
NiwaNaviImage
まるで新築のようなお庭に変身!クローズ→オープン外構に大規模リフォーム工事/浜松市北区S様邸
NiwaNaviImage
ナチュラルな雰囲気の板張りフェンス、タカショーのモクプラボードをご紹介!

こんにちは、パシオンの小池です。

さて今回は少し前の現場になりますが、ご紹介していきたいと思います。




台風被害で既存のレンガ壁が倒壊してしまったM様邸。

元々の施工は他社様でされていましたが、今回はパシオンで復旧工事をさせていただくことになりました。



IMG_20181019_115650

↑施工前の様子。

元々は、コンクリート基礎の上に、レンガと重量のある目隠しフェンスが設置されていました。

(目隠しフェンスは、M様が別場所に保管されています。)


IMG_20181019_115703

レンガには鉄筋などは入っておらず、基礎の上にただ積んで固定してあるだけの状態でした。

フェンスの重みもあいまって、台風による強風で壁ごと転倒してしまったと思われます。






IMG_20190110_142301

施工後の様子。

金額を抑えるために、既存のレンガを再利用することもできましたが、既存レンガだと中に鉄筋を通すことができず、強度を持たせることができなかったので、今回はレンガごと新調させていただくことになりました。

レンガには、既存レンガに比較的見た目が近い“ユニソン:ディアナブリック”を採用。

色違いの4色のレンガをランダムに配置して、ナチュラルな雰囲気に仕上げています♪

施工時には鉄筋やケミカルアンカーを使用することで、しっかり強度を持たせていますよ〜!


また、設置高さも低いこともあり、重量の軽いアルミメッシュのみレンガ壁の上に再施工させていただきました。

元々レンガ上に設置されていた目隠しフェンスは、新設したレンガ壁の後ろにM様がご自身で再施工されるそうです( ・ v ・ )




浜松・磐田などの西部地区は、元々風が強い地域です。

台風被害に限らず、突風によるフェンスなどの倒壊リスクも十分に考えられるので、設置の際は目先の金額だけではなく、しっかりとした施工をしてくれる業者や施工方法を選ぶようにしたいですね♪


また、下記の『うちのブロック塀は大丈夫?簡単ブロック診断!』では、いくつかの質問に答えてることで、既存ブロックの状態をチェックすることができます。

診断結果はあくまでも目安にはなりますが、特別な会員登録などは必要なく、5分程度で診断することができるので、ご自宅のブロック状態が気になる方は是非活用してみて下さいね!


↓↓↓

NiwaNaviImage
うちのブロック塀は大丈夫?簡単ブロック診断!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
植栽を撤去して花壇も新設!台風被害のフェンスやり替え外構工事。/浜松市北区S様邸
NiwaNaviImage
カーポートをやり替え工事。耐風強度の高い折板カーポート・三協G-1ssで台風でも安心!/磐田市U様邸
NiwaNaviImage
人工木でお手入れ楽々♪傷んだウッドデッキのやり替え工事/磐田市T様邸

こんにちは、パシオンの小池です( ・ v ・ )

先日、個人的にインフルエンザの予防接種に行ってきました。

私がビビりなのもありますが、大人になっても注射というのは打つ瞬間どうしても緊張しますね汗


では本日も施工事例の紹介をしていきたいと思います!!




以前パシオンで新築外構をして下さったH様邸。

今回は駐輪スペース一体型の物置を設置させていただきました。


DSC_0070

物置には“タクボ:Mr.ストックマン(プラスアルファ)”を使用。

品番はTP−3022で、内部寸法で奥行が2120mm×駐輪スペース・物置スペース共に間口が1444mmとなっています。

扉カラーを4色の中から選ぶことができますが、H様邸ではカーボンブラウン色を採用しています。



DSC_0071

パシオンでは、イナバ物置やヨド物置を使用することが比較的多いですが、今回はタクボの駐輪物置が少しリーズナブルにご提供ができたので、そちらを採用することになりました。

とは言え、どのメーカーさんも極端に性能や価格に違いがある訳ではないので、見た目の好みやカラーで選んでいただくのが良いのかな?と思います(^^)



DSC_0098

ちなみにこちらが施工前の様子です。

物置やサイクルスペースは、将来的に必要になる確率が高いアイテムです。

もし新築時には設置しなくても、後々使用する可能性があるのならば、設置する分のスペースをあらかじめ考えて外構設計をしておくようにしたいですね!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
駐輪スペース何で作る?設置パターンとメリット&デメリットをご紹介。
NiwaNaviImage
物置と駐輪場が一体になったヨド物置“エルモコンビ”
NiwaNaviImage
物置一体型サイクルポートの設置&整地・舗装・芝はり工事/磐田市K様邸

「うちのブロック塀は大丈夫…?」

地震などの自然災害が起きた際に、民家のブロック塀が倒壊し負傷者が出るといった事故が
起きています。
昔に施工されたブロック塀の安全性が注目されているいま、
「うちのブロック塀は大丈夫…?」という不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

エクステリア・外構・住宅・造園のポータルサイト「e-toko」では、
ブロック塀診断カルテ(関東エクステリア建設業協会監修)を無料公開中です!
こちらのツールは簡単にご自宅のブロック塀の状態を診断できるツールになっています。


20180915_1905_00_0762w627_h887_popup
20161029_1858_44_0665w559_h106
全部で16項目の質問にクリックで答えていくかんたん操作。質問一つ一つに分かりやすい
イラストや解説が付いていますので、外構知識の少ない方でも簡単に答えることができます。
診断は5分ほどで終了。診断が終わると、結果がブロック塀診断カルテとなって表示されます。
こちらのカルテはもちろん紙に印刷することもできます。

この機会に是非ご活用ください!


こんにちは、パシオンの小池です。

今日から12月ですね!

だいぶ寒さも本格的になってきましたが、みなさん体調の方は如何ですか?


さて、本日は既存外構の一部を撤去リフォームさせていただいた現場のご紹介です。




庭付き中古住宅をご購入されたJ様邸。

お庭部分には既存で造作がされていましたが、できるだけお庭を広く使いたいとのことでしたので、既存構造物の一部を撤去させていただきました。


DSC_0067
施工前の様子。

既存でウッドデッキが設置されていました。


DSC_0043

施工後の様子。

既存ウッドデッキを撤去し、あいた空間には人工芝を設置させていただきました。

アプローチはそのまま活用していますが、高さのある構造物がなくなったぶん、広々とした印象になりました!


DSC_0047
施工前の様子。

入口には植栽スペースと、以前の持ち主の方がワンちゃん用に作ったドックスペースがありました。



DSC_0044

施工後の様子。

ドックスペースだった箇所は、既存のタイルと同系色のタイルで舗装。

植栽スペースだった場所は砕石敷きにしてます。

元々植えられていた中央のシンボルツリーとハナミズキの木は、J様のご要望でそのまま残しています。




お庭は使用する人や家族構成によって、用途や必要なアイテムも変わってきます。

ウッドデッキを撤去するのは一見すると少しもったいない様な気もしますが、それによってお庭空間を広々使用することができるようもなります。

思ったようにお庭を活用できていない場合、今のお庭状態と、使用したい目的がマッチしていないのかもしれません。

そんな時は、J様邸のように思い切って既存アイテムを撤去してみるのも一つの手段かもしれませんね!

『具体的にどうしたらいいか分からない』という場合は、プロのエクステリアプランナーが相談に乗ることもできますので、是非お気軽にご相談下さい(^-^)





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
既存土留めブロックを撤去!駐車スペースの拡張工事/磐田市S様邸
NiwaNaviImage
駐車場を増設!花壇を撤去して車をとめれるスペースにリフォーム工事/袋井市K様邸
NiwaNaviImage
チェリーウッド色の目隠しフェンスで道路からの視線をカット!/浜松市東区S様邸
誠に勝手ながら、下記期間中は休業日とさせていただきます。

アスタリスト緑
0001

【休業期間】
2020年 12月 30日(水)〜 2021年 1月6日(水)

【通常営業日】
2021年 1月 7日(木)
から
アスタリスト青

こんにちは!

本日から11月21日(土)・22日(日)・23(月)の3日間は、パシオン磐田店で外構相談会を開催中です!

期間中にお見積り依頼をいただいた方には、もれなく『金券 1,000円分』をプレゼントいたしますので、外構やエクステリアアイテムの施工を検討中の方は、是非お気軽にご相談下さい♪


さて、今回は目隠しフェンスを施工させていただいた現場のご紹介です(^^)





少し前に、パシオンで新築外構の施工をさせていただいたI様邸。

今回は、隣地との境部分に目隠しフェンスの設置するご依頼をいただき、施工させていただきました。


DSC_0221

ウッドデッキ横の境界部分に、独立施工の多段アルミフェンスを新設!

今回フェンスには“三協:シャトレナ1型”のアースブラウン色を使用しました。

本体高さH1000×2枚を使用し、トータル高さは約H2000程になっています。



DSC_0222

サイドからの様子。

シャトレナ1型は完全な目隠しタイプではありませんが、その分ほどよく光を取り込んでくれるので、デッキ近くに配置しても圧迫感なく過ごせるのが嬉しいですね!

I様邸では、フェンスが柱の下までくるように施工しましたが、より解放感を出すために足元部分はフェンスを取り付けず、デッキ上からフェンスがはじまるように施工することもできますよ♪




パシオンでも人気の木調板貼りフェンス(モクプラボードやエコモックフェンスなど)は、見た目がお洒落ですがその分お値段も中々(;^_^A

施工距離や条件にもよりますが、やはり一番リーズナブルなのは基本的にアルミカラーフェンスです。

今回のようにアルミ色の中でも明るいブラウンカラーをチョイスすると、遠目で見た時に何となく木調フェンスっぽく見えるので「できるだけ予算を抑えたい〜!!」っとうい場合の裏技としておススメですよ!!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
チェリーウッド色の目隠しフェンスで道路からの視線をカット!/浜松市東区S様邸
NiwaNaviImage
ナチュラルな木調フェンスを設置して、愛犬のためのドックランを作成!/袋井市T様邸
NiwaNaviImage
まるで新築のようなお庭に変身!クローズ→オープン外構に大規模リフォーム工事/浜松市北区S様邸
こんにちは、パシオンの小池です。

本日のブログも、前回に引き続き“日除け対策系”の施工事例になります!

新型コロナウイルスの影響もあってか、最近はお家時間をより快適に過ごすためのアイテムをご希望される方が増えているように感じます。

日除けは、設置カ所によってカバーできる場所も変わってくるので、色々な施工事例を見て、是非参考にしてみて下さいね(^^)/

では、早速いってみましょう!!




以前、パシオンで新築外構をしていただいたK様邸。

今回は夏場の日除け対策&目隠しをしたいとのご相談をうけ、開閉式のシェードを設置させていただくことになりました。


写真 2020-09-29 9 08 43 / / / / / / /

今回使用したのは“YKK:アウターシェード”です。

お子様がウッドデッキで遊ぶ際の日除け&目隠しにしたいとのことでしたので、既存テラスの先端に設置させていただきました。

デッキ間口を全てカバーできるように、シェードは3セットを使用。

ウッドデッキにはボトムバー固定金具も取り付けたので、シェードの固定も楽々行えます。

また、シェードが斜めになるようにデッキ下の地面に垂らすことで、デッキを広々と使えたり、影の位置を微調整したりもできますよ♪

(ちなみに・・・デッキ下に金具を固定するためのオプションを正規で付けると、中々割高になってしまうので、ご自身で紐や重りを使って固定される方法をおススメさせていただきました)



写真 2020-09-29 9 08 43 (1) / / / / / / /

こちらの、道路側に面した窓にもシェードを取り付けさせていただきました。

外部の視線が気になり、中々窓を開けられなかったとのことですが、アウターシェードを設置したことで、これからは安心して換気ができますね!




アウターシェードは、平らな面さえ確保できれば、比較的どんな場所にも設置できるアイテムになっています。

実際に、今回アウターシェードを設置させていただいたテラスは、三協:レボリューAという他メーカーの商品になりますし、窓にシャッターや雨どいがある場合でも設置できたりと、取り付け方のバリエーションも豊富です。

特別問題がなければ、短時間での取り付けが可能なの嬉しいポイントですね!

来年の夏を迎える前に、シェードの取り付けを検討してみるのはいかがでしょうか(^^)?




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
おうち時間にピッタリ!洋風すだれ“アウターシェード”で夏を快適に過ごそう!!
NiwaNaviImage
アウターシェードのサンプルが届きました!
NiwaNaviImage
日除けオプションも!木調パーゴラテラス・ナチュレPを設置/浜松市西区O様邸

こんにちはご無沙汰しております、パシオンのネット担当小池です( ・ v ・ )

11月だというのに暖かい日が続きますね〜。

一度寒くなった時に、ユニクロで急いで子供の冬用アウターを定価で買ったものの、一度も着ていないまま、今朝ネット広告を見たら同じアイテムが1000円引きに・・・。

(↑コレ、私の中であるあるネタです。)

朝から若干テンション下がり気味ですが、気力を振り絞ってなんとか本日も頑張ります(笑)!!



既存でお手製のウッドデッキと竿掛けが設置されていたO様邸。

今回は既存デッキ上に、木調のパーゴラを新設したいとご依頼をいただきました。



ビフォアー

↑施工前の様子↑

窓前やデッキ上に庇がないので、日差しの影響を直接うけてしまう状態でした。



アフター

↑施工後の様子↑

デッキサイズにピッタリ納まるよう、パーゴラテラスを取り付けさせていただきました!

天井には開閉式の日除けもオプションで設置。

日差しの強い夏場はシャードを開いて暑さ対策をし、逆に冬場はシェードを閉じて太陽の光をめいいっぱい取り入れて・・・と、季節に応じた使い方が出来るのが嬉しいですね♪

既存で設置されていた独立タイプの竿掛けは撤去していただき、パーゴラの垂木に新しい竿掛けを設置させていただきました。


アフター

パーゴラテラスには“三協:ナチュレP(パーゴラタイプ)”を使用。

サイズは2.0間×10尺で、間口はカットして施工しています。

パーゴラの柱を設置する場所が、既存のデッキステップに干渉してしまうため、ステップは一度解体していただきました。

パーゴラ施工後、O様がまたご自身で一部縮小したステップを設置しなおす予定とのことです♪

O様、この度は誠にありがとうございました!!




今回O様邸では、天井にポリカーボネート板などの屋根材がないタイプのテラスを設置させていただきました。

日差し対策+雨対策もしたいよ〜という場合は、ポリカ屋根があるテラスの下にオプションで日除けもつけることができます。

ポリカ屋根自体も、選ぶ色や種類によって光をよく通すもの・遮断するものがありますので、どんな用途で使用したいかをよく考え、自分たちにピッタリのアイテムを選ぶようにしましょう(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
テラス・目隠しが一体型の“YKK:アウタールーフ”で、すき間スペースが快適なプレミアム空間に大変身!
NiwaNaviImage
時短家事にバッチリ!相性の良いテラス×勝手口の施工事例。
NiwaNaviImage
三協:晴れもようwithを設置しました!/袋井市M様邸
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 11 | 12 | 13 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ

ブログカレンダー
<   2021-05   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
外構について
初めてエクステリア・外構工事をお考えの方に是非お読みいただきたい情報がまとめてあります!ご参考にしていただければ幸いです。
そもそも外構とは? 生活を便利に 施工参考価格 まずはここから考えよう 外構のあれこれ 外構アイディア集 施工の流れ 大切なお金のこと
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.