このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 門柱の貼り材、なに使う?飽きのこないシンプルなNew3アイテムをご紹介!

門柱の貼り材、なに使う?飽きのこないシンプルなNew3アイテムをご紹介!


こんにちは、パシオンの小池です。

新型コロナウイルスの影響が、色々なところで出ていますねっっ。。。

特に、急に小中高校が休校になるのは、子供たちや親御さんにとって、とても大きな負担があり、大変なことだと思います。

とにかく今は、日々の手洗い・うがいの徹底など、自分達が出来ることをきちんとして、一日も早くこの混乱が解消されるよう協力していきたいと思います。




さて、本日は前回に引き続き、新しくなった“オンリーワン・マテリアル”カタログの中から、新商品のご案内をしていこうと思います。

今回ご紹介するのは、門柱や袖壁などに使用する“貼り材”です。

貼り材には、自然石・タイル・レンガ素材などがありますが、今回ご紹介するマテリアルはタイル素材のアイテムになります(^^)

では、さっそく行ってみましょう!!


アスタリスト緑

まず最初にご紹介するのは、“freely Border(フリーリーボーダー)”です。


NiwaNaviImage

このタイルの特徴は、異なる4種類のタイルを組み合わせて、自分好みのウォールを作成できるところです。

デザインによって凹凸の厚みもかわるので、それぞせに陰影がつき、見る角度によって様々な表情を見せてくれそうですね♪


NiwaNaviImage

表面の意匠はまったく異なるけれど、同じ素材感をもつタイルをミックスして使用することで、≪静と動≫が混在する、絶妙な存在感が生まれているように感じます。

カラーはグレー・ホワイト・ブラウン・ブラックの4色展開です。

基本的にはシンプルなデザインなので、どんなテイストの外構にもマッチしそうですね!




次にご紹介するのは“五月雨(さみだれ)ボーダー”です。


NiwaNaviImage

先ほどご紹介したフリーリーボーダーが、タイルデザイン違いで陰影を表現しているのに対し、こちらの五月雨ボーダーは、少しずつ厚みの違いうタイルを組み合わせることで、天然石のような自然な陰影を表現しています。


NiwaNaviImage

こちらはカバーバリエーションが豊富で、全8色展開になっています。

単色で使用して、割肌を楽しんでも良し。

上の写真のように、アクセントとして他のカラーを織り交ぜるも良し。

五月雨という名前の通り、流れる雨のような風情ある表情は、特に和の雰囲気に似合いそうですね。




最後にご紹介させていただくのは“Concert(コンサート)”というアイテムです。


NiwaNaviImage

こちらの貼り材も、厚みの異なるボーダーをミックスしたアイテムになります。

五月雨ボーダーに比べ、タイル1本1本の幅が広く、凹凸も大きいので、よりダイナミックな陰影がつき、タイルにより強い印象を与えてくれます。


NiwaNaviImage

少しずつ色味の異なる、計8色の豊富なカラーバリエーションを展開。

影が目立ちやすいホワイトカラーだと華やかな印象に、反対に目立ちにくいブラックカラーだともう少し落ち着いた印象になるなど、タイル自体に存在感があるので、選ぶ色味によってガラリと印象が変わりそうですね。




今回は、新商品タイル貼り材の中でも、シンプルなデザインの3アイテムをご紹介させていただきました。

シンプルデザインのアイテムは、様々なタイプの外構にもマッチしやすく、また流行にも左右されにくいのが特徴です。

ただ、シンプルとは言え、本日ご紹介した3アイテムでも、使用するものによって門柱の印象も違ってくるので、十分に個性を出すことは可能です。

自分の好みのタイルや貼り材を見つけて、お気に入りの門柱を作れるといいですね♪

次回は、同じオンリーワンの新商品タイル貼り材の中でも、もっと個性的な印象のアイテムをご紹介していきたいと思うので、どうぞお楽しみに〜(^^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
門柱にも床材にも使える、オシャレなイタリア製タイル“コニファー”
NiwaNaviImage
“見せポイント”で印象的なお庭に!家族がゆったり過ごせるオシャレな平屋外構/浜松市東区Y様邸
NiwaNaviImage
杉板RC風の門柱がポイント。和の趣が漂う上品な新築外構/磐田市O様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.