このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 家庭菜園デビュー増加中!おうち時間を楽しむ菜園をご検討の方、必見のアイテムをご紹介

家庭菜園デビュー増加中!おうち時間を楽しむ菜園をご検討の方、必見のアイテムをご紹介

おうち時間が増えたことや、外出・外食の自粛、健康への意識の高まりなどから、このところ「家庭菜園」を始める方が増えているそうです。

先日、お庭の一角を畑にするべく土を耕そうとしたところ、かなりの重労働で悲鳴が出たという方にお会いしました(^^;)

宅地造成の時に敷地が転圧されていれば庭の地面も相当固くなっています。
そこを30cmほどの深さまでは掘り起こさなければならないですから、ある程度の広さを畑にしようと思ったら、かなりの肉体労働ですよね!

プランターでならもっと手軽に野菜作りを楽しめそうだけど、せっかくならもう少し本格的に始めたいなぁ・・・

そんな方におススメのアイテムがありました!


2
1


プランターでは味わえない本格的な菜園ができる 『システムファーム』

こちらの面白いところは、レゴブロックのような要領で、ブロックをはめ込んでいって、好きな大きさ・形に組み立てられるんです!

高さもブロック3段までは積むことができるので、最大で約34cmほどになります☆



3


↓道具不要で、こんな風に簡単に組み立てられます↓

a
大きさに合わせて底材を並べます
b
枠材と天板材をはめ込んでいきます
c
透水シートを敷きこんでいきます(余った部分はハサミでカット)
d
土を入れて完成!


樹脂製の軽量ブロックですので、ベランダ菜園をお考えの方にもおススメです☆
庭など広いスペースが無かったり、集合住宅にお住まいでも、野菜作りを楽しめるのは嬉しいですね♪

ただ、ベランダ菜園にはいくつか注意点もあります。

集合住宅には、セキュリティや安全確保、景観保護などの目的によって、ベランダなどの使用に制限が設けられていますので、トラブル防止の為に、管理規約には必ず目を通しておきましょう。
避難経路をふさがないようにすることも大事ですね!

また、ベランダには重量制限があり、建築基準法では1平方メートルあたり1800N(約180キログラム)とされています。
土は意外に重量があり、総重量が想像以上に重くなってしまうケースもあるので注意が必要です。





3
お子さんと一緒に作業できれば、大事な「食育」にもつながります。

お父さんがニンジン嫌いの息子に、「パパもニンジン嫌いだったんだよ」と話しながら一緒にニンジンをつくる
・・・なんてシチュエーションのCMありましたが、実際 こども達は自分で作った野菜は積極的に食べてくれます☆

手間をかけて育てることで、食べ物の大事さにも気づくことができる、かけがえのない体験になりますね。


長引くコロナ禍にあって、おうち時間を楽しむ為に ご家庭ごとにいろんな工夫をなさっていることと思います。

特に、思うようにお友達と遊べなかったり、学校の授業や行事がいつも通りいかない こども達へのストレスはどれほどかと思います。

そんな中で、家庭菜園をスタートさせて親子でおうち時間を楽しみたい!という方に是非ご参考にしていただきたいアイテムのご紹介でした♪

もちろん頑張り過ぎている大人達にも、“癒し”や“ストレス解消”の効果のある土いじりは最適です。

ご家庭それぞれに合った家庭菜園を開園してみてくださいね〜(^^)/





その他のおすすめ記事&施工例もCHECK↓↓

2
色鉛筆をモチーフにした、遊び心溢れるPOPな水栓柱。

1
変形地でも土地を有効活用。可愛い菜園があるナチュラルな外構/浜松市浜北区H様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.