このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ

こんにちは、パシオン磐田店の小池です。
今回は、新築買外構打ち合わせ事前準備シリーズの最終回!予算を決めよう編です。

これまでの 銑の記事は下記リンク(緑の文字クリック)からジャンプできますので、まだ見ていない方はそちらからチェックしてみて下さい。



NiwaNaviImage
-,泙困六参する資料を用意しよう!-
NiwaNaviImage
-必要な項目をピックアップしてみよう-
NiwaNaviImage
-9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう-


【まず初めに・・・】


ある意味一番大切な項目ですね。ただ予算を決めるといっても、そもそも外構工事にいくらかかるのか、さっぱり見当が付かな方も多いはず。

それもそのはず。実は外構金額は、その道のプロであるプランナーでも実際に見積りを出してみないと分からないぐらいなんです。
何故なのかと言うと、一口で外構と言ってもその土地の大きさや状態によって、必要な工事が変わってきてしまうからです。例えば・・・

ゞ界ブロックが施工済みで平坦な分譲地
道路からの勾配が激しく、境界ブロック等が何も施工されていない土地

上記2つの場合だと、仮にお施主様の希望が同じだったとしても施工内容が大きく変わってきます。
,両豺腓蓮単純に駐車場やアプローチ門柱作成工事だけで済む場合でも、△療效呂両豺隋△修譴蕕鮑遒襪里砲泙困篭界のブロック積み・駐車場を平坦にする土留め工事・アプローチ前への階段作成・・・etc最低限住める状態にするだけでも+αで様々な工事が必要になってきます。

また、同じような条件の土地でも、駐車希望台数や使用する材料のグレード、フェンスの施工距離などにより金額もかなり変わってきます。
カーポートやウッドデッキ・テラスなどの有無によっては、金額が倍になんてことも。

外構は金額単価が住宅本体に比べると低いので、大きく差が出やすいんですね。←もちろん外構も高額な工事なのですが(;^_^A


予算を決めよう!

【じゃあどうすればいいの??】

エクステリアプランナーは基本的に、まずはお施主様からの希望を全て盛り込んだ内容でプランを作成。ただ、この初回プランがあまりにもご予算とかけ離れた現実感のないプランになっていては意味がないので、ある程度予算も加味しながらプランを作っていきます。

なのでお施主様には、まずはだいたいで良いので、目安となる予算を決めておいていただきたいのです。

実際の金額は、作成した初回プランをベースに、打ち合わせで施工範囲を狭めたり・項目を減らしたり(時には加えたり)、お施主様と相談しながら調整をしていくので、ご安心を!
とりあえず希望する内容の何にいくらぐらい掛かるかが分かれば、引き算していくのは簡単ですからね(^-^)

予算決めは“絶対に〇〇〇万円までに納めて欲しい”“上限は〇〇〇万だけど、出来ればこれくらいの金額で納めたい”“予算は〇〇〇万円だけど、カーポートは別途で見積りしたい”など、ご都合にあった内容で大丈夫ですよ。



【注意して欲しいこと】

外構予算は、住宅を建てる際に何となく予算取りをしている場合も多いと思います。

営業さんによって言われる予算金額は様々だと思いますが、ごく稀に「外構は50万円見ておけば十分ですよ」とだけ言われたというお施主様が来店されることがあります。どの程度のことまでを外構金額として見ているかは分かりませんが、一般的に予算が50万円程だと、住むのに最低限必要な外構が出来るかどうかぐらいの金額です。

あくまで参考ですが・・・
パシオンで新築外構をしていただく方の金額としては100万〜200万円あたりがボリュームゾーンになるかと思います。
ただし、カーポートやガレージなどの大型商品の設置を希望していたり、大規模な土留め工事が必要だったり、施工面積が広かったりすると、金額はもっとに上がる傾向にあります。

予算はいくら以上でなくてはいけないという事はありませんが、予算が極端に低い場合や、工事のボリュームに対し予算が少ない場合は少し注意が必要です。

少しでも不安がある方はハウスメーカーでも外構専門店でも良いので、予算割り当てや借入金額が変更可能なうちに一度外構見積りもを出してもらっておきましょう!




【準備万端!いざ打ち合わせへ!!】

この“新築外構土合わせ事前準備 銑ぁ匹鯑匹鵑任ださった貴方は、もう打ち合わせの準備バッチリですね!では早速、車に乗ってお店へGO〜・・・と行きたい所ですが、ここで最後のアドバイスを1つ。

エクステリアプランナーはお客様との打ち合わせや現地確認の為、外出中の場合が多々あります。また来店時お店にいたとしても、後にスケジュールが入ってしまっていると、折角の打ち合わせもバタバタしてしまいますね。
落ち着いた環境で打ち合わせをする為にも、お電話等での事前予約をおススメします。



事前準備をしっかりして、快適に過ごせる自慢のお庭をつくりしましょう!!


後悔しないお庭づくりを

長文にもかかわらず、最後までご覧頂きありがとうございました!



数年前に、掃き出し窓前の目隠し工事をさせて頂いたS様邸。今回は台風被害による補修・やり替え工事のご依頼でした。
また台風被害の他にも、道路際に植えてあった植栽も撤去して、見栄えを良くしたいとのご要望も頂いたので、そちらのプランもご提案。
やり替え工事と合わせて施工させて頂きました。


ビフォアー

施工前の様子。高木や低木が無造作に成長し、管理も大変だった様子。



アフター

施工後の様子。
既存の植栽は撤去し、お施主様の希望で花壇も新設させて頂きました。
施工距離が長く、花壇だけだと少し寂しい印象になりそうだったので花壇の一部を塗り壁仕様でデザイン。
花壇に植えた植栽も塗り壁前に植えることで、裏の雑木に埋もれず白い背景に鮮やかに映えますね!


アフター

新設した花壇は“ユニソン:ミルドブリック”を積み上げて作成。
ミルドブリックはレンガ風のコンクリート製品なので、本物のレンガに比べリーズナブルな価格で施工が出来ます。

また、花壇の先端部分には木調照明の“タカショー:エバーアートポールライト2型”も設置。
S様邸の周辺は夜はかなり暗くなるそうなので、夜間の帰宅時も駐車場を明るく照らしてくれるの照明はとても重宝しそうですね!


ビフォアー

施工前の様子。
ブロック上に設置されていたフェンスは、台風の影響で大部分が外れてしまっていました。
カーポート屋根も一部パネルがない状態に。


アフター

施工後の様子。
既存のブロックはそのまま再利用し、フェンスのみを新しくやり替えさせて頂きました。
フェンスは元々使用していたものに雰囲気が近い“三協:エクモアX8型”のH800を使用。

ブロック前の元々植栽スペースだった部分は、そのままだと雑草の手入れが大変なので土間コンクリートで舗装。
カーポートの屋根材が外れてしまっていた部分は、屋根材を貼り替えて対応しています。


S様、前回に引き続き今回も工事のご依頼、誠にありがとうございました。
また何かお困りのことがございましたら、お気軽にお声かけ下さい(^^)



今日は、先日パシオン施工事例にアップした新築外構の現場で使用している“名古屋モザイク:テーラーメイド”タイルのご紹介です。


TOP

高級感のある石張りでアプローチを作りたい・・・そう希望される方も多いのではないでしょうか?

ただ天然石は価格が高めなので、道路から玄関までの距離が長い場合や広範囲に石張りを施工したい場合は予算オーバーになってします場合も。
また、石張りは表面に少し凹凸ができるので、アプローチは出来るだけフラットにしたいっという方も注意が必要です。

そんな場合におススメなのが石の模様を施した床タイル!
本物の石張りのような艶やかな雰囲気ながら、天然石に比べてリーズナブルなアプローチ材です。
今回の現場では“名古屋モザイク:テーラーメイド”を使用しましたが、他にも様々な種類の製品があります。


テーラーメイド
こちはら、メーカーカタログに記載されている施工写真より拝借。

施工例の方にも書きましたが、ホテルやマンションのパブリックスペースなどでも使用されていて、品の良い石模様が高く評価されているそうです。

左の施工写真もとってもカッコイイですね。
お洒落なホテルなどで実際に使用されているものと同じ素材で、自宅のアプローチが施工されているなんて、ちょっとした自慢になりますね!
テーラーメイド

テーラーメイドは全4色の中から、お庭の雰囲気や好みに合わせて使用色を選ぶことができます。
メーカーさんの施工写真とパシオンの施工事例は共に一番濃い右下のカラーを使用しています。


タイルアプローチ

同じ石模様を施したアプローチ材として、コンクリートで出来たインターロッキング材もありますが、質感としてはタイルの方が上だと思います。ただ、タイルは車の乗り入れには適していないので・・・

・見た目を重視する場合→タイル張り
・車が乗り入れる場合→コンクリート素材

と、目的と用途に合わせて使う素材を選ぶのがおすすめです。

パシオン各店舗には、様々な材質が載っている各メーカーさんのカタログが取り揃えてあります。他にどんな素材があるか気になる方は、是非お気軽に店舗にお立ちより下さい(^-^)/




テーラーメイドを使った施工例の詳細はこちらから↓↓

NiwaNaviImage
石模様の黒タイルを使用したアプローチがポイントの、シンプルな和モダン新築外構/浜松市浜北区M様邸

今日はデッキのやり替え工事の施工例を紹介させていただきます。
以前パシオンで他の箇所の工事も担当させていただいた、リピーターのお客様の現場です。


デッキ

元々木製のウッドデッキが設置されていただのですが、経年劣化による痛みの為、人工木デッキを新しく設置したいとのご希望でした。
やはり木製デッキから人工木デッキへのやり替え希望の方は多いですね(;^_^A

新しく設置したデッキ材には、人工木デッキの“LIXIL:樹ら楽ステージ”のクリエモカ色を使用。
サイズは1.5間×8尺になります。
やり替え前のデッキとほぼ同じぐらいのサイズ感なので、すぐに違和感なく使用できそうですね!



デッキ

元々設置されていたデッキと同じような仕様にしたいとのご要望だったので、デッキ上にはフラットラチスフェンスのH1000も施工。このラチスフェンスもデッキと同じ人工木で作られているので、痛みの心配もなく安心して使用できます(^-^)

出入口のステップには、箱型ステップを採用しました。

S様、この度もご依頼誠にありがとうございました!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
リピーター様の追加・人工木ウッドデッキ工事/浜松市中区N様邸
こんにちは!
今回は、先日工事をさせて頂いた浜松市南区の目隠しフェンス工事の施工事例をご紹介します。



エコモックフェンス

目隠しフェンスに使用しているのは、“エコモックフェンス”と言う樹脂製のフェンスです。
このエコモックは人工木デッキ材を薄くしたような板を、フェンスとして使用して作るおしゃれな木調フェンス。樹脂に木粉をブレンドし、表面はサンディングという削り加工をすることで、より天然木に近い風合いを出しているそうです。

今回は高さが1m60cm、板と板の隙間は2cm間隔の板9枚貼りで施工。
エコモックフェンスは高さ・隙間の間隔・板の枚数をそれぞれ自由に選択できるので、各現場に合わせてベストな施工が可能なのもポイントです!




エコモックフェンス

別アングルからの様子。

カラーは他ではちょっと珍しいグレージュ色を採用しています。他にもグレーっぽい色味の目隠しフェンスもないことはないですが、個人的にこのグレージュ色が絶妙な気がします。
アルミはプラスチック製のように表面に光沢がなくマットな質感なので、より古木っぽい雰囲気になるんですね!


下はメーカーさんのカタログ写真より拝借↓↓

周囲とナチュラルに馴染み、緑との相性もとても良いフェンスなので、グリーンガーデンやシャビーな雰囲気が好きな方には特におススメです!



NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


実はこちらの現場、元々は他社様で施工された目隠しフェンスがあったのですが、昨年の台風の際に壊れてしまったとのことで、フェンスのやり替え工事でした。

やり替えるにあたり、強度のあるフェンスが良いとご要望だったので、最初は耐久性の高いアルミフェンスを柱1mピッチで施工するプランをご提案。(通常は2mピッチ)
ただ、そのプランだとご予算が合わなかったので、このエコモックフェンスで施工させて頂くことになりました。

アルミフェンスより強度は少し劣りますが、元のフェンスよりも柱も太く、フェンスの取り付け方法も板1枚1枚をビスでしっかり固定する方法なので、安心して使用できますね(^-^)





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
高さ1m80cmの縦格子フェンスと門扉で視線をカット!/浜松市北区O様邸

だんだん吹く風も涼しく感じて、秋もすぐそこだな〜・・・と思っていたら、また夏日に逆戻り。
体調管理も大変な今日この頃ですね。

さて、今回は新築外構打ち合わせ事前準備シリーズの第3弾!
“9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう”編です。

過去記事は下からチェックできますので、まだ読んでいない方はそちらからどうぞ↓↓




どんな資料が必要?
-,泙困六参する資料を用意しよう!-
必要な項目をピックアップしてみよう
-必要な項目をピックアップしてみよう-



好みのデザインを見つけよう

好みのデザインを見つけよう!

まずはデザインについてです。
すでに“こんな風にしたい”と言うイメージがある方は省いて大丈夫です。
ただもし、外構のイメージが全然つかない・・・という方は是非参考にしてみて下さい。





【1.まずは“外構テーマ”を決めよう】

まず初めにデザインの大枠である外構テーマを決めていきます。

・シンプル外構
・モダン外構
・シンプルモダン外構
・ナチュラル外構
・リゾート外構
・和モダン外構
・和風外構

大まかですが、一般的なスタイルを上にあげてみました。
建物の雰囲気や好みに合わせ、希望のテーマを決めていきます。
もちろんこの段階で、1つの項目に絞らなくても大丈夫ですし、希望テーマがもっと具体的にあればそれでOKです!
(アメリカンスタイル・ハワイアン・南欧風・北欧風・シャビーシック・・・etc)




【2.ネットで実例を見てみよう】

次に、実際の施工事例を見ていきましょう。
とは言っても、実際に現地でお庭を見るのは難しい部分もあるので、ここはネットを活用します。

1で選んだ希望テーマのワードをネットの検索ワードに入力。
そして検索結果の画像タブをクリックすると、沢山の施工例を一気に見ることができます。

いくつか施工例を見ていくとだんだん自分の好みが分かってくると思うので、気になる事例はブックマーク機能スクリーンショットを使って残しておくのがお勧めです。
色々見ていると、どこにお気に入り画像があるか分からなくなるので・・・(;^_^A




【3.もう少し深堀してみよう】

最後は、もう少し具体的に気になるデザインを見ていきましょう。

例えば・・・
1でシンプル外構希望、2の施工事例で塗り壁の門柱が気になったら“塗り壁門柱 シンプル”などのワードで画像検索します。
柔らかい雰囲気のアプローチが気になる場合は“アプローチ 曲線”などでしょうか?

ワンポイントアドバイス
“門柱・アプローチ”などのワードを単体で検索すると全ジャンルの施工事例が出てきてしまい、好みの画像が探しにくくなります。
前後に“シンプル・曲線”などのワードを合わせて入力して、本当に見たい施工例が出てくるように工夫しましょう!



【番外編/色々見ても何が良いか分からなかった場合】

もし、それでもやっぱりイメージが沸かないという方も中にはいるかもしれません。
そんな場合はプランナーがお任せプランでお家に合ったデザインを作成することもできるので大丈夫ですよ♪




1〜3の作業を通して、自分の好みの外構が何となくイメージ出来てきたでしょうか?
2.3で保存しておいた画像は、実際プランナーとデザインについて打ち合わせをする際にも役に立つので、是非保存しておいて下さいね!
プランナーも口で説明して頂くより、実は実際の写真などを見せてもらった方がイメージを掴みやすかったりします。
百聞は一見に如かずですね(^-^)


また、パシオンホームページにも沢山の施工例を掲載しているので、お時間のある方はそちらもチェックしてみて下さい↓↓


NiwaNaviImage
【パシオン施工事例】
施工例100件以上掲載。
自社施工の施工事例から、好みのデザインを見つけよう!


※上の文字をクリックで、別ページへジャンプします。


本当は、今回でシリーズ最終回にする予定だったんですが・・・
長くなってしまったので“.予算を決めよう”はまた次回の記事に回します。

今度こそ本当に最終回です、お楽しみに!!



半年ほど前に、パシオンで新築外構の工事をさせて頂いたO様邸。
今回は、お庭スペース前にフェンスと門扉の追加工事させていただきました。


フェンス1

O様邸は建物が道路に面しているので、道路からの視線が気になるとの事。
また、小さなお子さんがいらっしゃるので、駐車場や道路に飛び出さないようにしたいとのご希望でした。


お庭と駐車場を完全に区切ってしまうと使い勝手が悪いので、フェンスと門扉を併用するプランを採用。

掃き出し窓側には、目隠しには縦格子フェンス“三協:エルファード1型”のH1800・片面タイプを配置。細身の縦格子は、程よく視線をカットしつつ自然に光や景色を取り入れてくれます。

境界ブロック側には“三協:ニューカムフィ2型”の0810・片開きタイプをフェンスと並列で配置。お子さんの安全をしっかり守りながら、駐車場へも便利にアクセスできますね♪


フェンスと門扉は共にアースブラウン色を使用しています。
アルミカラーなので、同タイプの木調色よりリーズナブルなんですが、遠目で見ると木調色っぽくも見える隠れおススメカラーです。



フェンス2

逆サイドからの様子。
O様邸は建物から境界に向かい、少し傾斜しています。
その場合、フェンスの土台となる基礎ポスト(地面からちょっと出ている灰色のブロックみたいなやつのこと)の埋め込みで高さを微調整し、フェンスが水平になるように施工します。

ただ、その分どうしても足元部分に少しだけ隙間ができてしまうのが難点でしょうか(;^_^A
もしワンちゃんやネコちゃんなどがいるご家庭では、この基礎ポスト方式ではなく“ブロック+フェンス”での施工方法がおススメです。

O様、この度もありがとうございました。
人工芝敷きのプライベートスペースで、家族団らんを楽しんで下さいね!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
植栽を上手に活かした、四季を感じられる和モダン外構。/浜松市北区K様邸
NiwaNaviImage
木調フェンスで、憧れのプライベートガーデンに!/磐田市H様邸

こんにちは。
先日、子供と公園に行ったらちょっと前まではやかましいくらいだったセミの鳴き声が一切聞こえなくて、夏が終わっちゃったんだな〜・・・と、ちょっとセンチメンタルな気分になったパシオンの小池です。


必要な項目をピックアップしてみよう

さてさて、そろそろ本題に入っていきましょう!

初めて外構の相談をされる方が、どんな事前準備をすればいいかを載せている事前準備シリーズ。(勝手にシリーズ化してみました)

今回は、自分たちの要望を伝える為に、何を確認しておけば良いかを書いていきたいと思います。

前回のUPした【記事新築外構打ち合わせの事前準備 -まずは持参する資料を用意しよう!-】の続きになります。文字クリックで前回記事にジャンプできるので、興味のある方はチェックしてみて下さい。





必要な項目をピックアップしてみよう!

必要な書類を準備したら、次は図面をみながら自分たちの希望を確認!
とは言え、“何から考えていけばいいか分からない・・・”という方も多いはず。
そんな方は、まずデザインなどは切り離して“項目”として何が必要&欲しいかを考えていきましょう。

以下の順番でチェックをしてみて下さい。



【1.最低限必要なモノ】

まずは、絶対に必要な項目は何か確認しましょう。

・境界ブロックとフェンス
⇒既存でない場合、境界ブロックは必要か。また上にフェンスを立てるか。

・駐車スペース
⇒車をとめるスペースは何台分必要か。(例/常時2台+来客時1台=計3台)

・門柱設置の有無
⇒ポスト・表札・インターホンをどこに設置するか。(建物本体or門柱)

・新設階段・スロープ
⇒道路と建物に高低差がある場合、外構で階段やスロープが必要か。
 (ただし、本当に階段等が必要かどうかの判断は難しいと思うので、高低差がある場合はその旨をプランナーに伝えて下さい)





【2.新築外構に入れたいモノ】

次に、今回予定している新築外構に入れたい項目をあげてみましょう。

・舗装ヶ所
⇒アプローチ・駐車スペースなどで砂利以外の舗装をしたい場所

・エクステリア商品
⇒ウッドデッキ・テラス・物置・目隠しフェンスなど

・駐車スペース関連商品
⇒ガレージ・バイク保管庫・サイクルポートなど

・植栽関係
⇒芝生・シンボルツリー・菜園スペースなど




【3.サイズや用途を考えよう】

次は、´△脳紊欧森猝椶離汽ぅ困簍囘咾砲弔い胴佑┐討澆泙靴腓Α
ここでは“どんな用途で・どんな風に使いたいか”を明確にしていきます。


いくつか例を挙げると・・・

 ・アプローチ  ⇒子供でも歩きやすいようにしたい
 ・駐車場    ⇒常に駐車をする2台分は土間コンクリートで舗装したい
 ・テラス     ⇒掃き出し窓よりは大きくしたい
 ・カーポート  ⇒2台分+バイクをとめたい
 ・目隠しフェンス⇒最低限リビングの掃出し窓前は隠したい etc...

何となくこれぐらいの大きさで・・・と考えるよりも、実際どんな用途で使用したいかをイメージすると、必要なサイズや商品が具体的になりやすくなりますね。
もちろん具体的な大きさはや商品選びはプランナーが責任をもって考えるのでご心配なく!




【4.将来的に必要or欲しいものを考えておこう】

最後は、今回の工事では施工しないけれど、将来的に施工をしたい項目を考えてみましょう。


こちらもいくつか例を挙げてみましょう。

・サイクルポート
・カーポート
・物置
・スロープ
・目隠しフェンス
・駐車スペース(将来子供が車に乗るようになったとき)


現状は必要なくても、将来的には必要になる。
実際に住んでみてから、追加で工事をしたい。
今は予算がないけれど、お金がたまったら施工したい。

色々なパターンがあると思いますが、出来るだけ将来プランもプランナーに伝えておきましょう。
事前に必要項目を設計に盛り込むことで、その分のスペースを確保したり、施工予定部分は未舗装にすることで余分な費用を抑えることが出来るかもしれません。





如何でしたでしょうか?

上記で上げた項目は、お客様からご要望が多い内容を一例として記載してみました。
土地の状況やライフスタイルによって、他にも必要&欲しいものがある場合もあると思いますので、是非ご家族で話し合ってみて下さいね(^-^)/


また、下のページも外構を考える際にとっても参考になると思いますので、是非合わせてチェックしてみて下さい。

↓↓↓



NiwaNaviImage
【外構アイディア集】
外構の各項目について、写真付きで詳しく説明をしているページです。

※上の文字をクリックで、別ページへジャンプします。


次回、9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう!も近々UP予定ですので、またチェックしてみて下さいね。



こんにちは、今回は浜松市中区で工事をさせていただいたS様邸の紹介です。

S様邸は新築外構でお庭全体の施工をさせていただいたのですが・・・
設置したガレージがあまりにカッコよかったので、先だってご紹介させていただきます!!

(新築外構の全体施工例は、また後日UPしますのでcheck宜しくお願いします。)


それでは行きますよーーー



じゃじゃ〜〜〜〜〜!!!!!





写真 2019-08-29 13 24 37 / / / / /


今夏に新発売されたばかりの“ヨドコウ:ラヴィージュ掘匹離疋譽后Εプション仕様です!!

このガレージ、通常のラビージュと何が違うかと言うと・・・側面にブラックカラーのオーバーコートが付いているんです。
なんだか貫禄がありますね〜。
うん、カッコイイ!!


ちなみに、ノーマル状態のガレージ側面はこんな感じです。

    ↓↓↓


NiwaNaviImage


シャッターカラーに限らず、全部ホワイトグレー色なんですね。
ガレージはバイク保管庫に比べて面積が広い為、側面がよく目につく場所に設置する場合はちょっとデザインが気になる方もいるかもしれませんね(;^_^A

さて、次はS様邸ガレージの真横からの様子を見てみましょう。




写真 2019-08-29 13 24 59 / / / / /


S様邸は建物の外壁が黒色で統一されているので、ドレスオプションのメタルウッド/ブラックシルバーの外装が建物本体と、とても良く合っています。
こんなガレージがあったら、車・バイク好きな方は毎日の出勤も楽しみになりそうですね(笑)


下は、ヨド物置さんのカタログから拝借↓↓


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

このドレスオプションは、外装・内装・天井材のそれぞれ好きな面に取り付けることが出来きます。

S様邸の例だと、車庫の道路面と背面の2面分にアウターコートをプラスしています。
(建物側の側面と内装はオプションを付けていません。)


また、ドレスオプションは各面共通で7色から選べます。
建物やシャッターの色に合わせたりして、自分好みのオリジナルガレージに出来ちゃいます♪


詳しくはヨドコウのカタログに記載されているので、気になる方はお気軽にカタログを貰いにお立ちよりください。
カタログ・見積りはもちろん無料ですよ(^-^)/



こんにちは、パシオン磐田店の小池です。

今週末はパシオン浜松本店の外構相談会です。
見積りを取るだけで1,000円分の商品券をもらえちゃうお得なイベントですので、この機会を是非お見逃しなく!

さて、今回は外構のご相談ポイントについてご紹介していきたいと思います。


どんな資料が必要?

パシオンにご来店られるお客様は、ご新築外構をご検討中の方が沢山いらっしゃいます。
そこで、初めて外構の相談に行くとき、事前にどんな準備をしておいたら打ち合わせがスムーズに進むかを、何項目かに分けてUPしていきたいと思います。

まず今回は、打ち合わせの際にどんな資料を用意しておけば良いかをお話していきます(^^)





,泙困六参する資料を用意しよう!

新築外構の場合、まだ現場が更地だったり、建物が完成していない状態がほとんどだと思います。
打合せ・プラン作成はお客様に持参させていただいた図面をメインに進めていく形になりますので、必要な図面のご持参をお願いします。


【必ず欲しい図面】
・敷地の平面図
 →土地の寸法建物の位置設計GL(道路に対する建物の高さ)が分かるもの

【あると良い図面】
・建物の平面図(特に1階平面図)
・建物の立面図
・外観パース図(色味がわかるもの)

【プラス+α】
・外構資料(ハウスメーカーから出ているものなど)
・好みのデザイン資料


まず、【必ず欲しい図面】の敷地の平面図は外構プランを作成する上で最低限必要な資料になりますので、必ずご持参下さい。

【あると良い図面】は、これらがあると窓の位置や建物の雰囲気などを反映した、より良質な外構プランの作成が出来るようになります。是非ご準備頂きたい図面です。

最後の【プラス+α】は、ハウスメーカーから出ている外構価格が適正か知りたい方や、大まかな内容は同じプランで図面を作成したい方はご持参下さい。
また、外構デザインで“こんな雰囲気にしたい”などのご希望がある方は、デザイン資料をお持ち下さい。スマホでブックマークした画像などでも大丈夫ですよ!




ハウスメーカーさんや工務店さんとの進捗状によっては、建築プランが変更になる場合があると思います。
外構は建物形状やGL・建物位置によってデザインやプランニングが大幅に変わってくることがありますので、必ず最新図面をご持参いただきますようお願いします。
また、建築プラン変更の可能性がある場合や、打ち合わせ中に変更になった場合は必ずプランナーまでお伝え下さい(^^)



次回の必要な項目をピックアップしてみようでは、外構の希望を伝えるポイントをお話していきますので、お楽しみに〜!



暑かった8月も今週で終わり、来週からはいよいよ9月に突入しますね!
10月1日から施行される増税の影響か、パシオンでもありがたいことに、沢山のお客様からご発注をお受けしております。

さて、今週末の2日間、パシオン浜松本店にて『外構相談会』が開催されます。
増税前、最後のチャンスですよ〜(^-^)


アスタリスト青


NiwaNaviImage

10月1日から施行される消費税10%へ引き上げ前の、おそらく本店最後のイベントになると思います。

・ご新築の方
・建売住宅のお庭をグレードアップしたい方
・カーポートやテラス・物置などの外構商品を設置したい方
・既存のお庭をリフォームしたい方
・駐車場を拡張したい方
・植栽を撤去したい方
・古くなったブロック塀をやりかえたい方 etc...

「増税までに間に合わないんじゃないか・・・」と心配な方も、まずは一度ご相談下さい(^^)
スタッフが一緒に対応策を考えます♪


アスタリスト青


ご来店予定の方は事前予約をおススメしています。
当日のご予約も受け付けていますので、お気軽にお電話下さい。

どうしてもイベント期間中に都合のつかない方は、イベント期間中にお電話でご予約いただければ、別日にて打ち合わせ対応させていただきます。
その際は『ホームページで外構相談会のチラシを見て』と一言お伝え下さい。

もちろん現地での打ち合わせ希望にも対応できますよ〜!


アスタリスト青


他店・イベント告知

【浜松東店】→8/24(土)・25(日) ※東店イベントは終了しました。
【磐田店】  →9/7(土)・8(日)

上記日程でイベント開催を予定しています。
詳細は随時ホームページにアップしますので、近隣にお住いの方はチェックしてみて下さい。


アヒルの親子

本日はパシオン浜松東店のイベントデーです!
お見積り依頼でもれなく¥1000分の商品券をプレゼントしますので、是非この機会にご来店下さい(^^)


アスタリスト緑


東店

さて、ちょっと前にパシオン東店の建物西面に看板がつきました!


東方向から来る車には正面の看板が良くみえるのですが、道路と建物の位置の関係で、西方向から来る車からだと看板が見えずらく・・・

西方向から来店されるお客様からも分かりやすいように、今回看板を追加設置しました。
ご来店の際は目印にしてくださいね(^-^)


東店は、店舗前に駐車スペースがありますよ!
店内にはキッズスペースもありますので、お子様連れの方はお気軽にご使用下さい。


アスタリスト緑

↓↓イベント詳細はここでcheck↓↓

NiwaNaviImage
今週末は、いよいよ東店の外構相談会!事前予約がおススメ(^^)/
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.