このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » 新築外構打ち合わせの事前準備 -ね住擦魴茲瓩茲-

新築外構打ち合わせの事前準備 -ね住擦魴茲瓩茲-


こんにちは、パシオン磐田店の小池です。
今回は、新築買外構打ち合わせ事前準備シリーズの最終回!予算を決めよう編です。

これまでの 銑の記事は下記リンク(緑の文字クリック)からジャンプできますので、まだ見ていない方はそちらからチェックしてみて下さい。



NiwaNaviImage
-,泙困六参する資料を用意しよう!-
NiwaNaviImage
-必要な項目をピックアップしてみよう-
NiwaNaviImage
-9イ澆離妊競ぅ鵑鮓つけよう-


【まず初めに・・・】


ある意味一番大切な項目ですね。ただ予算を決めるといっても、そもそも外構工事にいくらかかるのか、さっぱり見当が付かな方も多いはず。

それもそのはず。実は外構金額は、その道のプロであるプランナーでも実際に見積りを出してみないと分からないぐらいなんです。
何故なのかと言うと、一口で外構と言ってもその土地の大きさや状態によって、必要な工事が変わってきてしまうからです。例えば・・・

ゞ界ブロックが施工済みで平坦な分譲地
道路からの勾配が激しく、境界ブロック等が何も施工されていない土地

上記2つの場合だと、仮にお施主様の希望が同じだったとしても施工内容が大きく変わってきます。
,両豺腓蓮単純に駐車場やアプローチ門柱作成工事だけで済む場合でも、△療效呂両豺隋△修譴蕕鮑遒襪里砲泙困篭界のブロック積み・駐車場を平坦にする土留め工事・アプローチ前への階段作成・・・etc最低限住める状態にするだけでも+αで様々な工事が必要になってきます。

また、同じような条件の土地でも、駐車希望台数や使用する材料のグレード、フェンスの施工距離などにより金額もかなり変わってきます。
カーポートやウッドデッキ・テラスなどの有無によっては、金額が倍になんてことも。

外構は金額単価が住宅本体に比べると低いので、大きく差が出やすいんですね。←もちろん外構も高額な工事なのですが(;^_^A


予算を決めよう!

【じゃあどうすればいいの??】

エクステリアプランナーは基本的に、まずはお施主様からの希望を全て盛り込んだ内容でプランを作成。ただ、この初回プランがあまりにもご予算とかけ離れた現実感のないプランになっていては意味がないので、ある程度予算も加味しながらプランを作っていきます。

なのでお施主様には、まずはだいたいで良いので、目安となる予算を決めておいていただきたいのです。

実際の金額は、作成した初回プランをベースに、打ち合わせで施工範囲を狭めたり・項目を減らしたり(時には加えたり)、お施主様と相談しながら調整をしていくので、ご安心を!
とりあえず希望する内容の何にいくらぐらい掛かるかが分かれば、引き算していくのは簡単ですからね(^-^)

予算決めは“絶対に〇〇〇万円までに納めて欲しい”“上限は〇〇〇万だけど、出来ればこれくらいの金額で納めたい”“予算は〇〇〇万円だけど、カーポートは別途で見積りしたい”など、ご都合にあった内容で大丈夫ですよ。



【注意して欲しいこと】

外構予算は、住宅を建てる際に何となく予算取りをしている場合も多いと思います。

営業さんによって言われる予算金額は様々だと思いますが、ごく稀に「外構は50万円見ておけば十分ですよ」とだけ言われたというお施主様が来店されることがあります。どの程度のことまでを外構金額として見ているかは分かりませんが、一般的に予算が50万円程だと、住むのに最低限必要な外構が出来るかどうかぐらいの金額です。

あくまで参考ですが・・・
パシオンで新築外構をしていただく方の金額としては100万〜200万円あたりがボリュームゾーンになるかと思います。
ただし、カーポートやガレージなどの大型商品の設置を希望していたり、大規模な土留め工事が必要だったり、施工面積が広かったりすると、金額はもっとに上がる傾向にあります。

予算はいくら以上でなくてはいけないという事はありませんが、予算が極端に低い場合や、工事のボリュームに対し予算が少ない場合は少し注意が必要です。

少しでも不安がある方はハウスメーカーでも外構専門店でも良いので、予算割り当てや借入金額が変更可能なうちに一度外構見積りもを出してもらっておきましょう!




【準備万端!いざ打ち合わせへ!!】

この“新築外構土合わせ事前準備 銑ぁ匹鯑匹鵑任ださった貴方は、もう打ち合わせの準備バッチリですね!では早速、車に乗ってお店へGO〜・・・と行きたい所ですが、ここで最後のアドバイスを1つ。

エクステリアプランナーはお客様との打ち合わせや現地確認の為、外出中の場合が多々あります。また来店時お店にいたとしても、後にスケジュールが入ってしまっていると、折角の打ち合わせもバタバタしてしまいますね。
落ち着いた環境で打ち合わせをする為にも、お電話等での事前予約をおススメします。



事前準備をしっかりして、快適に過ごせる自慢のお庭をつくりしましょう!!


後悔しないお庭づくりを

長文にもかかわらず、最後までご覧頂きありがとうございました!


 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.