このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 物置一体型サイクルポートの設置&整地・舗装・芝はり工事/磐田市K様邸

物置一体型サイクルポートの設置&整地・舗装・芝はり工事/磐田市K様邸


こんにちは、パシオンの小池です。

3月も中盤に入り、新年度が始まるまであと半月になりましたね!

4月からはお子さんの中学・高校への進学に伴い、通学用の自転車を購入・新調するというご家庭も多いのではないでしょうか?

そこで活躍してくれるのが、自転車専用のサイクルスペース!

今回は、そんなサイクスペースの施工事例のご紹介です。




物置と駐輪スペースの設置をご希望のK様邸。

玄関前にちょうどいいサイズの空きスペースがあったこともあり、物置とサイクルポートが一体になった“イナバ物置:NEXTA-with(ネクスタ ウィズ)”を施工させていただくことになりました。


こちらは施工前の様子↓↓


ビフォアー

施工後の様子↓↓


ビフォアー

自転車が通りやすいように、通路とサイクルスペース下を土間コンクリート舗装で新たに舗装。

既存舗装と違和感がでないように、目地ラインを合わせて施工しています。

物置下も、ビリ砕石+防草シートでしっかり舗装しています。

ちなみに・・・ご新築時に植えたオリーブの木は、お庭の別の場所に移植していますよ〜♪


アフター

少し荒れ気味だった奥のお庭スペースも芝はり工事をさせていただきました。

芝はりの下準備として、鋤土・整地・雑草処分もしっかり行っています。

これから春なるにつれて、青々とした緑が育っていくのが楽しみですね!




子供が小さいうちは、自転車のサイズも比較的コンパクトだったり、使用頻度が低かったりで、専用の駐輪スペースがなくても大丈夫だった場合も、これから毎日使用することを考えると、出し入れがしやすく、しっかり雨風をガードしれくれる場所があると便利ですね。

新型コロナウイルスの影響で、学校のスケジュールも中々予想できない状況ではありますが、しっかりと準備をして4月を迎えたいですね(^^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
物置と駐輪場が一体になったヨド物置“エルモコンビ”
NiwaNaviImage
駐輪スペース何で作る?設置パターンとメリット&デメリットをご紹介。
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.