このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ




数年前にパシオンでお庭部分の造作をさせていただいたM様邸。

その際に、芝生スペースと広めの花壇を作成しましたが、管理が大変だということで今回ご相談をいただきました。


DSC_0147

施工前の様子↑↑

芝生をキレイな状態に保つには頻繁なお手入れが必要で、特に芝生の最盛期である夏場は、毎朝夕の水やりに加え、定期的な芝刈り作業が必要で思った以上に管理が大変だという声をよく耳にします。

また、冬場は冬枯れが起きて、見た目が今いちになる・・・というデメリットも。

あと以外に盲点なのが、芝生の下地は土なので、雑草も普通に生えてくるという点も悩みの種だったりしますね(;^_^A


DSC_0186

施工後の様子↑↑

芝生は全て撤去し、代わりに人工芝を設置させていただきました!

人工芝は天然芝と違って、基本的にはメンテナンスがいらないので、日々のお手入れはかなり楽なると思います♪


DSC_0188

敷地いっぱいに広がっていた花壇スペースも大幅に縮小させていただきました。

花壇スペースは土がむき出しの状態なため、花だけでなく雑草にとってもとても生育しやすい環境になっています。

きちんと管理していないと、すぐに雑草が生えてきてしまうので、注意が必要です。



DSC_0151

施工前の様子↑↑


DSC_0188

施工後の様子↑↑

元々は未舗装だった人工木ウッドデッキ下も、今回砕石敷き+防草シートで再舗装させていただきました。

人工芝と砕石敷きの間は、樹脂製の見切り材でしっかりと区切っています。

人工木ウッドデッキ前の花壇スペースがなくなったことで、お庭の有効スペースも増えました!



DSC_0190

人工芝は、価格と品質のバランスの良いセルデスさんのものを使用しています。

パシオンではお馴染みの人工芝メーカーさんですよ!

M様邸では、砕石と砂で人工芝の下地を作成させていただいています。



DSC_0145

施工前の様子↑↑

既存で設置されていた立水栓とガーデンパンですが、ガーデンパンの設置場所が低いため、洗い物をするたびに水しぶきが飛び散り、使いづらいので何とかしたいとご相談を受けました。



DSC_0185

施工後の様子↑↑

化粧ブロックで土台をつくり、その上に既存のガーデンパンを設置することで高さのかさ上げをさせていただきました!

立水栓の高さはそのままなので、以前に比べ蛇口とガーデンパンの距離が近くなり、悩みの種だった水しぶきも解消されましたよ〜♪





ちなみに・・・主に手洗い用途や、BBQの際に使用したいという場合には、スタンドタイプや、シンクタイプのガーデンパンを採用するという手もありますよ↓↓


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

↑こちらは、お洒落なエクステリアアイテムが揃うオンリーワンさんの商品の一例です。




パシオンのプランナーも、芝生や花壇の施工を広範囲に希望されるお客様には、その分管理が大変ですよ〜ということを、事前にお伝えさせてはいただいています。

ただ、ライフスタイルが変わるにしたがって、その当時はできていたことも、中々難しくなってくるということもあると思います。

「緑は残したいけれど、メンテナンスは最小限に抑えたい」という場合は、M様邸のように、人工芝を活用するなどのアイディアもありますので、何かお庭でお困りごとがあれば、是非お気軽にご相談下さいね(^^)

M様、この度も誠にありがとうございました!




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
既存のウッドデッキやドックスペースを撤去して、広々とした空間にリフォーム!/袋井市J様邸
NiwaNaviImage
お手入れ楽々♪人工芝を設置して、明るいお庭スペースを確保!
NiwaNaviImage
お庭スペースをキレイに舗装!植栽を撤去⇒目隠しスクリーンや人工芝で、お手入れ楽々&プライバシーもしっかり確保。/磐田市S様邸




道路に面した掃き出し窓の前に、目隠しフェンスと人工木ウッドデッキを新たに設置させていただきました!


DSC_0179

目隠しフェンスにはパシオンでお馴染みの“エコモックフェンス”を、人工木ウッドデッキには“B-life.s:ガーデンデッキDG”の白茶色をそれぞれ使用。

エコモックフェンスは、視線の気になるウッドデッキ上から板材を貼り付け、足元部分はオープンな使用になっています。

I様邸の建物外観にマッチする、可愛らし雰囲気に仕上がっていますね♪


DSC_0181

反対側からの様子。

I様邸では、掃き出し窓前から駐車場にかけて、敷地に傾斜がついていました。

傾斜地にウッドデッキを設置する場合、土地が低い箇所の柱をロング柱仕様にして対応することが多いのですが、ガーデンデッキDGにはロング柱の扱いがなかった為、デッキの束柱にロング仕様のものを使うことで対応しています。



DSC_0180

サイドからの様子。

掃き出し窓からウッドデッキを通って、お庭にアクセスできるよう、ウッドデッキの片側には目隠しフェンスを設けず、代わりに上り下りがしやすいように箱型のステップデッキを設置させていただきました。

ウッドデッキに出ても目隠しのお陰で道路からの視線を気にしなくて良くなったので、安心してお家ピクニックや日向ぼっこを楽しめますね♪


DSC_0153

こちらは、目隠しフェンスを設置する前の人工木ウッドデッキの様子。

人工木ウッドデッキと言うと、パシオンでは“三協:ひとと木2”や“LIXIL:樹ら楽ステージ”を使用することが多いですが、I様邸ではデッキカラーにホワイトをご希望だったため、カラーラインナップにホワイト色がある“ガーデンデッキDG”を採用させていただきました。

樹ら楽ステージが、旧バージョンにあたる“樹の木掘疋轡蝓璽困世辰燭海蹐蓮▲曠錺ぅ反Г琉靴い發△辰燭里任垢、リニューアルにあたりなくなってしまいました(;^_^A

ホワイトカラーのアイテムは、見た目がとてもオシャレな反面、汚れが目立ちやすいというデメリットがあるので、採用のご検討の際はご注意下さい!




I様邸のお宅のように、掃き出し窓が道路に面していると、ウッドデッキだけを設置しても、外部からの視線が気になって、思ったように活用することができない・・・というケースも考えられます。

ウッドデッキ設置する場合は・・・


■どのように活用したいか

■設置する場所の立地条件はどうか


などをしっかりと考えて、状況によっては目隠しフェンスを上手く組み合わせるなどして、せっかくのウッドデッキをきちんと活用できるようにしたいですね!


I様、この度は誠にありがとうございました(^-^)/





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
LIXILの樹ら楽ステージを設置しました!
NiwaNaviImage
基礎の高さを揃えて見た目もスッキリ!木調板貼り“エコモックフェンス”/磐田市A様邸
NiwaNaviImage
グレーカラーの樹脂フェンス・エコモックでおしゃれに目隠し/浜松市南区
NiwaNaviImage
アウターシェードで日除け&目隠し!既存テラス&窓に設置しました。/浜松市中区K様邸




以前パシオンで外構工事をして下さったY様邸。

隣地との境界部分の一部に、目隠しをしたいとのご依頼をいただき、フェンスを設置させていただきました。


DSC_0300

施工前の様子↑↑

元々境界ブロックだけが施工されていた箇所に、1スパン分(W2.0m)の目隠しフェンスを取り付けていきます。


DSC_0186

施工後の様子↑↑

高さを取るため、既存ブロックの上に新しくコンクリートブロックを2段積み、その上に目隠しフェンスを設置させていただきました。

フェンスには“三協:シャトレナ3型”のH1200を使用。

シャトレナ3型は、視線は完全にカットし風だけを通す、パシオンではお馴染みの目隠しタイプフェンスです。




【三協:シャトレナ3型】


NiwaNaviImage

【三協:シャトレナM3型】


NiwaNaviImage

↑少し価格は上がりますが、シャトレナシリーズには、オシャレな木調タイプもありますよ〜♪

※シャトレナMシリーズの木調色は表側のみで、裏面はアルミカラーになります・・・・残念っっ




新築時には気が付かなかったけれど、実際に住んでみると、予想外の箇所からの視線が気になる・・・なんてこともあると思います。

パシオンOBの皆様からも、少しの“困った”を解消して欲しいと、工事のご連絡をよくいただきます。

OBの方からのご連絡がきた際は、頼りにされているのだなぁ〜と、いつも大変嬉しく思うと同時に、お客様から頼りにされる存在でなければいけないと、気の引き締まる思いです。

外構は完成しておしまい・・・ではなく、お客様が実施に住まわれるようになってからが本当のスタートです。

工事後も何かお困りの際は、是非お気軽にご連絡下さい(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
アースブラウン色の多段柱アルミフェンスで隣地からの視線をカット!/磐田市I様邸
NiwaNaviImage
チェリーウッド色の目隠しフェンスで道路からの視線をカット!/浜松市東区S様邸
NiwaNaviImage
目隠しフェンスを設置することで、デッドスペースが使い勝手の良い空間に変身!!/磐田市O様邸

こんにちは、パシオンネット担当の小池です( ・ v ・ )

さて、本日はWEB展示会のお知らせです。

昨年より開催され、好評をよんだ三協アルミさんの【ワンダーWEB展示会2021】が、今年も4/20(火)12:00〜よりスタートします!!

ワンダーWEB展示会は、業界関係者はもちろん、一般の方も自由に視聴することができるWEBサービスです。

コロナ禍で中々展示場に足を運ぶのが難しい中、ネット上でお手軽に商品を見ることができるのは嬉しいサービスですね♪




NiwaNaviImage




4月20日の開催に先駆け、三協アルミさんでは特設サイトが既にオープン!

ダイジェストムービーや、新商品を紹介した漫画などがアップされていますよ♪





NiwaNaviImage


NiwaNaviImage

WEB展示会では、三協アルミさんの新商品紹介がメインコンテンツになると思います。

個人的には、頑丈さとデザイン性を兼ね揃えた折板屋根カーポート“ビームス”が注目POINT!

カタログ写真だけだと、どうしても実物の質感や雰囲気を掴み切れないところもあるので、動画で実物を見れるのが今から楽しみです♪


【三協アルミ ワンダーWEB展示会2021】の特設サイトへは、下の画像からジャンプできるようになっていますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね(^-^)/



NiwaNaviImage




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
2021年1月12日よりスタート!豪華賞品が当たる【三協・わくわくご購入キャンペーン】
NiwaNaviImage
お洒落なNEWスタイル折半カーポート“ビームス”をご紹介!
NiwaNaviImage
新発売!据え置きタイプの宅配ボックス“フレムスLight・据え置きタイプ”

昨日から無印良品週間が始まり、ここぞとばかりに子供服や雑貨を買い込んでご機嫌な、パシオンネット担当・小池です( ・ v ・ )

(↑基本貧乏性なので、必要なものしか買いませんが・・・)

気が付けば3月も下旬ですね!

桜の花も、今週末あたりがピークでしょうか?


さて、本日はお洒落なリゾート風にお庭を造作されたお宅の施工事例をご紹介していきたいと思います!!





ご高齢のご両親と同居をされているM様邸。

将来的なことも見越して、車いすでもお家の中に出入りができるように、スロープの作成をご希望でした。

また、空きスペースだったお庭部分も造作させていただきました。


工事の内容 リフォーム・通常外構
お客様のご要望 スロープの作成
日除け+ウッドデッキ
施工カ所 スロープ・手摺・人工木ウッドデッキ・パーゴラテラス・人工芝・花壇
プランのポイント 機能性とデザイン性を両立させた設計
デザイン モダン・リゾート


ビフォア

施工前の様子↑↑

建物手前の掃き出し窓は、玄関土間へと繋がっている仕様になっているので、駐車場から段差なくお家の中に入れるよう、窓へと続くスロープを作成していきます。



全体

施工後の様子↑↑

既存のタイルデッキに繋ぐような形で、スロープを設置させていただきました!

当初は土間コンクリート舗装+化粧ブロック土留での施工プランも出ていましたが、せっかく作るならデザイン性も重視したいということで、お洒落なタイル張り仕様でデザイン。

タイルには既存のタイル張りに合わせ“リビエラ:クォーツタイル”を使用しています。

こちらのスロープは、ご両親が使われる以外にも、玄関に自転車などを入れる際にも使用する予定だとのことです(^^)



テラス囲い

スロープ側面(手前側)には、歩行補助手摺の“LIXIL:グリップライン”を柱+トップビーム1段仕様で設置。

トップビームには滑りやすく、グリップ感の良い樹脂素材を採用しています。

明るい木調カラーが、空間に違和感なく馴染んでいますね!


また、スロープとお庭の間には、転落防止とアイストップを兼ねて、少し高さのある花壇も作成させていただきました。

南国系の植栽が加わることで、お庭が一気にリゾートテイストになりますね♪



IMG_20180601_181214

お庭奥側には、出幅が9尺にもなる広々とした人工木ウッドデッキ“B-Life.s:れい樹”をステップデッキ付きで作成。

掃き出し窓から直接出入りができるようになっているので、室内とお庭の距離がグッと縮まりますね!


また、人工木ウッドデッキ上には、独立タイプのパーゴラ“タカショー:フレームポーチ”も設置。

こちらは天井にポリカーボネート板などの屋根材がなく、必要な時に自分で日除けシェードを取り付けるタイプになります。

当初のご希望では、ポリカ屋根+オプションで開閉式シェード付きのテラスをご希望されていましたが、開閉式シェードは価格がかなり割高で、M様が希望されているサイズのテラスに設置すると、予算オーバーに。

そこで用途を日差し対策にしぼり、現在のフレームタイプを採用する運びとなりました。

このタイプなら、公式オプション以外にもご自身でお好みの日除けシェードを準備することができるのも嬉しいポイントです!

人工木ウッドデッキ下は土間コンクリートで、その他のお庭部分は人工芝で舗装しているので、雑草の心配もなくお手入れも楽々ですね♪




介護用のスロープを設置する、何となくデザインが損なわれてしますイメージがあるかもしれませんが、作成する素材や設計によっては、お洒落な空間にしてあげることもできます。

二世帯住宅などでは、実際に長く住まわれるのは、スロープをメインで使用するご両親世代の方よりも、お家のデザイン性にもこだわりたい子世代になると思います。

スロープは一度設置すると簡単に撤去できるものではないので、後々後悔しないように、見た目も使い勝手も良いモノを作りたいですね(^^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
傾いた土留ブロックを補強!スロープも新設して安心して過ごせるお庭にリフォーム工事/磐田市K様邸
NiwaNaviImage
まるで新築のようなお庭に変身!クローズ→オープン外構に大規模リフォーム工事/浜松市北区S様邸
NiwaNaviImage
玄関ポーチまでノンステップで楽々!バリアフリーな和モダン外構。/浜松市中区T様邸

こんにちは、パシオンの小池です。

先週3月11日は、東日本大震災から10年という節目の日でしたね。

10年前の当日はパシオンで仕事中で、「あ、地震だ」とビックリはしたものの、その時はまさかあんな惨事が起こるとはまったく想像していませんでした。


私達の住む東海地方も、大規模地震が発生すると、長年に渡り言われ続けている地域になります。

いつ何が起こってもおかしくない環境であるということを忘れずに、有事の際に困らないよう、出来る限りの備えをしておきたいものですね。


さてさて、本日は地震対策にも少し関連した施工事例をご紹介していきたいと思います!!




数年前に住宅をご購入されたK様邸。

ご主人様の趣味であるバイク用の保管庫を設置するために、土留の一部を壊してスロープを作成したいとのご希望でした。

また同時に、『ブロック基礎が傾いているようなのだけれど、このままの状態でバイク保管庫を設置して大丈夫なのだろうか・・・?』とのご相談もいただきました。

実際に現地で確認してみると、K様がおっしゃっていたように、道路に面した土留ブロックが明らかに傾いた状態に。

そのままの状態では、バイク保管庫を設置するどころか、何かの拍子に土留ブロックが倒壊してしまう恐れがあったため、スロープ作成工事と平行して、傾いた土留ブロックを直していく工事もさせていただくことなりました。


工事の内容 既存土留ブロックの補強工事
スロープ作成
お客様のご要望 バイクを押して通れるようにしたい
土留ブロックの傾きを解消したい
プランのポイント 既存土留ブロックを活用した、リーズナブルかつ強度を持たせた施工方法





before 02 / / / / / / / / / / /

施工前の様子↑↑

道路境界側の土留ブロックが、土の重みに耐えきれず道路側に傾いてしまっていました。

駐車場側のブロックとの間にも、すき間ができてしまっています。



before 01 / / / / / / / / /

施工前の様子↑↑

傾いたブロックを直す方法として、

ヾ存ブロックを撤去して、新しく土留ブロックを積み直す

既存土留めブロックに対して、補強工事を施す

・・・という2つの方法がありましたが、K様邸の場合、△隆存土留めブロックに補強工事をするパターンの方が、費用も少しリーズナブルに済み、またより強度を持たせることができるため、今回はそちらの方法で施工させていただくことになりました。






DSC_0164

施工中の様子↑↑

敷地内の土を一度掘削し、地中からコンクリートで既存ブロックを補強していきます。


K様邸の場合、一度にコンクリートを流してしまうと、コンクリートの重みでブロックが倒れてしまう恐れがあったため、できるだけブロックに負荷がかからないよう、まずは下半分のみをコンクリートで補強。
(※上の写真は下半分を補強した状態)

一回目の補強で、ある程度ブロックに強度を持たせた上で、残りの上半分のブロック部分にもコンクリートを流し込んでいきます。

既存ブロックには穴を開け、横筋アンカーでコンクリートと既存ブロックをしっかりと固定していきますよー!



DSC_0165

施工中の様子↑↑

スロープを新設するため、既存土留の一部と土を撤去。

敷地の側面がむき出しになった部分に、化粧ブロックで新しい土留めを作成していきます。

新設部分のブロックにも基礎をしっかり作成し、コンクリートと化粧ブロックを鉄筋で繋いで、しっかりと強度を持たせていきます。



DSC_0168

施工中の様子↑↑

元々設置されていた既存土留ブロックには穴をあけて、新設ブロックと繋げがるように鉄筋をとおして、ブロック同士を一体化させていきます。



DSC_0166
DSC_0167

こちらは、スロープ部分作成中の様子↑↑

スロープを作成する部分にも、しっかりとコンクリートで基礎を作っていきますよ!




施工後の様子↓↓


after 01 / / / / / / / / / / / / / / /

既存ブロックを補強して、スロープを作成した後、ブロック手すりとフェンスを付けて完成です!!

転落防止を兼ねて設置した手摺には“三協:エトランポS1型”のサンシルバー色を使用。

高さはH800サイズになります。

今回新設した土留ブロックと、フェンスが未施工だったブロック上には、既存で設置されていたフェンスと同じ種類のスチールフェンス“三協:ユメッシュE型”のH800サイズを取り付けています。



after 02 / / / / / / / / / / / / / / /

施工後の様子↑↑

バイクを押しながらでも通れるように、スロープ幅は通常より広めにとって作成させていただきました。

・・・ちなみに、バイクガレージは磐田市内にあるガレージ専門店さんに、こだわりのオーダーメイド品を作成してもらう予定とのことです♪




K様、この度は誠にありがとうございました。

土留ブロックに関しては、今回ご縁がありまして、何か大事が起こる前に補強工事をさせていただくことができ、本当に良かったと思っております。

こだわりのバイクガレージが設置されるのも楽しみにしていますね(^^)

また何かお困り事などがございましたら、いつでもお気軽にご連絡下さい♪





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
門柱・駐輪スペースをプラス+して統一感のあるナチュラル外構に大変身!/磐田市T様邸
NiwaNaviImage
急な階段をスロープにリフォーム工事。昔ながらの車庫もオープンなスペースに変身/浜松市中区・K様邸
NiwaNaviImage
既存土留めブロックを撤去!駐車スペースの拡張工事/磐田市S様邸

こんにちは!

先日、都田総合公園に散歩に行ったら、河津桜がキレイに咲いおり、何だか得した気分になった、パシオン・ネット担当の小池です( ・ v ・ )

本日より3月がスタート!!

世間の装いも、少しずつ春の仕様になってきましたね。

スーパーなどでも、明後日3月3日の桃の節句に備え、可愛らしいひな人形のイラスト入りのお菓子やパッケージが飾られたりと、何だかちょっとワクワクしする今日この頃です♪




さて今回は、本日3月1日より新発売となる、三協アルミさんのニュースタイル折板カーポート“ビームス”をご紹介していきたいと思います!


【折板カーポート ビームス】


NiwaNaviImage

今回新発売になるビームスカーポートは、台風や強風対策として近年需要が高まっている折板カーポートの新シリーズです。

折板カーポートは強度が強く安心な反面『見た目がイマイチ気に入らない・・・』という方もいらっしゃったと思います。

このビームスは、強度とデザイン性を両立させた、NEWウェーブなカーポートになります!



NiwaNaviImage




【特徴】


ex20210219c

ビームス名前の由来は、『BEAM(梁)』+『LESS(無し)』=『ビームス』!

その名前の通り、天井に梁がない造りになっているので、とてもスッキリとしたスタイリッシュな見た目になっています。

他にも、通常柱の外側に沿うようにして設置される雨樋が柱と一体化していたり、天井が勾配のないフラットデザインになっていたりと、細部にまでこだわりが詰まっており、随所に三協さんの本気を感じます(笑)



ex20210219d

こちらは一般的な折板カーポートの仕様。

もちろん好みにもよるとことはあると思いますが、やはりデザイン的にどうしても重たい印象にはなりがちです。




【耐風圧性能】


NiwaNaviImage

ビームスは耐風圧強度もかなり高いのも特徴!


分かりやすく、他タイプのカーポートと耐風圧強度で比べてみると・・・

■比較的強度が高いタイプのポリカーボネート屋根カーポート⇒耐風圧強度・風速42〜46m/s

■一般的な折板カーポート⇒耐風圧強度・風速46m/s


・・・だいたいどのメーカーの商品も、上記ぐらいの耐風圧なのに対し、


■ビームス⇒耐風圧強度・風速50m/s


と、ビームスが頭一つ飛びぬけているんです!

見た目だけじゃなくて性能もいいなんて、やりますねビームス!!

(※柱=両側支持タイプ、側面パネルなどのオプションが無い場合の数値)




【ラインナップ】


NiwaNaviImage


NiwaNaviImage

ビームスには、計6パターンのバリエーションがありますが、大きく分けると天井材の仕様によって、2パターンに分類されます。

まずは、天井材の折板屋根が見えるタイプの“スタンダードタイプ”

もう一つが、デザイン性にとことんこだわり、天井材にもフラットな意匠をほどこした、さらにワンランク上の“プレミアムタイプ”


気になるお値段は、“一般的な折板カーポート<ビームス(スタンダードタイプ)<ビームス(プレミアムタイプ)”という感じて価格が上がっていきますが、ビームスのプレミアムタイプになるとお値段が一気に上がってしまうようです。

価格をとって一般的な折板カーポートにするか、デザイン性を重視してビームスのスタンダードタイプにするかで悩まれる方が増えそうです( *´艸`)




【サイドパネル】


NiwaNaviImage

ビームスは、お好みでカーポートにサイドパネルを設置することもできるようになっています!

先程、6パターンのバリエーションがあると記載しましたが、天井材の仕様に対し、サイドパネルが片側に付いてるとS型タイプ、両側に付いているとW型タイプとなるそうです。



NiwaNaviImage

またサイドパネルの種類も、大きく分けると2パターンから選ぶことができるようになっています。


まず1つ目が、全タイプの奥行にジャストフィットするように設計された、すき間のないフラットデザインなビームス専用の高意匠サイドパネル

こちらはパネル部分にポリカーボネート板が使われているので、程よく採光をしつつ、視線や雨風を遮ってくれるようになっています。


そしてもう1パターンとして、通常はブロック上などに施工するアルミフェンス“レジリア”をサイドスクリーンとして使用することが出来るようになっています!


【レジリアフェンス・バリエーション】


NiwaNaviImage

レジリアはバリエーションが豊富な上、上下で異なるタイプのフェンスを設置することが可能なので、例えば・・・「視線の気になる上部にはルーバータイプを、下部は光を取り込めるように格子タイプを」と、お好みに合わせて取り付けることもできちゃいますよ♪




【カラーラインナップ】


NiwaNaviImage

気になるカラーラインナップは、本体色・天井材色ともに“サンシルバー・アーバングレー・ブラック”の3色展開!

どのカラーも魅力的ですが、カタログやHPにも多く起用されていることから、ブラックカラーが三協さんの一押しカラーなのではないでしょうか?

ちなみに・・・折板屋根のカラーは、どのカラーをチョイスしても、共通でシルバー色になるようです。



NiwaNaviImage
【スタンダードタイプN型・ブラック色】


NiwaNaviImage
【スタンダードタイプN型・アーバングレー色】


NiwaNaviImage
【スタンダードタイプW型・サンシルバー色】


NiwaNaviImage

カーポートとしての使う以外にも、こうな風におしゃれなガーデンテラスとしてビームスを取り入れるのもいいですね♪




三協アルミさん一押しのNEWアイテム“”折板カーポート・ビームス”、如何だったでしょうか?

個人的にも、とても気になる商品ですし、何と言ってもデザイン性が高いカーポートなので、今後は感度の高いユーザーさんからの需要が高いアイテムの一つになっていくのではないかと思います。


折板カーポートはサイズが大きく、存在感もかなり強いので、カーポートのデザイン性がそのままお庭のイメージに直結する場合が多いアイテムになります。

初期費用は掛かりますが、折板カーポートは一度施工すれば長く使用することのできるアイテムですので、是非お気に入りのアイテムを見付て、後々後悔のないようにしていただければと思います(^-^)/





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
カッコいい外構を作りたい人必見!お洒落なアルミカーポート・SCや黒ガルバのガレージを設置した新築外構/浜松市中区S様邸
NiwaNaviImage
急な傾斜も土留めの新設で解決!折板カーポート×レンガ積みがお洒落な追加外構。/浜松市浜北区O様邸
NiwaNaviImage
天井材つきカーポートでリッチなお庭スペースをデザイン!/浜松市東区S様邸

先週末から、急に春の陽気になりましたね!

春と言えば・・・そう、花粉症の季節(T_T)

数日前から怪しかったですが、一昨日ぐらいからちょっと外にでるとくしゃみが止まらない、パシオンネット担当の小池です(涙)

いつか花粉症が治る薬が開発されないでしょうか・・・。


さて、本日は外構補修事例のご紹介です。




ご友人の車が既存門袖にぶつかり、ブロックと伸縮門扉が破損してしまったS様邸。

保険を活用して補修工事をしたいとのご依頼をいただき、施工をさせていただきました。



DSC_0199

施工前の様子↑↑

幸い、駐車場の出入りには問題ありませんが、門袖が倒れた状態になっていまっています。




DSC_0135

施工後の様子↑↑

倒れた門柱は撤去して、既存の門袖ブロックと同じ雰囲気のブロックで、門袖を新設しました。

同じ素材のブロックを使用しても、既存ブロックは経年による変色があるので、色味にはどうしても差が既存ブロックと差が出てしまいますが、全体的にキレイに仕上がっています♪



DSC_0200
←施工前の様子

ブロック裏に設置してあった伸縮門扉も、ブロックが転倒した際に破損して使用できない状態になってしまっていたため、こちらの伸縮門扉も新しいものに替えていきます。


DSC_0137

施工後の様子↑↑

元々設置されていた伸縮門扉はレールタイプでしたが、門扉の型が古いタイプの商品だったため、同じレールを活用することは難しく、また新たにレールをタイプを採用するとなると、一度コンクリート舗装ごと既存レールを撤去しなければなりませんでした。

そこで今回はお客様の持ち出し費用を抑えるために、既存レールが残った状態でも使用できる、キャスタータイプの伸縮門扉を設置することに。

新しく設置した門扉には“四国:ニュータイニー4H型”の片開きタイプを使用しています。



DSC_0136

こちらは正面からの様子↑↑

伸縮門扉の開閉もしっかりと出来るようになりましたよ〜!

S様、この度は誠にありがとうございました。





パシオンでは、今回のS様邸のように保険を活用した外構補修工事や、市の助成金を活用した工事の依頼も承っています。

金額や施工範囲についても、できるだけお客様のお役にたてるよう柔軟に対応させていただいておりますので、お困りの際はお気軽にご相談下さい(^^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
鉄筋&アンカーで強度もバッチリ!倒壊した壁のやり替え工事。/袋井市M様邸
NiwaNaviImage
植栽を撤去して花壇も新設!台風被害のフェンスやり替え外構工事。/浜松市北区S様邸
NiwaNaviImage
うちのブロック塀は大丈夫?簡単ブロック診断!

こんにちは、パシオンの小池です( ・ v ・ )

突然ですが、皆様はよくネットショッピングや宅配サービスなどは利用されますか?

私は、よく利用します(笑)

元々ちょこちょこネット通販を利用していましたが、この1年程はコロナの影響もあり、かなり使用頻度が増えたように思います。

ただ、ネット通販などの宅配サービスで困るのが受け取りのタイミングですよねっっ

指定された時間に家にいなければならないので、その間は拘束されてしまいますし(←時間指定にしても、○○時〜○○時の間とざっくりなのがけっこう困りどころ)、家にいてもちょうど手が離せないタイミングで受け取りができず、結局再配達になってしまったり・・・。

そんな時に大活躍するのが、宅配ボックスです!!

パシオンでご新築外構をされるお客様も、最近では宅配ボックスの設置を希望される方がかなり増えています。


今回は2020年11月から発売が開始された“三協アルミ:フレムスLight・据え置きタイプ”をご紹介していきたいと思います♪





宅配ボックス フレムス Light(ライト)・据え置きタイプ


スクリーンショット (2) / / / / / / /

このフレムスLight・据え置きタイプは、三協アルミさんの人気宅配ボックス“フレムスシリーズ”の第5弾としてリリースされた、新しい設置スタイルの宅配ボックスです。


【今回発売になった据え置きタイプの特徴】

・フレムスシリーズで一番リーズナブル

・収納量の多いラージサイズを設置できる

・玄関ポーチなどの空きスペースに、手軽に設置がなので後付けやリフォームにもピッタリ!・・・etc


荷物をできるだけ雨に濡らしたくないという方も多いと思うので、ご新築時でも門柱は見栄えのする別場所に設置して、あえて宅配ボックスだけを屋根がある玄関ドア近くに配置するというプランも、個人的にはありかなと思います♪




NiwaNaviImage

据え置きといっても、接着剤で床面にしっかり固定するので、宅配ボックスごと盗まれる心配などなく、安心して使用することができますよ♪

(ただ地面に置くだけの宅配ボックスをご自身で設置される場合、ボックスごと中身を盗まれるというケースもあるそうです。)



NiwaNaviImage

フレムスLightシリーズには、新発売の据え置きタイプ以外にも、ポール建てタイプや手すり連結タイプがあります。

ポールタイプは宅配ボックスの位置に高さがでる分、かがまずに荷物の取り出しができるので便利ですよ(^-^)

また据え置きタイプは、床面の状態によっては設置できないこともあるので、そんな場合にはポールベースプレートタイプでの設置がおススメです!!





NiwaNaviImage

フレムスLightの宅配ボックスは、ミドルタイプラージタイプの2サイズ展開です。

2タイプとも横幅(W)と奥行(D)の寸法は変わりませんが、ラージタイプの方が高さが20冂高くなっています。

大は小を兼ねる・・・とは言いますが、ラージタイプだと金額も多少上がりますし、見た目の圧迫感もでてくるので、普段使用する宅配物のサイズや重さに合わせて、どちらのタイプにするか選ぶといいですね。





本日ご紹介したフレムスLight以外にも、フレムスシリーズには門柱に埋め込みできるタイプや、表札・ポスト・インターホンなどと一体化できる機能ポールタイプ、サイズも奥行がコンパクトなハーフタイプや横幅が狭いスリムタイプなど、様々なラインナップがあります。

ただ、『バリエーションが多すぎてカタログを見てもどのタイプが自分に合っているのかイマイチ分からない・・・』という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にはこちらのサイトがおススメ↓↓



NiwaNaviImage


現在、三協アルミさんの公式HPでは、フレムスLight・据え置きタイプの発売を記念して、宅配ボックスフレムス・フレムスLightのスペシャルサイトを公開中!

フレムスシリーズが設置スタイルやサイズバリエーションごとに紹介されており、自分にはどのタイプの宅配ボックスがピッタリかが、簡単に分かるようになっています♪


宅配ボックスの設置を検討中の方は、是非一度チェックしてみて下さいねー(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
視覚効果を利用!スタイリッシュな機能門柱&宅配ボックス“三協:フレムス”
NiwaNaviImage
敷地の形状を活かしたアプローチデザイン!シンプルモダンな新築外構/浜松市中区H様邸
NiwaNaviImage
“見せポイント”で印象的なお庭に!家族がゆったり過ごせるオシャレな平屋外構/浜松市東区Y様邸
NiwaNaviImage
ネットショッピングを良く利用する方はチェックしたい!不在時も荷物が受け取れる、宅配ボックスのメリット・デメリットをご紹介。

前回、パシオン磐田でも沢山の方にご利用いただいた『いわた応援チケット』が、2月22日より『いわた応援チケット2』として、再度販売されることが決定しました!

パシオン磐田店も前回に引き続き、取扱店としてこの企画に参加いたします。




NiwaNaviImage



もちろん、お支払い金額の一部に、応援チケットを使用していただくことも可能です♪

外構工事や、エクステリアアイテムの設置をご検討中の方は、是非お得な応援チケットを活用してみて下さいね!


ちなみに・・・今回の応援チケットは“磐田市民限定・事前申し込み制”で、二次販売は行わないそうなので、購入を検討されている方は手続きをお忘れないようご注意下さい( ・ v ・ )






【使用期間】
・令和3(2021)年2月22日(月)〜令和3(2021)年5月31日(月)

【使用可能店舗】
・パシオン磐田店




注意事項

※購入方法・使用条件などの詳細につきましては、磐田市の公式HPでご確認下さい。
※商品券を使用できるのは、磐田店のみとります。他店舗では使用できません。
※いかなる場合でも、一度ご利用いただいた商品券の返却・現金による返金はできませんのであらかじめご了承ください。
※お支払方法に関わらず、パシオンでは商品のみの販売は行っておりません。かならず施工とセットでの販売になります。
※プレミアム商品券を使用しての詳しい支払方法については、スタッフまでお問合せ下さい。




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
2021年1月12日よりスタート!豪華賞品が当たる【三協・わくわくご購入キャンペーン】
NiwaNaviImage
アウターシェードで日除け&目隠し!既存テラス&窓に設置しました。/浜松市中区K様邸
NiwaNaviImage
うちのブロック塀は大丈夫?簡単ブロック診断!

こんにちは、パシオンの小池です。

今日から2月が始まり、今年度も残すことあと2か月になりましたね!

特に2月は28日までと、月の日数が少ないので、1か月があっという間に過ぎていく印象です(;^_^A

ただ、2月2日(明日ですね!)は節分があったり、バレンタインデーがあったりと、楽しいイベントも盛沢山!

今年はコロナ禍で、中々思うようにイベントを満喫できない・・・という側面もあるとは思いますが、できる範囲で楽しんでいきたいですね♪

とりあえず明日は、皆様に福が来るようにと気持ちを込めて豆をまきたいと思います( *´艸`)




さて、本日も施工事例の紹介です!

隣地との境界に、目隠しとして“ホソバ”を植えられていたK様邸。

木の本数も多く管理が大変なため、生垣を撤去してフェンスにやり替えたいとのご希望でした。



IMG_20181027_161452

↑施工前の様子。

ちなみに・・・ホソバは遠州地方独特の方言で、本来の樹種は“マキ”になります。

私はこの仕事に就くまでずっと「これはホソバという名前の木なんだと」とばかり思っていました(笑)



DSC_0003

↑施工後の様子。

境界部に植えられていた生垣は全て撤去し、新たにアルミフェンス“三協:シャトレナ1型”を独立施工で設置させていただきました。

高さはシャトレナの中で一番高いH1200を、カラーはアーバングレー色を使用しています。

シャトレナ1型は完全な目隠しタイプではありませんが、フェンスにすき間がある分、お庭が明るい印象になりますね!

未舗装だったお庭部分も、防草シートと砕石でキレイに舗装させていただきました。



DSC_0004

外部からの視線が気になる道路境界部には、完全目隠しタイプのルーバーフェンス“三協:シャトレナ3型”を多段支柱で設置。

高さがH1600の柱に、H800のフェンスを2枚取り付けています。

K様邸の敷地が隣地側に向かって傾斜しているため、どうしても土地が低い方のフェンスは足元が少し開いてしまいます。

事前にそのことをご説明したところ、K様がご自身ですき間分の目隠しを用意されることになり、フェンス設置後に施工されました。



DSC_0005

西からの強風を心配されていたK様。

フェンス自体にも風を逃がすルーバーフェンスを使用していたのですが、K様のご希望もあり、フェンスに控え柱を設置させていただきました。

こちらの控え柱は、汎用部材を使ってのオリジナル制作品です♪



IMG_20181027_162043

↑施工前の様子。

植栽が目隠しの役割はしてくれていましたが、選定から時間が経ち枝葉が伸びると、どうしても見栄えは崩れがちでした。


DSC_0005

↑施工後の様子。

生垣からフェンスにやり替えたことで、とてもスッキリとした印象に変身!

フェンスはメンテナンスフリーのアルミ材なので、悩みの種だったお手入れの心配もなくなり、あいた時間を趣味や家事の時間に費やすことが出来るようになりますよ〜♪




フェンスの施工距離が長い場合、使用するフェンスの種類や高さによって、金額にかなり違いが出てきます。

K様邸では、施工時のイメージが付きやすいように、平面図の他にパース図も用意して、予算と見た目のバランスを取りながら、最終的に採用するフェンスの種類を決めさせていただきました。

K様、この度は誠にありがとうございました(^^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
お庭スペースをキレイに舗装!植栽を撤去⇒目隠しスクリーンや人工芝で、お手入れ楽々&プライバシーもしっかり確保。/磐田市S様邸
NiwaNaviImage
倒壊の恐れのある古いブロックを撤去!目隠しフェンスやり替え工事の施工事例/磐田市K様邸
NiwaNaviImage
植栽を撤去して花壇も新設!台風被害のフェンスやり替え外構工事。/浜松市北区S様邸
写真 2018-05-25 10 18 21 / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

バリアフリーにも対応!和モダンテイストな新築クローズ外構

工事の内容 新築外構
お客様のご要望 明るい雰囲気のクローズ外構
駐車スペース 4台
施工カ所 門柱・門扉・門袖・目隠しフェンス・アプローチ・駐車スペース・人工木ウッドデッキ・スロープ・手摺・境界ブロック&フェンス・植栽・チャート石・砕石+防草シート
プランのポイント バリアフリーにも対応した、上品なデザインのプランニング
デザイン 和モダン・ナチュラル

和の趣が素敵な平屋風住宅をご新築されたS様邸。

外構では、駐車スペースと居住スペースを完全に分けるクローズ外構をご希望でした。



アプローチ

広い駐車スペースは、車4台が駐車できるように土間コンクリートで舗装。

門柱前には植栽スペースも設けさせていただきました。

砕石敷き部分には、和モダン住宅にマッチする、アースカラーのチャート石を使用しています。


駐車場後ろには、H1600の塗り壁門柱&門袖木板調目隠しフェンスを配置。

木調フェンスには“タカショー:モクプラボード”を使用しています。

門柱以外からは居住スペースに入れない完全なクローズ外構になっているので、安心して過ごすことができますね♪

ポストも前入れ・後ろ出しタイプなので、郵便物の出し入れも門扉を開けずに行うことができますよ!



写真 2020-11-12 13 19 23 / / / / / / / / / / / / / / / / /

門扉にはスライド門扉“三協:レナードM3型・袖門扉付きタイプ”の1714+0414を使用。

スライドタイプの門扉は、扉からアプローチまでの距離が短い場所でも開閉が可能なので、門扉を設置するスペースが限られている場合によく使用されます。

また、一般的な内開きタイプと違い、車いすの方でも扉を横にスライドするだけで楽に開閉ができるので、バリアフリーの観点からもおススメのアイテムです。




NiwaNaviImage
↑三協アルミさんHPより引用



写真には写っていませんが、S様邸ではその他にも掃き出し窓前に人工木ウッドデッキの設置やスロープの作成、境界ブロック&フェンス設置工事などもさせていただきました。





近年では予算や駐車スペースの関係や、オープンな雰囲気を好む傾向からか、クローズ外構を希望される方は少なくなってきました。

ただクローズ外構には、オープン外構とは一味違った重厚感やプライベート感があります。

お家時間が見直されるこれからの外構では、もしかしてまたクローズ外構の人気がじわじわ出てくるかもしれませんね!


S様、この度は誠にありがとうございました!

是非、素敵なガーデンライフをお過ごしください(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
“見せポイント”で印象的なお庭に!家族がゆったり過ごせるオシャレな平屋外構/浜松市東区Y様邸
NiwaNaviImage
化粧ブロック+縦格子フェンスで視線をブロック。/浜松市中区T様邸
NiwaNaviImage
植栽を上手に活かした、四季を感じられる和モダン外構。/浜松市北区K様邸
≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | ... | 12 | 13 | 14 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ

ブログカレンダー
<   2021-06   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
外構について
初めてエクステリア・外構工事をお考えの方に是非お読みいただきたい情報がまとめてあります!ご参考にしていただければ幸いです。
そもそも外構とは? 生活を便利に 施工参考価格 まずはここから考えよう 外構のあれこれ 外構アイディア集 施工の流れ 大切なお金のこと
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.