このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » おうち時間にピッタリ!洋風すだれ“アウターシェード”で夏を快適に過ごそう!!

おうち時間にピッタリ!洋風すだれ“アウターシェード”で夏を快適に過ごそう!!


こんにちは、パシオンの小池です。

この週末は、とても良いお天気でお散歩&お洗濯日和でしたね!

ただ、本格的な夏が近づくにつれて気になってくるのが“ジリジリ照り付ける日差し問題”ではないでしょうか?

特に“ステイホームサマー”で、お家で過ごす時間が例年より長くなりそうな今年の夏は、よりこの日差し問題が気になってきそうですね。


本日は、そんな夏の日差し対策におススメしたい便利アイテムをご紹介しようと思います♪




YKK:アウターシェード


NiwaNaviImage

今回ご紹介するのはYKK APさんの日除けアイテム“アウターシェード”です。

YKKさんというと、CMなどの影響で“窓の会社”というイメージを持っている方が多いと思いますが、実は外構商品も多数ラインアップしているんですよ!



NiwaNaviImage

大きな掃き出し窓は、明るくて開放的な一方、夏場は強烈な日差しも取り込んでしまいますよねっっ汗

対策として、テラス屋根を設置するのも一つのアイディアですが、テラスの屋根素材であるポリカーボネート屋根は強風に弱いという欠点も。。。

また、あまり遮光性の高い屋根材にしてしまうと、夏場は良いですが、日差しを取り込みたい冬場まで光を遮ってしまう可能性もあります。(←この辺りは設置サイズにもよりますが)


簡易取り付け式のすだれやシェードも、ホームセンターなどで夏場よく売られてはいますが、手軽な反面、使用しない時はいちいち取り外しをしなければならないというデメリットもあります。

中にはつけっぱなしにされる方もいらっしゃるかもしれませんが、それでも雨天時や強風時なんかは、そのままにしておくのはちょっと心配ですね(;^_^A


その点、必要な時だけシャードを出して使用してすることができるアウターシェードは、日常的に夏場の日差し対策を検討されている方にはピッタリのアイテムなのです!





NiwaNaviImage

こちらは、ウッドデッキに設置した手摺にボトムバーを引っかけている事例です。

グレージュ色のシェードが、モダンな印象の建物外観とマッチしていますね!

YKKさんのシェード生地は、クリアネットと同じ配合のポリプロピレン製でなので対候性が高いのも特徴です。

使用しない時は、ロールカーテンのように収納ボックスにしまっておけるので、外観デザインの邪魔もしません。



NiwaNaviImage

室外から見ると、かなり目隠し度合いが強い印象ですが、反対に室内からの眺望はしっかりキープできるような仕様になっています。

涼しい室内にいながら、外の景色を楽しめるのは嬉しいですね!


NiwaNaviImage

シェードカラーは全6色から選ぶことが出来ますよ〜!

NEWカラーのオレンジ色は、近年人気の黒ガルバ外壁のお家によく映えそうです♪



NiwaNaviImage
NiwaNaviImage

取り付け場所は、お家の形状や用途に合わせて、様々なタイプから選ぶことができます。

上の画像のように、テラスの先に取り付けて、日除け兼目隠しとして使用するのもいいですね!

ウッドデッキにボトムバーの固定金具を取り付けて、より手軽に使用できるようにもできるので、ウッドデッキやタイルデッキを新設する際に、一緒に使用することを前提にセットで検討してみるのもおススメです(^^)



ただ、このアウターシェードはあくまで日除け用のアイテムで、雨除けの性能はありません。

雨除けと日除け、両方の機能が欲しいという方は、テラス屋根に開閉式の日除けをオプションで付けるのも良いかもしれませんね!


NiwaNaviImage

こちらは、LIXILさんのシュエットのカタログ写真より拝借↑↑

冬はお日様の光をたくさん取り込んで、夏場のみ日差しを遮りたいという場合、屋根材は熱線カット率の低い屋根材(LIXILさんだとクリアマット色)+日除けの組み合わせが個人的におススメかなと思います。

日除けは開閉が可能なので、夏場など日差しを遮りたい時にササっと広げることができますよ。


アウターシェードからはちょっと話が逸れてしまいましたが・・・設置場所や用途によって、おススメのアイテムや仕様は変わってきますので、何を採用するか迷っている方はプランナーにご相談下さいね(^-^)





パシオンでも、5月に入り徐々にお見積り依頼が増えているアウターシェード・・・いかがだったでしょうか?

注意点としては、建物の構造やハウスメーカーの補償内容・設置場所によっては、アウターシェードを取り付けられない場合があるという点です。

また設置場所によっては、外構店ではなく住宅会社さんに取り付けをお願いした方が良い場合もあるので、その辺りはご相談して決めさせていただければと思います。


アウターシェードは日除けとしては高価な商品ではありますが、一度設置してしまえば長く使用することができます。

毎年の夏場を快適に過ごすことができるように、使用頻度や用途を考えて、採用を検討してみて下さい(^-^)/




その他のおすすめ記事もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
コンセプトは見上げたくなるテラス。木調の“LIXIL:シュエット”テラスをご紹介!
NiwaNaviImage
新発売のサンルーム“晴れもようwith”で雨の日のお洗濯を快適に!
NiwaNaviImage
ネットショッピングを良く利用する方はチェックしたい!不在時も荷物が受け取れる、宅配ボックスのメリット・デメリットをご紹介。
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.