このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ
近頃よく耳にする『SDGs(エス・ディー・ジーズ):Sustainable Development Goals―持続可能な開発目標

2015年に国連で採択された持続可能な世界を実現するための17の目標を、2030年までに達成させるべく、世界各地で様々な対策や活動が進行中です!



SDGs

これからの未来を生きる子どもたちや、そのまた子どもたちが生きる世界で、これらの目標が目標ではなく、当たり前のことになっていてほしいと強く思います!

そのためにも自分が今できることしなければ!




今回は、エクステリアを事業としているパシオンから、エクステリアでできるSDGsの取り組みをご紹介します。

「えっ!これもSDGsにつながるの?!知らないうちにやってた!」と思うこともあるかもしれません☆



その
smartPost
「宅配ボックスを置く」
住民の代わりに荷物を受け取ってくれる宅配ボックスは、働く人の強い味方。再配達を減らすことで、CO2排出削減にも一役。

LIXILは東京都江東区、江戸川区と連携し、「宅配ボックス実証プロジェクト」を実施!その結果がすごいんです!

このプロジェクトでは、エリア内の戸建て住宅約100世帯に「スマート宅配ポスト」を無償提供し、再配達の削減に伴うCO2削減効果や、ユーザーのストレスの変化などを検証しました。

2019年11月1日〜2020年2月29日の調査結果をまとめたものがあります。


その結果がコチラ↓↓


再配達率 41.7%14.9%に減少
宅配事業者の労働時間 約178時間削減
CO2排出量 約379kg削減(杉の木約27本のCO2吸収量に相当)

数字で見ると効果を実感しますね!

そもそも宅配物の4割以上が、再配達で届けられていたことに驚きましたが、宅配ボックスのおかげでそれが1.5割以下に激減したことにも驚きです!

CO2の削減も、もちろん素晴らしい変化ですが、これだけ再配達を減らすことができれば、物を届ける人・受け取る人 双方のストレスも大きく減らせそうです。



このプロジェクトで使用した「スマート宅配ポスト」は、スマートフォンと連携して使用できるIoT宅配ボックスです。

これまではひとつの荷物を受け取って宅配業者が施錠すると、2つ目の荷物を受け取ることができませんでした。しかし、この商品は外出先からスマートフォンで解錠できるので、複数の荷物の受け取りが可能です。

また、スマートフォンから発送の依頼をすることもできます。

宅配ボックスとスマホを連携させるってどうなんだろう…と気になった方は、下記の画像をクリックして【LIXIL 宅配ボックス スペシャルサイト】をぜひご覧ください。
実証プロジェクトに実際に“参加した人の声”や商品を詳しく知ることができます。


LIXIL





その
styleshade_01
「外付けの日よけをつける」
光、熱、風などをコントロールする日よけは、温暖化の対策にもなるアイテム。室内熱中症のリスクを減らしてくれます。

衝撃事実!!

夏場、室内に入ってくる熱の約70%は窓からなんです!!※

※熱の流入割合[夏の冷房時]開口部73% 出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会


窓を制する者は、真夏の室内を制する!と言えそうです。

「じゃあ、カーテンをひいておけばいいか☆」

そうも言っていられないこんな調査結果があります。


LIXILが自社製品の外付け日よけ「スタイルシェード」を一般複層ガラスの窓に使用し、関連JISなどに基づいた計測および算出した結果がコチラです!↓↓


シェード
シェード
室内のカーテンやブラインドでは、室内まで熱が入ってきて、そのままこもってしまいます。 熱の大部分を窓の外側でシャットアウトできるので、室内の温度上昇をしっかり抑えられます。


・・・ということから
日差しの対策は"部屋の外側でのカット"が一番効果的
と言えます


熱中症は、暑い日の屋外で発症するイメージがありませんか?

実は、熱中症の約4割は住居で起こった室内熱中症です。

温度のコントロールは、健やかな毎日に大事なことですね。



さてさて、気になるのはその節電効果。そちらも先ほどと同じ「スタイルシェード」を使用して調査した結果がLIXILから出ていましたよ。

それがコチラ↓↓


節電効果


条件


なんと約31%の節約になりました!


窓から侵入する太陽の熱を約83%カット&冷房の使い過ぎを抑え約31%の節約になる外付け日よけ。

家族の健康を守るとともに、節電とCO2排出量の削減にもつながる、人にも地球にも優しいアイテムです。





その
デッキ
「“資源の循環”が見える製品を選ぶ」

今の生活スタイルを変えないまま2050年(世界人口96億人想定)を迎えた場合、なんと地球3個分の天然資源が必要になるそうです。

また、ごみの埋め立て地の寿命は、全国平均であと20年ほど。

多くの資源を使い、環境に負荷を与えながら物をつくり、大量に廃棄する社会は限界が近いようです。


私たち消費者にできることの一つとして、“リサイクル素材の製品を選ぶ”ということがあります。

エクステリア商品の中にもあります!

例えば・・・


deck
人工木デッキです。
人工木の多くは「ポリプロピレン樹脂」と「木粉」を混ぜ合わせ、高温・高圧力で製造されています。
「ポリプロピレン樹脂」はペットボトルのキャップなどの再生プラスチックから、「木粉」は間伐材などの再利用木材からのリサイクルで製造ができます。
LIXILの人工木デッキ材の木粉と樹脂は、100%リサイクル素材でつくられているそうです。



さらに、こんな商品もあります。


20211031131043_00001
エクステリアの複数の会社が共同開発・製造した
「HaNaウッドフェンス」という商品。
国産スギの間伐材で作ったウッドフェンスです。
高い耐候性と木材保護性能を持つ「耐候性塗料」が施されています。

戦後、木材資源の確保のために成長が早いスギの植林がされた結果、日本の国土の約2割を占めるスギ林。

50年経ち、国産木材の需要が減って放置されたままのスギの木が今、問題に・・・。


・成熟したスギは成長が遅くなり、CO2の吸収量が極端に減少

・雨水の捕捉力が低下し土砂崩れを起こしやすい

・スギ花粉が盛んに放出する樹齢30年以上の木が増え、花粉症患者の増加の原因に

そこで開発された「HaNaウッドフェンス」

森林破壊を食い止める為に、伐採・収穫期を迎えた木材を有効利用し、植えて、育てて、また使うというサイクルを実現しています。


20211031130908_00001


このHaNaウッドフェンス、天然木材ならではの木目や節が魅力的です。


DW
DW
LW
ST
カラー
板材
※クリックした画像が拡大表示されます

耐候性塗料が施されているので、試験上では5〜6年経過しても色あせは見られませんでした。・・・が、設置環境によっても左右されますので、より長持ちさせるために3〜5年での専用塗料の塗布によるメンテナンスが推奨されています。

また、価格は樹脂製の板塀フェンスよりは残念ながら、高くなってしまいます。

ただ樹脂製品特有の伸び縮みが無いので、板と板のつなぎ目に取り付ける連結部材が不要となり、よりスッキリした見た目になります。


002
樹脂製フェンス/B-Life.s:BウッドスタイルSライン↑↑

ちなみに写真の樹脂製フェンスもリサイクル素材で作られていますよ。

こちらは食品のトレーや発泡スチロールなどをリサイクルして作り出されたポリスチレンを材料としており、このポリスチレンを低倍率発泡させ、硬い状態で、成形することで、商品の耐久性を高めています。


メンテナンスとコストの面では、樹脂フェンスに軍配が上がりますが、HaNaウッドフェンスの天然木材ならではの風合いはかないません。
しかも、HaNaウッドフェンスを選ぶことで、森林保全に一役買うことができます。




エクステリアで『SDGs』を考えてみましたが、いかがでしたか?


NHK Eテレでは子ども向けSDGs番組があり、目標別の歌や、17目標のおぼえ歌もあるので、もしかしたら子どもたちの方が詳しいのでは・・・!(^^;)

子どもたちに負けないように、身近なこととして考え取り組んでいきたいと思います!




その他のおすすめ記事もCHECK↓↓

20210205
新発売!据え置きタイプの宅配ボックス“フレムスLight・据え置きタイプ”
20200525
おうち時間にピッタリ!洋風すだれ“アウターシェード”で夏を快適に過ごそう!!


リサイクル素材の樹脂フェンス:Bウッドスタイルの施工事例もCHECK↓↓

03
ちょっとしたポイントが盛沢山!木板調フェンスが素敵な、ナチュラル新築外構/浜松市東区I様邸
この度、エクステリア商品の大手メーカー「タカショー」から驚きのアプリが登場しました!

その名も『メタバガーデン』。これがすごいっっ(; ・`д・´)

タカショーのエクステリア商品を自宅に試し置きできちゃうんです!?

お手持ちのスマートフォンやタブレットを設置予定の場所にかざすだけで、実寸大の3D商品が画面上にあらわれます。
デッキ・スクリーン・カーポート・テラスなどなど、気になるアイテムを「もしもウチにつけたなら・・・」のシミュレーションがゲーム感覚で気軽にできます♪



1


アプリのダウンロードはこちらから↓↓(登録不要、無料)
アスタリスト緑
meta2
アスタリスト緑


さっそく 試してみましたよ〜☆

 パシオン磐田店に →→→  木調の横格子フェンスを設置してみました!
1
2



縦格子フェンスだってこの通り☆

こちらは『千本格子リバーシブルユニット』
高さ2m すき間50mm ブラウンエボニー色です。

「格子のすき間が50mmだと、こんな風に透けてみえるんだな」

「高さ2mだとこのくらいかぁ。高さ1.8mのものを隣に置いて比べてみよう」

「建物に合った色はどれかな」

といった風に、ご自宅にマッチした商品を探すことができます♪
4


さらにこのアプリを使うとイイコト!!

設置したい場所に実寸大の3D商品が配置されたら、どの位置からでも商品を確認できます。

離れた所から見るとどんな感じになるか や

近づいて見て、木目の模様を確認することもできます♪


→縦格子なら、こんな風に見る角度によって目隠し率が変わりますので、
実際に移動しながら目隠し具合を確認することができますね☆
4
 
ずっと画面の中を覗いていると、まさにそこに存在していると錯覚してしまいます(^▽^;)

こんなことが当たり前にできる時代になったんですね〜。

IoT、AR、VR・・・アナログ人間の苦手意識をあおるような横文字があふれている世の中ですが、こんな風に身近なものとして、これからもっともっと生活に浸透していくんだなぁと改めて感じました。

前述のとおり、今は「タカショー」商品のみで使用できるサービスですが、メーカー問わずシミュレーションできる時代は、すぐそこまで来ているのかもしれません。



「うちのブロック塀は大丈夫…?」

地震などの自然災害が起きた際に、民家のブロック塀が倒壊し負傷者が出るといった事故が
起きています。
昔に施工されたブロック塀の安全性が注目されているいま、
「うちのブロック塀は大丈夫…?」という不安を抱えている方もいらっしゃると思います。

エクステリア・外構・住宅・造園のポータルサイト「e-toko」では、
ブロック塀診断カルテ(関東エクステリア建設業協会監修)を無料公開中です!
こちらのツールは簡単にご自宅のブロック塀の状態を診断できるツールになっています。


20180915_1905_00_0762w627_h887_popup
20161029_1858_44_0665w559_h106
全部で16項目の質問にクリックで答えていくかんたん操作。質問一つ一つに分かりやすい
イラストや解説が付いていますので、外構知識の少ない方でも簡単に答えることができます。
診断は5分ほどで終了。診断が終わると、結果がブロック塀診断カルテとなって表示されます。
こちらのカルテはもちろん紙に印刷することもできます。

この機会に是非ご活用ください!



こんにちは、パシオンの小池です。

コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、ご新築を考えている方は、中々身動きが取れない状態にモヤモヤされていると思います。

特に、完成希望時期が近い場合は、ますます気持ちが焦ってしまいますよねっっ

今回は、少しでもそんな方たちのお役に立てるよう、外構を検討する上でまず考えなくてはいけない「新築外構を、どこに頼むべきか?」ということについて書いていこうと思います。


どこ頼む?

新築外構を検討されるタイミングは、建物の概要がだいたい決まってから・・・という方も多いとおもいます。

ただ、事前に外構をどこに頼みたいかという基本方針を決めておけば、いざ外構決めに入るときにも時間の節約になりますね!


このブログでは、ハウスメーカーに外構を頼む場合と、専門店に頼む場合、それぞれの特徴やメリットを紹介していきたいと思います。

できるだけ公平な立場で書いて行きたいとは思っていますが、どうしても職業柄少し偏った意見になる部分もあるかもしれませんが、ご了承下さい(^^;

では、早速行ってみましょう!!

※住宅会社さんには、ハウスメーカー以外にも工務店や大工施工など色々あると思いますが、このブログでは読みやすくする為に、それらをまとめて“ハウスメーカー”と表記させていただきます。




まずは、ハウスメーカーに外構を頼む場合のメリットから見ていきましょう!


ハウスメーカー


^多幹兇ある

ハウスメーカーに外構を頼む理由として多いのが、“安心感”があるからだと思います。

一般的には、外構業者よりも住宅業者さんの方が会社規模が大きな場合が多く、特に大手ハウスメーカーさんでお家を建てられる場合は、万が一(倒産や災害)の時のことを考え、割高でも住宅会社さんに外構も頼むという方も多いのではないでしょうか?

もちろん、規模の大きな会社だから必ずしも大丈夫・・・という事はありませんが、やはり安心材料にはなりますね!

逆に言うと、地元の小さな工務店さんなどに頼む場合、この部分はあまりメリットにはならないかもしれませんね(;^_^A


外構が完成した状態で引き渡しができる

ハウスメーカーに外構を頼む場合、建物工事と続けて外構も工事に入れるので、お庭まで完成した状態で引き渡しをしてもらうことができます。

外構専門店の場合、早くても引き渡し後からの着工になってしまうので、引っ越し後に工事に入るときは、駐車スペースを確保しながらの施工になったり、平日だとお家に人がいる状態で工事をすることになったりします。

ただしハウスメーカーでも、状況によっては引き渡しや引っ越し後に外構工事をすることもあるようなので、そこは事前にしっかり確認をしておきましょう。


手間が省ける

ハウスメーカー以外の業者に外構を頼む場合、当たり前ですが、まずは自分で外構屋を探すところから始まります。

あとは、住宅資料の説明や何か変更点や確認事項があった場合の連絡なども、自分で行うことになりますね。

一方、ハウスメーカーに依頼する場合は、基本的に営業さんがそれらの業務を代行してくれますし、建物と外構の打ち合わせも一カ所で行うことができます。

建築地に色々と規制があったり、複雑な一期工事(建物を建てる前に行う外構工事のこと)が必要な場合などは、全体図を把握しているハウスメーカーに依頼した方が、負担も小さくて良いかもしれませんね!


こ姐夙駘僂皀蹇璽鵑冒箸濆みやすい

新築でお家を建てられる場合、住宅ローンを組まれる方がほとんどだと思います。

実は・・・外構費用は、原則として住宅ローンの対象にはならないので、外構工事単体での利用はできません。

ただ、ハウスメーカーに外構も依頼する場合、建築費用に外構費用も含めてもらえば、まとめて住宅ローンを組むことが可能になります。(実際には、各金融業者の判断になります。)

「外構代金が準備できない」、「手元に現金を残しておきたい」という方は、住宅ローンを活用するのも一つの手になりますね!


一方で、ハウスメーカー以外に外構を頼む場合でも、外構費用をローンに組み込めることもあるようです。

また、新築の場合はタイミング的に難しいかもしれませんが、後々に住宅ローン以外のローンを活用するという方法もあります。




では、今度は外構専門店で工事をする場合のメリットを見ていきましょう!


外構専門店


|羇屮沺璽献鵑かからない

外構専門店に頼む大きなメリットは、やはり中間マージンのカットです!

実はハウスメーカーに外構を頼む場合、実際の工事はハウスメーカーが提携している外構業者、いわゆる下請け業者が行っていることがほとんどです。

ハウスメーカーを経由して外構を発注する場合、下請け会社が出した見積り金額にプラスして、住宅会社の利益が中間マージンとして外構費用に上乗せされます。

一般的に、約2〜3割の中間マージンが発生すると言われているので、例えば外構専門店だと150万円の工事も、ハウスメーカーを通すと・・・

150万(下請け業者が出した外構費用) + 50万(中間マージン3割) = 200万円(お客さんが払う金額)

と、間にハウスメーカーが入ることで50万円もの差が出てくることもあるのです。

中間マージン分の金額が浮けば、外構のグレードアップや、住宅の建築費用などにもあてられますね!


好みの業者を選べる

外構をハウスメーカー以外に頼む場合、自分の好きなデザインをしてくれそうな会社や、しっかり施工してくれそうな会社などを、自分で判断して選ぶことができます。

一方、ハウスメーカーが提携している外構業者は決まっているので、提携業者のプランがイマイチ好みでなかったとしても、業者を変えるという事はできません。

また、優良な外構業者にあたれば良いですが、いわゆる“ハズレ”業者に当たってしまう可能性もあります。

↑これはどちらにも言えることではありますが(;^_^A


D樟楝任噌腓錣擦できる

外構専門店に工事を頼む場合、外構の専門家であるエクステリアプランナーと打ち合わせをすることになります。

間にハウスメーカーの営業さんなど、第3者を挟まず話ができるため、伝言では上手く伝わらないような微妙なニュアンスも伝えることができ、希望をプランに反映しやすくなります。

また、連絡事項は間に入る人が増えれば増えるほど、伝言ミスなどのトラブルが増えると言われているので、住宅業界では付き物の“言った言わないトラブル”リスクを抑えることもできますね!

何かトラブルや変更事項があった際も、直接連絡を取ることで、素早い対応ができるようになるのも安心ポイントです(^-^)


すイなタイミングで工事ができる

ハウスメーカーに外構も頼む場合、新築時に外構工事も依頼することになります。

一方、外構専門店は新築時に限らず、好きなタイミングで工事を依頼することができます。

確かに、全て完成した状態で引き渡しができるのも魅力的ですが、生活導線や周辺環境など、図面で見るだけでは細かい部分までイメージが難しい部分もあると思います。

「住んでみなくちゃ分からない」というヤツですね!

環境的に可能なのであれば、大まかな外構計画は立てておいた上で、実際にしばらく住んでから、外構工事をするのもいいかもしれませんね!

ただ、工事の内容によっては着工前でないと施工ができないものや、余分に費用がかかってしまうものもあるので、その辺りは事前にしっかり確認しておようにしましょう。






まとめ

【ハウスメーカーのメリット】

^多幹兇ある

外構が完成した状態で引き渡しができる

手間が省ける

こ姐夙駘僂皀蹇璽鵑冒箸濆みやすい



【外構専門店のメリット】

|羇屮沺璽献鵑かからない

好みの業者を選べる

D樟楝任噌腓錣擦できる

すイなタイミングで工事ができる




如何だったでしょうか(^^)?

本当は途中までデメリットについても書いていたのですが、いざ読み返してみいると、それぞれのメリットとデメリットが、ただ逆になっているだけだったので、今回は割愛させていただきます。

また、今回書いた内容は、あくまで一般的な傾向になります。

ハウスメーカーによっては、お施主さんと外構業者が直接やりとりできる会社さんもあれば、外構専門店のプランナーが、直接ハウスメーカーの営業さんとやりとりをする時もあったりと様々です。

何か不安な部分がある場合は、事前に住宅会社や外構会社にしっかり確認して、後で「こんなハズじゃなかった〜っっ」とならないようにしましょう。


ハウスメーカー・外構専門店、それぞれの特徴を良く理解して、自分たちにとってより最適な選択ができると良いですね♪





こんにちは、パシオンの小池です。

これからご新築を考えている方の中には、掃き出し窓前にタイルデッキの設置を検討されている方もいるかと思います。


タイルデッキのメリットとして・・・↓↓

・掃除が簡単(デッキブラシでゴシゴシ!)

・高級感がある

・丈夫!(やり替えの必要がない)

・火が使える(BBQや七輪なんかも出来ちゃう♪)


・・・などがあり、最近は人工木デッキではなく、タイルデッキを設置される方も増えているように感じます。


ただ、そんなタイルデッキにも幾つか弱点が。

その一つが“掃き出し窓とタイルデッキの間に、段差ができてしまう”という問題です。



段差できます

ウッドデッキの場合は、窓枠の下ラインまで高さを持ってくることができますが(←加工すれば窓枠と同じ高さにすることも可能)、タイルデッキの場合、設置できる最大の高さは“水切り下”になるので、窓から降りるときに少し段差ができてしまいます。

ちなみに・・・タイルデッキを建物から離して施工する独立仕様にすれば、高さを出すことはできますが、その分建物との間にすき間が発生してしまいます。



タイルデッキ仕様
ウッドデッキ仕様

とは言え、何十センチも段差ができるわけではないので、あまり気にならないという方も多いようですが、中には「洗濯を毎日干しに出るのに、段差があると大変」、「掃き出し窓の位置が高いから、デッキとの段差がすごく大きくなってしまう」という方もいらっしゃると思います。


「段差はな無くしたい・・・。」

「でもやっぱりタイルデッキは諦めきれない・・・。」


実は、そんな悩みを解決するための裏技があるのです!!!

↓↓↓↓↓


無題

上の写真は、先日パシオンで新築外構をさせていただいたお宅の施工写真です。

タイルデッキと掃き出し窓部分をよ〜く見てみると・・・


スラブサポーター

そうです!

リビング床面の高さと、タイルデッキの高さがほぼ一緒になっているんです!!

厳密に言うと、シャッターの落とし込み分だけ少しすき間をあけてはいますが、窓枠とのすき間もかなり少なくなっています。


何故、このような施工が出来たかと言うと、下のようなお助けアイテムを使用したからです↓↓


NiwaNaviImage

オンリーワンさんが取り扱っている、“床下管理をしながら、テラスと室内をつなぐ。”がコンセプトのタイルテラス用グレーチング。

このグレーチングを使用することで、独立タイルテラスを設置する際に発生してしまうすき間を無くしてしまおう!というアイテムです。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

オンリーワンさんのタイルテラス用グレーチングには、グレーチング本体の取り外しができる“スラブコネクター”と、受け金具と一体型になった“スラブサポータープラス”という2種類があります。

今回パシオンで使用したのは、一体型のスラブサポータープラスの方です。


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

一見、窓枠とタイルがピッタリくっついているように見えますが、実は下地のブロックは建物から離れているので、床下換気もしっかり行うことができる仕組みになっています。

床下換気は、建物本体を長持ちさせる為に大切なことなので、この機能はとってもありがたいですね!




とても魅力的なリビングフラットなタイルデッキ。

一方で、タイルデッキに限ったことではないですが、デッキを高くすればするほど、地面との高低差は大きくなり、階段が余分に必要になったり、手摺が欲しくなったりすることも考えられます。

また、この手の記事を書くときのお約束ですが・・・設置費用が高くなります(笑)

グレーチング代もさることながら、独立施工にすること自体も費用がかかるのです(;^_^A


デザイン、使い勝手、費用・・・自分達がタイルデッキに何を求めるのかをよく検討して、必要があれば是非このフラットデッキを取り入れてみて下さいね♪





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
リビングとフラットなタイルデッキ、埋め込み水栓・・・アイディア満載の平屋和モダン外構/浜松市北区Y様邸
NiwaNaviImage
3つのデッキ材を比較!-丈夫で長持ち、お掃除も簡単♪デメリットはあるの?タイルデッキ編-
NiwaNaviImage
駐輪スペース何で作る?設置パターンとメリット&デメリットをご紹介。

昨日は浜松・磐田共に北風が吹き荒れる一日でしたね〜。

あまりの寒さに耐えきれず、家に帰ってから急いで冬物の服をひっぱりだしたパシオンの小池です。(←もう少し早めに準備をしておきましょう)


本格的な冬が始まるこれからの季節に心配なのが・・・風邪やインフルエンザなどの流行り病ですねっっ

小さい子供がいる小池家でも、そろそろ不要な外出は控えなきゃね〜なんて話もしています。

そんな中で、便利なのがネットショッピングや通販ですよね!

普段からネットショッピングを良く利用している我が家ですが、冬のシーズン中は、いつも以上に宅配便のお世話になりそうです。


宅配ボックス

そんな便利なネットショッピングですが、受け取るタイミングが中々の悩みの種だったりします。

小池家でのあるあるは、こんなパターンです。


・平日は仕事や子供の用事で不在のため、受け取りができない。

・夜間配達の指定にしても、ご飯の支度や子供のお風呂などで手が離せないことが・・・。

・休日指定にすると、宅配便が届くまで家にいなければならず、他の用事ができない。


宅配員さんのためにも、できるだけ再配達は少なくしようと心がけてはいるんですが、どうしてもタイミングが合わないことがあったりもしますよね。

また、受け取り時間を気にして他の家事や育児を進めなきゃいけないのも、実は結構大変だったりもします。

(やっとの思いで子供を寝かしつけたタイミングでインターホンがなった時は、毎回心の中で“何故このタイミングーーー!?”と叫んでしまいます。・・・・もちろん宅配員さんは、これっぽっちも悪くはないんですが。)

そんな私のような、迷える子羊の悩みを解消してくれるのが「宅配ボックス」です!!





あると便利!いつでも荷物を受け取れる宅配BOX

いつでも宅配便の受け取りが可能な宅配BOX。

不在時はもちろん、在宅時の手が離せない時にも大活躍してくれます!

配達時間を気にせず外出ができて、何より宅配員さんに再配達の負担を減らしてもらえるのが嬉しいですよね♪


数年前は、数種類が一部メーカーから発売されていただけでしたが、現在は年々高まる需要にあわせ、多くのメーカーから様々なタイプの宅配ボックスが発売されています。



↓バリエーション豊富な宅配ポスト↓

宅配ボックスイメージ

宅配ボックスの種類や性能は様々。

設置方法で言うと、機能門柱一体型タイプ・門柱埋め込みタイプ・据え置きタイプ・・・etc。

受け取り方法は、デジタル式からプッシュボタン式・ダイヤル式・施錠式など。

サイズも、大容量のものから、コンパクト・スリムタイプなど、各メーカーごとに沢山のバリエーションがあります。

用途や好みに合わせて選べるうえに、需要が増えたことで、以前に比べ価格帯も手ごろな商品も多くなってきている気もします。




宅配BOXのメリット・デメリットは?

あると便利で、これから新築を考える方には是非おすすめしたい宅配ボックスですが、一方でこんなデメリットもあります。

宅配ボックスのデメリット

\瀉嵌駘僂余分にかかる

見た目の圧迫感がある

受け取れないものもある

ぃ韻弔硫拱しか受け取れない




まず一つ目は、宅配ボックスはサイズが大きく、セキュリティーなどの関係で作りも少し複雑になるため、本体価格が高額になりがちです。


次に2つ目は、荷物を受けとるという役割上、ボックス形状が大きく設計されているので、どうしても存在感が出てしまうという点です。

ただ、この点については選ぶ商品や設置方法で解決できる部分もあります。


3つ目は、全ての荷物を受け取れるわけではないという点です。

当たり前ですが、宅配ボックスよりも大きな商品の受け取りは出来ないですし、商品によっては、発送側が宅配ボックスには入れないよう指定をする場合もあるそうです。


4つ目は意外に盲点だったりするのですが、宅配ボックスは基本的には1つの荷物しか受け取れないという点です。


最近では、Amazonで不在時も指定した場所に荷物を届けてくれる「置き配指定」サービスを行うなど、宅配に関する独自サービスを行う業者なども増えてきているので、必ずしも不在受け取りに宅配ボックスが必要ということもなくなってきているのも現状です。




ここまで書くと、「じゃあ、宅配ボックスはいらないんじゃないの?」と思われるかもしてませんが、そんなこともありません!

宅配ボックスならではのメリット・・・というかデメリットの解決策も沢山あります!

宅配ボックスのメリット

_燭噺世辰討皸多粥

▲櫂好函μ臙譴覆匹醗貘硫修如見た目もスッキリ

8紊ら宅配ポストのみの設置も可能

ぜけ取りだけでなく、発送が可能な宅配ボックスも




宅配ボックスの良さは、何と言っても1つ目のセキュリティー機能です!

上記で述べた「置き配指定サービス」は便利ではありますが、やはり盗難や雨などによる商品破損の心配が・・・特に建物が通りに面していたり、荷物を隠す場所がない場合にはより心配ですよね。

宅配ボックスなら、外部から商品が見えることもないですし、施錠もしっかりできる仕様になっているので安心して荷物を受け取れます。

(・・・ちなみに、お隣が実家で、宅配物をあまり見られたくない奥様方にも、宅配ボックスは人気だとか、どうとか...。)


2つ目!宅配ボックスのデメリットである大きさも、ポストや表札などと一体化することで、玄関周りもスッキリとしたデザインを保つことができます。


とは言え、本当に宅配ポストが必要か迷っている・・・そんな場合は3つ目のメリットがあります。

宅配ボックスは専用ポールなどを利用して、後から単体での設置も可能なので、しばらく生活してみて必要になったタイミングで追加工事するのもいい方法かもしれません(^-^)

ただ既にポストや表札がある場合は、一体化することはできないので少し注意しましょう。


4つ目のメリットは、商品によっては荷物の発送も可能という点です。

対応ボックスは多くはありませんが、日常的に発送作業を行う方には便利な機能ですね。






宅配ボックス(笑顔)

宅配ボックスには、それぞれメリット・デメリットがあります。

また、商品によって受け取り可能サイズや施錠方法もそれぞれなので、普段どんな用途で宅配便を使用しているかをよく考えて、設置するかどうかや宅配ボックスの種類を検討するといいですね(^-^)

ブログの方でも、おすすめの宅配ボックスを少しずつ紹介していく予定なので、是非チェックしてみて下さい!


また、パシオン店舗には各メーカーの宅配ボックスの仕様を分かりやすく一覧で比較した、「宅配ボックスセレクトカタログ」も置いているので、興味のある方はお気軽にお立ちよりください。

長文にも関わらずご拝読いただき、ありがとうございました!




↓おススメの関連記事をCHECK↓

NiwaNaviImage
新築外構打ち合わせの事前準備 -,泙困六参する資料を用意しよう!-
NiwaNaviImage
3つのデッキ材を比較!-実は安い?子供がいる家庭に人気の人工木ウッドデッキ編-
NiwaNaviImage
新築外構でちょっと気を付けたい【カーポート】のコト。

こんにちは、パシオン磐田店の小池です。
今回は、新築買外構打ち合わせ事前準備シリーズの最終回!予算を決めよう編です。

これまでの 銑の記事は下記リンク(緑の文字クリック)からジャンプできますので、まだ見ていない方はそちらからチェックしてみて下さい。



NiwaNaviImage
-,泙困六参する資料を用意しよう!-
NiwaNaviImage
-必要な項目をピックアップしてみよう-
NiwaNaviImage
-9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう-


【まず初めに・・・】


ある意味一番大切な項目ですね。ただ予算を決めるといっても、そもそも外構工事にいくらかかるのか、さっぱり見当が付かな方も多いはず。

それもそのはず。実は外構金額は、その道のプロであるプランナーでも実際に見積りを出してみないと分からないぐらいなんです。
何故なのかと言うと、一口で外構と言ってもその土地の大きさや状態によって、必要な工事が変わってきてしまうからです。例えば・・・

ゞ界ブロックが施工済みで平坦な分譲地
道路からの勾配が激しく、境界ブロック等が何も施工されていない土地

上記2つの場合だと、仮にお施主様の希望が同じだったとしても施工内容が大きく変わってきます。
,両豺腓蓮単純に駐車場やアプローチ門柱作成工事だけで済む場合でも、△療效呂両豺隋△修譴蕕鮑遒襪里砲泙困篭界のブロック積み・駐車場を平坦にする土留め工事・アプローチ前への階段作成・・・etc最低限住める状態にするだけでも+αで様々な工事が必要になってきます。

また、同じような条件の土地でも、駐車希望台数や使用する材料のグレード、フェンスの施工距離などにより金額もかなり変わってきます。
カーポートやウッドデッキ・テラスなどの有無によっては、金額が倍になんてことも。

外構は金額単価が住宅本体に比べると低いので、大きく差が出やすいんですね。←もちろん外構も高額な工事なのですが(;^_^A


予算を決めよう!

【じゃあどうすればいいの??】

エクステリアプランナーは基本的に、まずはお施主様からの希望を全て盛り込んだ内容でプランを作成。ただ、この初回プランがあまりにもご予算とかけ離れた現実感のないプランになっていては意味がないので、ある程度予算も加味しながらプランを作っていきます。

なのでお施主様には、まずはだいたいで良いので、目安となる予算を決めておいていただきたいのです。

実際の金額は、作成した初回プランをベースに、打ち合わせで施工範囲を狭めたり・項目を減らしたり(時には加えたり)、お施主様と相談しながら調整をしていくので、ご安心を!
とりあえず希望する内容の何にいくらぐらい掛かるかが分かれば、引き算していくのは簡単ですからね(^-^)

予算決めは“絶対に〇〇〇万円までに納めて欲しい”“上限は〇〇〇万だけど、出来ればこれくらいの金額で納めたい”“予算は〇〇〇万円だけど、カーポートは別途で見積りしたい”など、ご都合にあった内容で大丈夫ですよ。



【注意して欲しいこと】

外構予算は、住宅を建てる際に何となく予算取りをしている場合も多いと思います。

営業さんによって言われる予算金額は様々だと思いますが、ごく稀に「外構は50万円見ておけば十分ですよ」とだけ言われたというお施主様が来店されることがあります。どの程度のことまでを外構金額として見ているかは分かりませんが、一般的に予算が50万円程だと、住むのに最低限必要な外構が出来るかどうかぐらいの金額です。

あくまで参考ですが・・・
パシオンで新築外構をしていただく方の金額としては100万〜200万円あたりがボリュームゾーンになるかと思います。
ただし、カーポートやガレージなどの大型商品の設置を希望していたり、大規模な土留め工事が必要だったり、施工面積が広かったりすると、金額はもっとに上がる傾向にあります。

予算はいくら以上でなくてはいけないという事はありませんが、予算が極端に低い場合や、工事のボリュームに対し予算が少ない場合は少し注意が必要です。

少しでも不安がある方はハウスメーカーでも外構専門店でも良いので、予算割り当てや借入金額が変更可能なうちに一度外構見積りもを出してもらっておきましょう!




【準備万端!いざ打ち合わせへ!!】

この“新築外構土合わせ事前準備 銑ぁ匹鯑匹鵑任ださった貴方は、もう打ち合わせの準備バッチリですね!では早速、車に乗ってお店へGO〜・・・と行きたい所ですが、ここで最後のアドバイスを1つ。

エクステリアプランナーはお客様との打ち合わせや現地確認の為、外出中の場合が多々あります。また来店時お店にいたとしても、後にスケジュールが入ってしまっていると、折角の打ち合わせもバタバタしてしまいますね。
落ち着いた環境で打ち合わせをする為にも、お電話等での事前予約をおススメします。



事前準備をしっかりして、快適に過ごせる自慢のお庭をつくりしましょう!!


後悔しないお庭づくりを

長文にもかかわらず、最後までご覧頂きありがとうございました!



だんだん吹く風も涼しく感じて、秋もすぐそこだな〜・・・と思っていたら、また夏日に逆戻り。
体調管理も大変な今日この頃ですね。

さて、今回は新築外構打ち合わせ事前準備シリーズの第3弾!
“9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう”編です。

過去記事は下からチェックできますので、まだ読んでいない方はそちらからどうぞ↓↓




どんな資料が必要?
-,泙困六参する資料を用意しよう!-
必要な項目をピックアップしてみよう
-必要な項目をピックアップしてみよう-



好みのデザインを見つけよう

好みのデザインを見つけよう!

まずはデザインについてです。
すでに“こんな風にしたい”と言うイメージがある方は省いて大丈夫です。
ただもし、外構のイメージが全然つかない・・・という方は是非参考にしてみて下さい。





【1.まずは“外構テーマ”を決めよう】

まず初めにデザインの大枠である外構テーマを決めていきます。

・シンプル外構
・モダン外構
・シンプルモダン外構
・ナチュラル外構
・リゾート外構
・和モダン外構
・和風外構

大まかですが、一般的なスタイルを上にあげてみました。
建物の雰囲気や好みに合わせ、希望のテーマを決めていきます。
もちろんこの段階で、1つの項目に絞らなくても大丈夫ですし、希望テーマがもっと具体的にあればそれでOKです!
(アメリカンスタイル・ハワイアン・南欧風・北欧風・シャビーシック・・・etc)




【2.ネットで実例を見てみよう】

次に、実際の施工事例を見ていきましょう。
とは言っても、実際に現地でお庭を見るのは難しい部分もあるので、ここはネットを活用します。

1で選んだ希望テーマのワードをネットの検索ワードに入力。
そして検索結果の画像タブをクリックすると、沢山の施工例を一気に見ることができます。

いくつか施工例を見ていくとだんだん自分の好みが分かってくると思うので、気になる事例はブックマーク機能スクリーンショットを使って残しておくのがお勧めです。
色々見ていると、どこにお気に入り画像があるか分からなくなるので・・・(;^_^A




【3.もう少し深堀してみよう】

最後は、もう少し具体的に気になるデザインを見ていきましょう。

例えば・・・
1でシンプル外構希望、2の施工事例で塗り壁の門柱が気になったら“塗り壁門柱 シンプル”などのワードで画像検索します。
柔らかい雰囲気のアプローチが気になる場合は“アプローチ 曲線”などでしょうか?

ワンポイントアドバイス
“門柱・アプローチ”などのワードを単体で検索すると全ジャンルの施工事例が出てきてしまい、好みの画像が探しにくくなります。
前後に“シンプル・曲線”などのワードを合わせて入力して、本当に見たい施工例が出てくるように工夫しましょう!



【番外編/色々見ても何が良いか分からなかった場合】

もし、それでもやっぱりイメージが沸かないという方も中にはいるかもしれません。
そんな場合はプランナーがお任せプランでお家に合ったデザインを作成することもできるので大丈夫ですよ♪




1〜3の作業を通して、自分の好みの外構が何となくイメージ出来てきたでしょうか?
2.3で保存しておいた画像は、実際プランナーとデザインについて打ち合わせをする際にも役に立つので、是非保存しておいて下さいね!
プランナーも口で説明して頂くより、実は実際の写真などを見せてもらった方がイメージを掴みやすかったりします。
百聞は一見に如かずですね(^-^)


また、パシオンホームページにも沢山の施工例を掲載しているので、お時間のある方はそちらもチェックしてみて下さい↓↓


NiwaNaviImage
【パシオン施工事例】
施工例100件以上掲載。
自社施工の施工事例から、好みのデザインを見つけよう!


※上の文字をクリックで、別ページへジャンプします。


本当は、今回でシリーズ最終回にする予定だったんですが・・・
長くなってしまったので“.予算を決めよう”はまた次回の記事に回します。

今度こそ本当に最終回です、お楽しみに!!



こんにちは。
先日、子供と公園に行ったらちょっと前まではやかましいくらいだったセミの鳴き声が一切聞こえなくて、夏が終わっちゃったんだな〜・・・と、ちょっとセンチメンタルな気分になったパシオンの小池です。


必要な項目をピックアップしてみよう

さてさて、そろそろ本題に入っていきましょう!

初めて外構の相談をされる方が、どんな事前準備をすればいいかを載せている事前準備シリーズ。(勝手にシリーズ化してみました)

今回は、自分たちの要望を伝える為に、何を確認しておけば良いかを書いていきたいと思います。

前回のUPした【記事新築外構打ち合わせの事前準備 -まずは持参する資料を用意しよう!-】の続きになります。文字クリックで前回記事にジャンプできるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。





必要な項目をピックアップしてみよう!

必要な書類を準備したら、次は図面をみながら自分たちの希望を確認!
とは言え、“何から考えていけばいいか分からない・・・”という方も多いはず。
そんな方は、まずデザインなどは切り離して“項目”として何が必要&欲しいかを考えていきましょう。

以下の順番でチェックをしてみて下さい。



【1.最低限必要なモノ】

まずは、絶対に必要な項目は何か確認しましょう。

・境界ブロックとフェンス
⇒既存でない場合、境界ブロックは必要か。また上にフェンスを立てるか。

・駐車スペース
⇒車をとめるスペースは何台分必要か。(例/常時2台+来客時1台=計3台)

・門柱設置の有無
⇒ポスト・表札・インターホンをどこに設置するか。(建物本体or門柱)

・新設階段・スロープ
⇒道路と建物に高低差がある場合、外構で階段やスロープが必要か。
 (ただし、本当に階段等が必要かどうかの判断は難しいと思うので、高低差がある場合はその旨をプランナーに伝えて下さい)





【2.新築外構に入れたいモノ】

次に、今回予定している新築外構に入れたい項目をあげてみましょう。

・舗装ヶ所
⇒アプローチ・駐車スペースなどで砂利以外の舗装をしたい場所

・エクステリア商品
⇒ウッドデッキ・テラス・物置・目隠しフェンスなど

・駐車スペース関連商品
⇒ガレージ・バイク保管庫・サイクルポートなど

・植栽関係
⇒芝生・シンボルツリー・菜園スペースなど




【3.サイズや用途を考えよう】

次は、´△脳紊欧森猝椶離汽ぅ困簍囘咾砲弔い胴佑┐討澆泙靴腓Α
ここでは“どんな用途で・どんな風に使いたいか”を明確にしていきます。


いくつか例を挙げると・・・

 ・アプローチ  ⇒子供でも歩きやすいようにしたい
 ・駐車場    ⇒常に駐車をする2台分は土間コンクリートで舗装したい
 ・テラス     ⇒掃き出し窓よりは大きくしたい
 ・カーポート  ⇒2台分+バイクをとめたい
 ・目隠しフェンス⇒最低限リビングの掃出し窓前は隠したい etc...

何となくこれぐらいの大きさで・・・と考えるよりも、実際どんな用途で使用したいかをイメージすると、必要なサイズや商品が具体的になりやすくなりますね。
もちろん具体的な大きさはや商品選びはプランナーが責任をもって考えるのでご心配なく!




【4.将来的に必要or欲しいものを考えておこう】

最後は、今回の工事では施工しないけれど、将来的に施工をしたい項目を考えてみましょう。


こちらもいくつか例を挙げてみましょう。

・サイクルポート
・カーポート
・物置
・スロープ
・目隠しフェンス
・駐車スペース(将来子供が車に乗るようになったとき)


現状は必要なくても、将来的には必要になる。
実際に住んでみてから、追加で工事をしたい。
今は予算がないけれど、お金がたまったら施工したい。

色々なパターンがあると思いますが、出来るだけ将来プランもプランナーに伝えておきましょう。
事前に必要項目を設計に盛り込むことで、その分のスペースを確保したり、施工予定部分は未舗装にすることで余分な費用を抑えることが出来るかもしれません。





如何でしたでしょうか?

上記で上げた項目は、お客様からご要望が多い内容を一例として記載してみました。
土地の状況やライフスタイルによって、他にも必要&欲しいものがある場合もあると思いますので、是非ご家族で話し合ってみて下さいね(^-^)/


また、下のページも外構を考える際にとっても参考になると思いますので、是非合わせてチェックしてみて下さい。

↓↓↓



NiwaNaviImage
【外構アイディア集】
外構の各項目について、写真付きで詳しく説明をしているページです。

※上の文字をクリックで、別ページへジャンプします。


次回、9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう!も近々UP予定ですので、またチェックしてみて下さいね。



こんにちは、パシオン磐田店の小池です。

今週末はパシオン浜松本店の外構相談会です。
見積りを取るだけで1,000円分の商品券をもらえちゃうお得なイベントですので、この機会を是非お見逃しなく!

さて、今回は外構のご相談ポイントについてご紹介していきたいと思います。


どんな資料が必要?

パシオンにご来店られるお客様は、ご新築外構をご検討中の方が沢山いらっしゃいます。
そこで、初めて外構の相談に行くとき、事前にどんな準備をしておいたら打ち合わせがスムーズに進むかを、何項目かに分けてUPしていきたいと思います。

まず今回は、打ち合わせの際にどんな資料を用意しておけば良いかをお話していきます(^^)





,泙困六参する資料を用意しよう!

新築外構の場合、まだ現場が更地だったり、建物が完成していない状態がほとんどだと思います。
打合せ・プラン作成はお客様に持参させていただいた図面をメインに進めていく形になりますので、必要な図面のご持参をお願いします。


【必ず欲しい図面】
・敷地の平面図
 →土地の寸法建物の位置設計GL(道路に対する建物の高さ)が分かるもの

【あると良い図面】
・建物の平面図(特に1階平面図)
・建物の立面図
・外観パース図(色味がわかるもの)

【プラス+α】
・外構資料(ハウスメーカーから出ているものなど)
・好みのデザイン資料


まず、【必ず欲しい図面】の敷地の平面図は外構プランを作成する上で最低限必要な資料になりますので、必ずご持参下さい。

【あると良い図面】は、これらがあると窓の位置や建物の雰囲気などを反映した、より良質な外構プランの作成が出来るようになります。是非ご準備頂きたい図面です。

最後の【プラス+α】は、ハウスメーカーから出ている外構価格が適正か知りたい方や、大まかな内容は同じプランで図面を作成したい方はご持参下さい。
また、外構デザインで“こんな雰囲気にしたい”などのご希望がある方は、デザイン資料をお持ち下さい。スマホでブックマークした画像などでも大丈夫ですよ!




ハウスメーカーさんや工務店さんとの進捗状によっては、建築プランが変更になる場合があると思います。
外構は建物形状やGL・建物位置によってデザインやプランニングが大幅に変わってくることがありますので、必ず最新図面をご持参いただきますようお願いします。
また、建築プラン変更の可能性がある場合や、打ち合わせ中に変更になった場合は必ずプランナーまでお伝え下さい(^^)



次回の必要な項目をピックアップしてみようでは、外構の希望を伝えるポイントをお話していきますので、お楽しみに〜!


夏季休暇も昨日で終わり、今日からはいよいよ日常生活が戻ってきますね。
お休み中は台風が心配でしたが、浜松・磐田はほとんど台風の影響がなく幸いでした。


さてさて今回は、前回の記事新築外構で、まずは気を付けたい【高低差】のコト。からの流れをくんで、カーポートのことについて書いていきたいと思います。



カーポート

カーポートは、絶対に必要という訳ではありませんが、あるととっても便利なアイテムです。
雨の日でも落ち着いて車の乗り降りが出来ますし、屋根を熱戦遮断の素材にすれば、紫外線ダメージによる車の色褪せや夏場の車内温度の上昇も防いでくれます。

またカーポートは意外に車好きの旦那様のリクエストの場合が多かったりするのも特徴でしょうか(^-^)?


これからご新築をされる方の中にも、駐車場にはカーポートをと考えている方もいらっしゃると思います。
そこで、もしカーポートを設置する予定があれば、お家の間取りについて少しだけ気を付けて欲しい点があります。


まず1つ目は建物の位置です。

お家の打ち合わせ時に、駐車に必要なスペースは確保されているとは思います。
ただ、車のサイズぎりぎりで設計してしまうと、希望より小さいサイズのカーポートになってしまったり、カーポートの柱にスペースがとられて使いづらいお庭になってしまうかもしれません。


2つ目は建物の屋根やベランダです。

建物が完成して、いざカーポートを設置しようとしたら、建物の屋根があって予定通りに設置が出来ないっっ・・・何てことになったら悲しいですよね。
建物の立面図や2階間取り図などから、どこまで屋根やベランダが来るのかを確認して、カーポート設置に支障がないかチャックしてみましょう!



そして3つ目は窓の位置です。

以外に見落としがちなのが、この窓なんです!
窓の位置によってはカーポートの柱や屋根がガッツリ窓にかかってしまうなんてコトも・・・。
特に外開き窓の場合は、窓の前に柱や屋根がくると、窓を開けられなくなってしまう恐れもあるので注意しましょう!



カーポート設置を検討している方は、是非上記のことについてちょっとチェックしてみて下さい。
万が一、問題点が見つかったらハウスメーカーさんや工務店さんに相談して、解決策はないか聞いてみるといいですね(^-^)



油絵風


また、すでに建物が完成してしまった方や、敷地の広さや契約の関係で間取り変更ができない方も諦めないで下さい!

カーポートは種類やサイズが豊富で、ある程度の加工も可能です。
片側支柱のカーポートにしたり、屋根をハイルーフ仕様にしたりして様々な状況にも対応ができます。
特にパシオン部材加工が得意な会社ですので、お困りのことがあれば是非一度ご相談下さい。


とはいえ、特殊なカーポートなどは価格も高くなりがちです。
最初からプランに盛り込んであれば良いのですが、想定外の出費になってしまうと辛いですよね(;^_^A

予算が足りなくてカーポートを諦めざるえい・・・何てことにならないように、建物を含めた外構計画をしっかり立てていきましょう!



明日からいよいよ、夏休み到来ですね!!
(お盆期間中もお仕事の方、すみません。)

海にプールにBBQ・・・
遠方への旅行や実家への帰省・・・
夏は楽しいイベントが盛りだくさんですね!

とはいえ長い夏季休暇中、ご予定のない日も出てくるかと思います。
落ち着いて時間が取れる長期休暇中だからこそ、少し時間をとって外構の事について検討してみてはいかがでしょうか?



IMG_1964

新築外構で、まずは気を付けたい【高低差】のコト。

お家の間取りや仕様も決まって、次はやっと外構の検討。
どんなデザインにしようか・・・ウキウキしながら、ネットや雑誌でお気に入りのデザインするのは楽しいですよね♪

ただ、その前に少しだけ確認して下さい!


そのお家の設計、ちゃんと外構のことを考えられていますか?




例えばこんなケースが考えられます。

元々外構は、ハウスメーカーではなく外構専門店に依頼しようと考えていたAさん。
土地があまり広くないこともあり、建物の打ち合わせの際には、車2台分の駐車スペースが欲しいと事前に伝え、最低限設計に反映してもらうようにしました。
作ってもらったお家の設計図では、希望通り2台分の車を止めるスペースが確保されていたので、安心して話を進めていきます。

さて、そろそろ外構の話も進めようと、外構専門店に見積り依頼して、具体的な図面を制作してもらいます。
すると出来上がった図面を見てビックリ( ゚Д゚)
駐車スペースが1台分しか確保できていないではないですか!!

何故でしょうか?外構プランナーが間違えたのでしょうか??


・・・・実はこのA様邸、土地に高低差があったのです。


高低差があるため、外構工事で土留めと階段が最低限必要となり、2台分の駐車スペースを確保することが出来なくなってしまいました。

ハウスメーカーが作成した図面では、この高低差のことまで考えられていなかったのです。



IMG_1964

ハウスメーカーさんや工務店さんは建物のエキスパート。
お家自体ついては、きっとお施主様の希望をくんだ設計をきちんとしてくれていると思います。

ただ残念ながら、中には外構の事まで計算されていない建物配置や設計になっている場合もあるのです。


とくに注意が必要なのが土地の【高低差】です。

土地の高低差は慣れていないと中々読み解くことも難しく、一見平坦に見える土地でも建物のレベル設定によっては想像以上に高低差が発生することもあります。


Aさんの例は少し極端かもしれませんが、建物配置の読みが甘かった為、車が道路にはみ出していたり、駐車場がものすごく急勾配になっている家も実際よく見かけます。
また土地に余裕がある場合、設計上は問題なくても土留めなどを作成するのに、想定外の費用が発生することも考えられます。




タイトルなし

では、どうすればそのようなリスクを回避できるのでしょうか?
・・・それは余裕を持って外構計画を進めることです。

余裕を持って外構計画を立てておけば、場合によっては建物の配置をより最適な位置に移動できる場合もあるかもしれませんし、必要な費用も把握することが出来ます。

ただ、あまり早すぎる段階では、外構のご提案も十分に出来ないので
 ・お家の間取りと配置
 ・建物の設計GL
がだいだい決まったころを目安にご相談されるのが良いかと思います。


Aさんの様にならない為にも、土地に高低差がある方や建物配置に不安のある方は、余裕を持って外構計画を行って、後悔しないお家&お庭づくりをしましょう!


≪前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.