このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ

明日からいよいよ、夏休み到来ですね!!
(お盆期間中もお仕事の方、すみません。)

海にプールにBBQ・・・
遠方への旅行や実家への帰省・・・
夏は楽しいイベントが盛りだくさんですね!

とはいえ長い夏季休暇中、ご予定のない日も出てくるかと思います。
落ち着いて時間が取れる長期休暇中だからこそ、少し時間をとって外構の事について検討してみてはいかがでしょうか?



IMG_1964

新築外構で、まずは気を付けたい【高低差】のコト。

お家の間取りや仕様も決まって、次はやっと外構の検討。
どんなデザインにしようか・・・ウキウキしながら、ネットや雑誌でお気に入りのデザインするのは楽しいですよね♪

ただ、その前に少しだけ確認して下さい!


そのお家の設計、ちゃんと外構のことを考えられていますか?




例えばこんなケースが考えられます。

元々外構は、ハウスメーカーではなく外構専門店に依頼しようと考えていたAさん。
土地があまり広くないこともあり、建物の打ち合わせの際には、車2台分の駐車スペースが欲しいと事前に伝え、最低限設計に反映してもらうようにしました。
作ってもらったお家の設計図では、希望通り2台分の車を止めるスペースが確保されていたので、安心して話を進めていきます。

さて、そろそろ外構の話も進めようと、外構専門店に見積り依頼して、具体的な図面を制作してもらいます。
すると出来上がった図面を見てビックリ( ゚Д゚)
駐車スペースが1台分しか確保できていないではないですか!!

何故でしょうか?外構プランナーが間違えたのでしょうか??


・・・・実はこのA様邸、土地に高低差があったのです。


高低差があるため、外構工事で土留めと階段が最低限必要となり、2台分の駐車スペースを確保することが出来なくなってしまいました。

ハウスメーカーが作成した図面では、この高低差のことまで考えられていなかったのです。



IMG_1964

ハウスメーカーさんや工務店さんは建物のエキスパート。
お家自体ついては、きっとお施主様の希望をくんだ設計をきちんとしてくれていると思います。

ただ残念ながら、中には外構の事まで計算されていない建物配置や設計になっている場合もあるのです。


とくに注意が必要なのが土地の【高低差】です。

土地の高低差は慣れていないと中々読み解くことも難しく、一見平坦に見える土地でも建物のレベル設定によっては想像以上に高低差が発生することもあります。


Aさんの例は少し極端かもしれませんが、建物配置の読みが甘かった為、車が道路にはみ出していたり、駐車場がものすごく急勾配になっている家も実際よく見かけます。
また土地に余裕がある場合、設計上は問題なくても土留めなどを作成するのに、想定外の費用が発生することも考えられます。




タイトルなし

では、どうすればそのようなリスクを回避できるのでしょうか?
・・・それは余裕を持って外構計画を進めることです。

余裕を持って外構計画を立てておけば、場合によっては建物の配置をより最適な位置に移動できる場合もあるかもしれませんし、必要な費用も把握することが出来ます。

ただ、あまり早すぎる段階では、外構のご提案も十分に出来ないので
 ・お家の間取りと配置
 ・建物の設計GL
がだいだい決まったころを目安にご相談されるのが良いかと思います。


Aさんの様にならない為にも、土地に高低差がある方や建物配置に不安のある方は、余裕を持って外構計画を行って、後悔しないお家&お庭づくりをしましょう!



こんにちは。8月に入りいきなり夏が来たっっという感じですね!
夏の始まりは、毎年なんだかワクワクする磐田店の小池です(^-^)

さて、今回はお客様からご相談を受けることも多い自転車置き場について書いていきたいと思います。



駐輪スペース何で作る

設置場所に意外と迷うのが駐輪スペース。
新築時は必要なかったけれど、子供が大きくなって自転車に乗るようになったから急遽必要にっっ・・・なんて方もいるかもいるかもしれませんね。

自転車は野外に放置すると、雨や紫外線の影響でダメージを受け傷みやすくなってしまいますし、乗る側も不便な為、やはり雨風から守ってくれる屋根が欲しいですよね。
では、自転車を雨風から守るには、どのような方法があるのでしょうか?
早速見ていきましょう!



NiwaNaviImage

専用サイクルポート


まずは王道のサイクルポート。
自転車(またはバイク)をとめるのを前提に作られた、コンパクトなサイズ展開が特徴です。
屋根高さをカーポートなどより低く設置できるので、雨風の影響を受けにくくなっています。
商品やサイズにもよりますが、サイズが小さい分、比較的リーズナブルな価格設定なのが嬉しいですね!

一方、弱点として基本的には側面に囲いがありません。なので設置場所によって、横からの雨の振り込みが気になることがあります。
オプションで側面パネルを付けることも出来ますが、価格が一気に上がってしまうのが悩ましいところです((+_+))
また、あまり大きなサイズがないので(あっても割高...)駐輪スペース以外の用途でも使いたい方には不向きかもしれません。

【メリット】
・自転車をとめるのにちょうど良いサイズ
・屋根が低いので、雨風の影響が少ない
・リーズナブル

【デメリット】
・基本的に側面囲いがないので、横から雨が降りこむ
・サイズ展開が限られる




NiwaNaviImage

テラスを駐輪場として使う


次にご紹介するのは、テラスを駐輪場として使用するパターンです。
テラスは洗濯物を干したり、ごみ箱を置いたりと様々な用途で使用できる万能選手です。
大きめのサイズを設置して、いろいろな用途と兼用すればスペースも金額も節約できますね。

上の写真のように限られたスペースへ設置ができるのも強みの一つです。
ただ反面、出し入れがしにくかったり、置ける台数が限られてしまうというデメリットもあります。
また、窓やドアの位置の関係で屋根位置が高くなってしまったり、建物の規約によっては取り付けが出来ないこともあるので注意が必要です。

【メリット】
・狭いスペースへの設置が可能
・他の用途と併用して使用できる
・建物側からは風の影響がない

【デメリット】
・設置ヶ所によって、自転車が出し入れしづらい
・屋根が高くなりがち
・建物によってはテラスを取り付けれない場合がある




NiwaNaviImage

カーポートを兼用する


こちらはカーポートを駐輪場として使用するプランです。
サイクルポートとカーポートを両方設置するスペースがない場合や、自転車以外にバイクなども一緒にとめたい場合におすすめです。
このパターンは“どうせ駐輪場を作るなら車もとめれるようにしたい”という理由の方もちらほら。

車と兼用にすることで見た目もスッキリ納まりますが、車優先の作りになっているので屋根が高く、雨風の影響を受けやすいのが難点です。
また、1台用のカーポートだと強風時は屋根が飛ぶ恐れがあるので、サポート柱が必要になります。(←必要ないときは収納可能)
けして割高というわけではありませんが、サイズが大きい分初期費用がかかるのも欠点でしょうか?

【メリット】
・駐車場と兼用で見た目もスッキリ
・バイクなどの大物も駐車可能

【デメリット】
・屋根が高いので横から雨が振り込みやすい
・1台用カーポートの場合、サポート柱が必要
・初期費用がかかる



NiwaNaviImage

な置一体型のサイクルポート


こちらは物置で有名なヨドコウさんから発売されている“エルモコンビ”という商品です。
物置と駐輪スペースが連結していて、サイズは数パターンからそれぞれ選ぶことが出来ます。
物置と同じ丈夫な素材で作られていて、されに3面をしっかり囲われているので安心して使用できますね。

サイクルポートより駐輪部分の値段は高くなりますが、その分頑丈な囲いがあるので雨風をしっかり防ぎたいという方におススメです。
ただし、あくまでも物置と連結して使用する商品になる為、すでに物置がある場合や、両方を並べて設置するスペースがない場合は候補から除外されてしまいます(;^_^A

条件が合えばとてもおススメの商品で、パシオンでも採用率が高いですよ〜
エルモコンビの他にも、タクボさんから“Mr.ストックマン”という商品も出ています。

【メリット】
・3面を囲われているから雨風をしっかり防げる
・造りが頑丈
・一体型で見た目もスッキリ

【デメリット】
・物置と駐輪場を両方設置できるスペースが必要
・駐輪場だけの設置が出来ない
・初期費用がかかる




NiwaNaviImage

ちょっと番外編


さて、色々なパターンを紹介してきましたが最後は番外編です。
折角なら駐輪場もデザインにこだわりたい!という方向けに、お洒落なサイクルポートは如何ですか?
上の写真は、最近LIXILさんから発売された屋根材までアルミで出来ている何ともステイリッシュでカッコいいサイクルポートです。
他にも各メーカーさんから素敵な商品が色々リリースされています。



NiwaNaviImage

【メリット&デメリット】
・お洒落!
・その分高い!!

とはいえ商品によって、お値段も許容範囲内のこともあると思います。
駐輪場がちょうど目立つ部分にくる場合などは、一度見積りを取って検討してみるのも一つの手ですね!




まとめ

如何だったでしょうか?
今回紹介した以外にも、色々な方法や商品がありますので気になる方は是非お気軽にご相談下さい。



玄関前に、こんなお洒落な門柱は如何ですか?



表札

お洒落な木調タイル×ブラックカラーで統一したアイテムの門柱がお出迎え。

比較的シンプルなお家も、個性的な門柱の存在で一気にオリジナリティー溢れる印象になりますね!


建物本体には中々取り入れにくいアイテムや素材も
外構ならもう少し気軽に取り入れることが出来ます。

お家や外構全体に予算をかけるのが難しくても、門柱だけはちょっと頑張ってこだわりのデザインにすれば、それだけでお家全体の魅力を何倍にもしてくれます。

門柱にはそれだけの力があるんです。


是非、門柱で“ちょっとの冒険”を楽しんでみて下さい。










門柱

と、ちょっとカッコよく決めてみたところでちゃっかりこの門柱のご紹介もします(笑)

ブルックリンスタイルのこの門柱、貼り材には“Only One:Wood rustic(オンリーワン:ウッドラスティック)”を使用。
明るめの木調カラーが白い外観によく映えていますね。

もちろんデザインだけではなく、ちゃんと実用性も考えています!

ポストは前入れ後ろ出しの“Only One:Joy Fine(オンリーワン:ジョイファイン)”を門柱に埋め込み。
門柱前に回らなくていいので、部屋着やパジャマのままでも玄関ドアをササっと開けて郵便checkが出来るのが嬉しいですね。

また玄関階段が3段あるので、ポーチの上からでも取り出せるよう門柱は少し高めにしてあります。
ただ、使い勝手優先であまり高くしてしまうと、門柱が変に縦長になり間延びしてしまうので、160cmという絶妙な高さに設定。
さらに横幅も120cmと少し横長にすることでタテヨコのバランスをとっています。


N様、この度はありがとうございました。



今回は以前、袋井市で新築外構をさせていただいたお宅の施工事例の紹介です。


ラステラ トリミング / / / /

お洒落な人工木デッキ三協“ラステラ”でスタイリッシュなお庭に。


大きな掃き出し窓が特徴的なT様邸。
玄関前のアプローチは、天然石“ユニソン:クレモナストーン”のトパーズイエローで舗装。
窓前には、お洒落な人工木デッキ“三協:ラステラ”を設置させていただきました。

ラステラは人工木の良さはそのままに、よりモダンでスタイリッシュにデザインされたアイテムです。
床板には上質なマーブル模様が施され、板幅が通常のデッキ材より広くすることで、高級感ある印象になっています。



↓左画像をクリックすると、大きい画像が表示されます↓
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

ラステラは、デッキ材の色もシックなラインナップで魅力的ですが、個人的なポイントは“幕板”です!

幕板(デッキの側面部分)は通常の人工木デッキだと、デッキ材と同じ木調カラーの樹脂材になってしまうのですが、ラステラの幕板はアルミ製で、ホワイト・ブラック・サンシルバーから選ぶことが出来るのです!!
アルミ製の幕板が付くことでデザインが引き締まり、束柱とカラーを合わせることで更に全体のクオリティーも上がります。


「スタイリッシュな家のデザインを壊さないウッドデッキが欲しい!」
「他所と被らない、ワンランク上のデッキが欲しい!!」

と言う方、是非一度ラステラを検討してみては如何でしょうか(^^)?


全体図

ラステラの事ばかり書いてしまいましたが、他の外構もしっかりやってますよ!

こちらは全体の様子。車が乗り入れる部分は土間コンクリートでしっかり舗装。
車は頭から入って、バックで駐車できるようになっているので安心して駐車ができますね。

駐車スペースにはカーポート“YKK:レイナツインポート”の2台用を設置させていただきました。

写真を撮った時期が冬場だったので、芝生と掃き出し窓前のアオダモはお休み中ですが、
今の時期は青々した緑をキレイに見せてくれていると思います。


7月も下旬に入るというのに、今年は本当に雨が続きますねっっ
外構工事はどうしても天候に左右されてしまうので、中々工事が進まず
お客様にはご迷惑お掛けしております。

さて、今回は少し前に入らせて頂いた物置工事の施工例をご紹介します。


ご新築のお宅に設置させていただいた“ヨドコウ:エルモコンビ”です。
このエルモコンビはヨドの物置“エルモ”シリーズにオープンスペースユニットが連結したもので、パシオンでも良くお世話になっている商品です。



エルモコンビ

このエルモコンビは、物置と駐輪スペースが一体化しているので見た目もスッキリ!
物置と同じガルバリウム鋼板仕様なので、耐久性・対候性に優れています。

ポリカ屋根のサイクルポート(1台分カーポートの小さいバージョンのような感じ)に比べると少し価格は上がりますが、その分駐輪スペースは3面をしっかり囲まれているので、雨風もしっかり防げます。
なにより頑丈なので、台風の時も安心して使用できるのが頼もしいですね。



NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


NiwaNaviImage

こちらはヨドさんのカタログ写真から。
物置とオープンスペースの間口・奥行はそれぞれ数パターンから選べるので、
奥行があるタイプを選択すればバイク置き場としても使用可能です。

物置の扉カラーは全5種類。お家の雰囲気に合わせて、好みのカラーをチョイスできますよ♪




いずれは駐輪場も・・・と考えている方、物置と同時に施工できる“エルモコンビ”、如何でしょうか(^^)?


7月に入りましたが、相変わらず雨の日続きですね(;^_^A
雨の日は何となく気持ちが重くなりがちですが、頑張っていきましょう!

さて、今日は先日人工木デッキの工事をさせていただいた浜松本店・N様邸のご紹介です。


DSC_0043

リピーター様の追加・人工木ウッドデッキ工事/浜松市中区N様邸

N様とは数年前にパシオンで新築外構の工事をさせていただいた時からのお付き合いです。
今回はお庭部分の掃き出し窓前にウッドデッキを設置したいと声をかけて頂きました。

人工木デッキには“三協:ひとと木2”のモカブラウン色を使用しています。



DSC_0045

転落防止などのためにフェンスも欲しいというN様からのご希望で、デッキ上にはデッキ用フェンスの“三協:マイリッシュA4型”のサンシルバー色を設置しました。
マイリッシュA4型は目隠し度合いが強い幅広の横格子デザインが特徴です。

フェンス本体の高さはH1000ですが、それにデッキの高さも加わるので、リビングへの隣地からの視線も程よくカットしてくれます!



DSC_0047

デッキの出幅は広々10尺とっていますが、掃き出し窓前の一部のみ少し短めの5尺にして、お庭の通路を確保しました。
デッキ柱はフェンスの色に合わせてサンシルバー色にしています。

N様、この度も有り難うございました。また何かございましたら是非ご連絡下さい(^^)


職人さん
現在パシオンでは、将来の現場づくりを支えていってくれる若手の職人さんを募集しています。


・これから独立してやっていきたい
・新しい環境で仕事がしてみたい


という方、大募集!!

まずは一度、お気軽にお問合せ下さい(^^)




募集要項

資格 エクステリアの工事が出来る方
(土間打ち・ブロック積み・石張り・左官仕事など)

※今回はユニット工事の職人募集は行っておりません
内容 ハウスメーカーや工務店などの下請けではなく、当社が元請けとなる現場の工事になります
勤務地 浜松・磐田・袋井・掛川
工事価格 パシオン規定による
※詳しくは面接時に直接お話します
連絡先 担当:坂田
TEL:090-3257-3903

始まりました、パシオンの夏の人工芝フェア(^^)

実は今、人工芝はエクステリア業界から注目も浴びている商品の1つなんです。
パシオンのお客様からの需要も、近年どんどん増えきている実感があります。

では、何故人工芝の人気が高まっているのか理由を見ていきましょう!


NiwaNaviImage


いま、人工芝が人気の4つのポイント!




.瓮鵐謄淵鵐垢い蕕困任手入れ楽々

なんと言っても人工芝の一番の魅力はこれですね!
天然芝は見た目も質感もとても良いのですが・・・管理に手間がかかるのが難点なのです。

天然芝を管理するのに必要な作業
・水やり(春秋は週に2〜3回・夏場は毎日)
・芝刈り
・肥料やり
・雑草対策
・害虫対策



ざっと上げただけでも、キレイで健康な芝生を維持するためには、上記のような作業が年間を通して必要になってきます。
芝が広範囲で芝刈り機が必要な場合は、機械の収納スペースも確保しなければなりません。

人工芝ならば施工をしてしまえばそれ以降のメンテナンスはいりません。
さらに、人工芝のシートが防草シートの役割も果たしてくれるので、ただの砂利敷きの状態にくらべ雑草が生えにくくなります。

仕事と子育てに忙しい共働き世代や、庭の管理が大変になってくる高齢世代にはとても嬉しいメリットですね♪



日当たりが悪い場所でもOK!

天然芝の育成には日光が必要となるので、日が当たらない場所への施工は向きません。
その点、人工芝は日当たりを心配する必要がないので、水捌けにさえ注意してあげれば日陰へも施工ができます。



0貲中緑を楽しめる

美しいグリーンが魅力の芝生ですが、実は冬場は茶色く枯れたような状態になってしまいます。
冬場でも緑を保てる種類の芝(西洋芝)もあるのですが、それらは暑さに弱く一般的な芝生よりも管理が難しいとされています。

一方、人工芝は当然ですが季節によって見た目が変わることはないので、一年を通してキレイな緑を楽しむことが出来ます。



だ宿覆亮舛向上!肌触りが気持ちいぃ〜

人工芝は一定の需要の元、定番商品として市場に存在はしていましたが、ここ数年のお客様ニーズ拡大により各社から様々な種類の人工芝が販売されるようになってきました。
それにより、以前よりも高品質で低価格な商品が出回るようになり、人工芝がより手の届きやすいものになってきました。

商品にもよりますが、今どきの人工芝はフワフワしていて気持ちがいいですよ!お子様やワンちゃんの遊び場にも最適です♪




question-marks-2215_640

人工芝のデメリットはあるの???


残念ながら人工芝にもデメリットがいくつかあります。

―藉費用がかかる

メンテナンスがいらない人工芝ですが、設置するのにそれなりの費用がかかります。
ただ天然芝の場合、初期費用は安いですが、水やりの水道代・芝刈り機の購入費・肥料代・除草剤代などランニングコストが掛かってきます。

人工芝は初期費用こそ掛かりますが、その後のメンテナンス費がかからないのでコスト管理がしやすいのも特徴です。



耐久年数がある

天然芝はきちんと手入れをしてあげていれば毎年キレイな芝生が生えてきますが、人工芝は徐々に消耗していきます。

使用する商品や環境によっても異なりますが、人工芝の耐久年数は6〜10年程度だと言われていて、一定年数使用した後には撤去・敷き直しが必要となります。

一方で天然芝には、手入れ不足で枯れてしまったり、管理がしきれなくなったので撤去が必要になったりというリスクがあります。



K〔未砲論瀉崕侏茲覆

天然芝に比べ設置か所が自由な人工芝ですが、残念ながら法面に設置することは出来ません。

天然芝は斜面でも根を張ることで土の流出を抑え土留めの役割を果たすことが出来ますが、
人工芝はあくまでシート状の製品の為、基本的に平らな箇所への設置が前提となります。



さ╂甦兇ない

一年中緑が楽しめる人工芝ですが、裏を返すと四季による趣が乏しいという事です。
下手をすると、他の木々は葉を落として枯れているのに人工芝だけが青々として何だか違和感・・・と言うことにもなりかねません。

人工芝付近に植える植栽を、冬場に葉を落とす落葉樹ではなく、一年を通して緑の常緑樹にするなどの工夫が必要になってきます。



NiwaNaviImage

メリット&デメリットを良く考えて施工しよう!


良い点が沢山ある人工芝。ですが先に挙げたような注意点もあります。


また、エクステリアはプランニングによっては色々な可能性が出てきます!

あまり手はかけられないけれど天然芝を楽しみたい方は、芝の範囲を限定して施工をする。
芝生は欲しいけれど、駐車スペースも確保しなければいけない場合は、土間の間に人工芝を施工する。etc...

中々判断が難しいこともあると思いますので、お悩みの方は是非一度ご相談下さいね(^^)


自分たちの生活スタイルを考えて、最善のお庭づくりをしていきましょう!





b_simple_125_0L


-臨時休業のお知らせ-



7月2日(火)は誠に勝手ながら、休業日とさせていただきます。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。


b_simple_125_0L
こんにちは。
今回は少し前に施工させていただいた、袋井市K様邸のガレージ工事をご紹介したいと思います。

もともと2代用のカーポートを設置されていたK様邸。今回、既存のカーポートを撤去して、新たにガレージを設置したいとご相談に来られました。



↓↓施工前の様子↓↓


before

2代用のカーポートが設置されていました。ポリカーボネートの屋根材が一部なくなってしまっています。
写真では分かりづらいかもしれませんが、建物から道路にかけ土間コンクリートにゆるく勾配がついています。





↓↓施工中の様子↓↓


工事中

既存カーポートを撤去後にガレージ工事に着手しました。
費用を抑えるために、土間コンクリートは既存のものをそのまま利用しています。

オプションで小窓を4か所・引き戸を1か所それぞれ設置。他にも照明やコンセントも数か所ずつ配置しているので、昼夜とわず快適に使用できます。




↓↓施工後の様子↓↓


after

傾斜地に施工しているため、通常の施工ではシャッターをきちんと下まで降ろすことが出来ません。
そこで、既存の土間コンクリートの一部を斫り溝を作成。シャッターが落ちる部分を水平にすることで傾斜地へのガレージの施工を可能にしました。

また溝部分に水が溜らないよう、排水工事も施してあります。




今回使用した」ガレージはこちら↓↓


NiwaNaviImage


NiwaNaviImage

【ヨドコウ:ラヴィージュ】の2連棟タイプです。
現在3色から選べるカラーの中から、Y様は新色の“ダークウッド”をチョイスされました。
受注カラーのため納期は少しかかってしまいましたが、優しい色味がナチュラルな建物によくマッチしています。



K様には想像通りの仕上がりだと大変ご満足いただきました。

一見難しいと思われる箇所への施工も、工夫次第で設置が出来るかもしれません。
ガレージ設置でお悩みの方は是非一度、パシオンにご相談下さい(^^)!


こんにちは、パシオン磐田店の小池です。
梅雨の季節になり、雨の日が続くとお洗濯をどこに干すかが悩みの種になってきますね。
そんな今の時期に活躍するのがサンルーム!

今回は少し前にリニューアル発売となった三協のサンルーム“晴れ模様with”をご紹介していきたいと思います。

元々三協さんの人気商品であった晴れもようシリーズが、干し方やアイテムのバリエーションが豊富な“晴れ模様with”としてより便利にリニューアルしました!


NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


設置タイプの他にも、開口バリエーションや屋根形状・オプションなど・・・多彩なラインナップから設置場所や用途に合わせて仕様を選ぶことが出来ます。

今回のリニューアルでとても面白いなと思ったのが下の図2の《千鳥干し》です。
洗濯物を縦に並べて干すという発想はなかったのでとても斬新でした(゚д゚)!
千鳥干しにすることで、風の通りが良くなり洗濯物が早く乾くそうです。


NiwaNaviImage


NiwaNaviImage


NiwaNaviImage

雨除けのイメージの強いサンルームですが、実は他にも様々なメリットがあります。

屋根材がない場所に外干しをしてしまうと、太陽光が直接衣類に当たってしまうことで色褪せや痛みの原因になってしまうそうです。サンルームでUVカットをしてあげることで、衣類を直接光から守ることが出来ます。

また、花粉やPM2.5などの為に外干し出来ない時期も、サンルームがあれば太陽光を利用しながらお洗濯を乾かすことが出来ます。



NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

今回リニューアル発売を記念して、三協さんの公式HPに“晴れもようwith”のスペシャルサイトが開設中。
そのメインコンテンツとして“洗濯王子”として様々なメディアで活躍中の洗濯家・中村祐一さんによる動画が公開されているのですが・・・


すーーーーーーごく勉強になります!!!

洗濯物の効果的な干し方や、ランドリースペースの設置個所などプロの目線で紹介してくれているので、これから新築でお家を建てる方にもとても参考になると思います。

興味がある方は是非ご覧下さい(^▽^)/




物干し場が暮らしを変える編↓↓






干し方・アイテム編↓↓




折半カーポート


こんにちは。パシオン磐田店の小池です。6月に入り、いよいよ梅雨の季節に突入していきますね。
そして雨の日の困りごとの1つが車の乗り降りです。


酷い雨の日は、車から降りて傘をさす間の一瞬でビッショリ。

お買い物で荷物が多い日は、傘をさしても荷物がビッショリ。

子供を車から降ろすときは、なんとか肩で傘を支えながら子供を降ろしても、家に着く頃には子供はビッショリ。母はグッタリ。(今、まさに私がその状況です)


ただでさえ洗濯物が乾かないこの時期に、さらに洗濯物を増やすのは出来れば避けたいですよね(;^_^A

そんな雨の日の悩みを解消してくれるのがカーポート!
カーポートがあれば車を乗り降りする時も雨に濡れず、落ち着いて支度をすることが出来ますし、濡れた傘の水も切れるので雨水で車内が汚れるのも防げます。




その中でも、パシオンで近年人気になってきているのが風に強い“折板カーポート”です。


↓↓一般的なカーポートと折板カーポートの違いはこちらの記事でチェック↓↓


NiwaNaviImage
強風に負けない! 折板カーポートの施工事例

三協アルミの『カーポート G−1ss』
ポリカーボネート材屋根のカーポートと違い、屋根材が折板という鋼板を使って本体と直接固定するこちらのカーポートは...



元々風が強い地域の浜松や磐田ですが、しっかりした施工をしていればカーポートの屋根パネルが飛ぶことはあまりありません。(立地条件にもよりますが)
静岡の西部地区は雪もほどんど降らないので、多くのお宅が一般的なポリカーボネート屋根のカーポートを設置しています。

しかし、ここ数年は気候変動の為か、以前は少なかった台風の直撃が続いています。
昨年の台風の時もよく“長年この地域に住んでいるけれど、こんなに酷い被害は初めてだ”という声をよく耳にしました。

こちらのU様邸もそんな被害にあわれたお宅の1軒です。

↓↓施工前の様子↓↓


ビフォアー全体



ビフォアー屋根


ほぼ全ての屋根材が強風により外れてしまっています。
幸い飛んでしまったパネルによる二次被害等はなかったとのことですが、一歩間違えると大きな事故になりかねません。

U様邸も、これを機に既存のカーポートを撤去し、新たに丈夫な折板カーポートを設置したいとのことでした。


↓↓施工後の様子↓↓


折半カーポート

使用カーポート【三協:G-1ss・スタンダード・5580・H23 耐風圧強度:46m/秒】

施工前の様子が思い出せないくらい、カーポートが違和感なく馴染んでいますね。
既存の土間コンクリートはそのままに、柱部分のみを斫って新しいカーポートを設置したので費用は最小限に抑えられていると思います。




通常のカーポートに比べ高価な折板カーポートですが、その分強風の日や台風時にも安心して使用することが出来ますね!


もうすぐ8月・9月と台風シーズンのシーズンを迎えます。
ご家族の安全を守るためにも、もしご予算の都合がつくのであれば是非一度ご検討してみて下さい(^▽^)/



≪前のページへ || 1 | 2 | 3 | 4 || 次のページへ≫
昇順表示 | 降順表示

ホーム » スタッフブログ

ブログカレンダー
<   2019-08   >
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
外構について
初めてエクステリア・外構工事をお考えの方に是非お読みいただきたい情報がまとめてあります!ご参考にしていただければ幸いです。
そもそも外構とは? 生活を便利に 施工参考価格 まずはここから考えよう 外構のあれこれ 外構アイディア集 施工の流れ 大切なお金のこと
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.