このページのトップへ
ホーム » 施工例 » 人工芝×天然石がポイントのシンプルな新築外構/浜松市浜北区T様邸

人工芝×天然石がポイントのシンプルな新築外構/浜松市浜北区T様邸

vol.124

TOP

人工芝×天然石がポイントのシンプルな新築外構

さて、今回は先日浜北で施工をさせていただいたT様邸のご紹介です。

T様は、ご紹介のお客様の、さらにご紹介で来店頂いたお客様です。(ややこしくてスミマセン)
こうして色々なご縁でお客様が繋がっていくのは、本当にありがたいことですね(^-^)!!

外構では、T様から以下のようなリクエストをただいていました。

・建物まわりに人工芝
・飛び石のアプローチ
・ホワイトカラー

T様のご希望を盛り込みながら、建物とのバランスや使い勝手を考慮して設計・デザインをさせていただきました。


玄関横

写真では分かりづらいですが、玄関裏に駐車スペースがあるT様邸。

駐車場は土間コンクリートと砕石で舗装し、車1台が駐車可能なガレージを設置しています。


駐車スペースから玄関へ向かうアプローチは、T様のリクエストに応え、石板の“ユニソン:クレモナプレート”を飛び石状に配置して作成。

門柱前にも同じ天然石の、こちらは90角のものを引き詰めています。

カラーは共に、クラウドグレー(大理石)をチョイス!キリっとした印象になっていますね。

また、建物まわりに敷き詰めた人工芝は、飛び石や溝も形に細かく切り合わせ加工しなくてはいけない上に、傾斜地への施工だったので中々大変な作業ではありましたが、職人さんが頑張ってやり切ってくれました!!


NiwaNaviImage
人工芝に関する記事はココでチェック↓↓

『人工芝のここが魅力!メリット&デメリットをご紹介。』





正面

門柱には、ポストとLEDバックライト付きの表札を採用。

玄関を開けて、すぐに郵便物を取り出すことができるのが嬉しいですね。

また背高の門柱が、扉を開けた際に、外から玄関中が丸見えになるのを防いでくれるのもポイントです。


当初、門柱は塗り壁×タイル貼りのデザインでしたが、予算を調整する為に費用の掛かるタイルを変更。

塗り壁の色を、白とグレーのツートンにして、費用は抑えながらデザイン性は出来るだけ落とさないようデザインしました。

通常、塗り壁で使用する白は、実は真っ白ではなく少しベージュかかった406番という色を使うのですが、今回は奥様の強いご希望もあり、本当に真っ白な02番カラーを使用しています。

ただ、02番は発色がとてもキレイな反面、どうしても汚れが目立ちやすいという側面が・・・。

その為、汚れをすこしでも防止できるよう、門柱上には笠木として“ユニソン:ジェノバストーン”をかぶせています。

ジェノバストーンは天然石の笠木材なので、デザイン性もUPして一石二鳥ですね!(←石だけに。)


T様、この度は誠にありがとうございました。

また、このご縁が長く続いていけばいいなと思っております(^-^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓


NiwaNaviImage
石模様の黒タイルを使用したアプローチがポイントの、シンプルな和モダン新築外構/浜松市浜北区M様邸
NiwaNaviImage
ポイントを押さえた機能的なシンプル外構。/浜松市東区M様邸
NiwaNaviImage
天然石で高級感を演出!高低差をいかしたモダン外構/浜松市中区T様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.