このページのトップへ
ホーム » 施工例 » エクステリア » 大理石調のパネルフェンスで視線をしっかりガード!高級感が溢れる新築クローズ外構/掛川市H様邸

大理石調のパネルフェンスで視線をしっかりガード!高級感が溢れる新築クローズ外構/掛川市H様邸

vol.165


写真 2021-02-04 13 56 53 / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

大理石調のパネルフェンスで視線をしっかりガード!高級感が溢れる新築クローズ外構

工事の内容 新築外構
お客様のご要望 完全なクローズ外構
高級感のあるデザイン
駐車スペース 通常2台+複数台
施工カ所 門柱・門扉・アプローチ・ボードフェンス・カーゲート・駐車スペース・照明・水栓柱・ガーデンロック・人工芝・砕石+防草シート・境界ブロック&フェンス
プランのポイント エバーアートボードを使用したラグジュアリーデザイン
デザイン ラグジュアリー・モダン

広い敷地内にご新築をされたH様邸。

建物が面する道路は、かなり交通量が多い車道になるため、プライバシーをしっかりと確保できるようクローズ外構をご希望でした。

他では中々見ない印象的な大理石調ボードフェンスを使った、高級感溢れるファザードデザインがポイントの新築クローズ外構です。



DSC_0048

施工前の様子↑↑

道路から建物まで距離はあるのもも、道路からはお庭部分と建物が丸見えの状態でした。



P5316833

施工後の様子↑↑

道路との境界部分に、目隠しフェンス大型のカーゲートを設置させていただきました。

カーゲートには引き戸タイプの“三協:ラグード5型”の3516×2サイズを採用。

開口部を広く取れるように、ゲートは左右に開閉が可能な両引きタイプの設定になっています。

ラグートは引き戸本体に何種類かバリエーションがありますが、H様邸で採用している5型は、その中でもかなり目隠し度合いが強いタイプになっており、さらに高さもH1600というハイタイプになっているので、クローズ時はお庭の内部はほぼ見えない状態になりますよ!

ラグートは開閉方法を手動と電動から選ぶことができますが、電動タイプになると金額が一気に上がってしまう点と、開閉までに約19秒程時間がかかってしまう点を考慮し、H様邸では手動タイプを選択されました。



P5316837

高級感のあるファザードにしたいというH様のご希望で、目隠しフェンスには“タカショー:エバーアートボードフェンス4型セット”を使用。

エバーアートボードは、高耐候性のラッピングシートを表面に貼ったアルミ製の建材パネルで、木調や石柄・メタルカラーなど何と88種類ものカラーバリエーションからお好みの材面を選ぶことができるアイテムになっています!!

H様邸では、高級感のある石柄の中から大理石調のホワイトマーブル色をチョイス。

フェンスは表面と裏面の仕上がりが同じ両面タイプなので、道路側・敷地側のどちらから見ても美しい仕上がりになっています。

高さもH1800で設定しているので、カーゲートと合わせて目隠し効果はバッチリですね!

フェンス下にはブラックカラーのガーデンロック“ユニソン:ワズロック(ヨシノ)”も敷き詰めて、モダンな印象に仕上げています。


またフェンスの足元には、ガーデンアップライトも設置。

夜間には、ホワイトカラーのフェンスに光が照らし出され、まるで邸宅のような雰囲気を演出してくれます♪




写真 2021-02-04 13 55 46 / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /

敷地の入口には、カーゲートを開閉しなくても人が通れるように、門扉&門柱も配置させていただきました。

門扉と門扉は、あえて境界から少し後退させてた位置に配置し、空間にゆとりを持たせています。

門柱兼門袖には“タカショー:エバーアートボードユニット門袖2型”を、門扉には“タカショー:エバーアートボード門扉 片開きタイプ”をそれぞれ採用。

門柱のポストには埋込タイプを採用しているので、敷地内から郵便物を受け取るとこができます。

フェンスに使用しているのと同じエバーアートボードシリーズの同じ柄で揃えているので、統一感がありますね♪

通常の門柱や門扉には中々ない、高さH1800というトールサイズ設定があるのも、エバーアートボードシリーズの特徴の一つかと思います。

アプローチは高級感のある天然石“ユニソン:クレモナストーン”のクォーツブラック色で舗装させていただきました。






DSC_0052

施工前の様子↑↑

未舗装の状態では、雑草が育成してしまう環境でした。


P5316840

施工後の様子↑↑

広い敷地内は、土間コンクリートでしっかりと舗装!

前面道路は交通量が多いので、敷地内でゆっくり車の切り返しができるよう設計してあります。

玄関ポーチ付近に車を駐車できるようになっているので、荷物が多いときなども楽々運べますね♪

出庫の際、目視だと道路が少し見えづらいので、安全に通りに出られるよう、出入り口の柱にはミラーも取り付けさせていただきました。


写真だと少し分かりづらいですが、玄関ポーチ前や、駐車スペースの一部に、ポイントとしてに入口部分にも使用している石張り“クレモナストーン”舗装を採用。

デザインに統一感と高級感を出しています。



P5316838

ウッドデッキ前には、人工芝スペースも確保。

普段のお手入れのことも考慮して、敷地内に樹木や植栽スペースは特別設けませんでしたが、人工芝があることによって、お庭が明るくナチュラルな印象になりますね!

ウッドデッキはお施主様が手配をされ施工したものになりますが、車の切り返しをする際にウッドデッキが死角になり、車をぶつけてしまう可能性も考えられたため、ウッドデッキの角には目印としてハイタイプのポールライト“タカショー:アートウッドラインポールライト1型”を設置。

これなら高さがあるので納車時にもしっかり視界に入りますし、夜間はお庭を照らし出してくれるので一石二鳥ですね♪

照明には、明暗センサー付きの12V変圧器(トランス)を取り付け、暗くなると自動でライトが点灯するような設定にしてあります。

ローボルトの変圧器を付けることで、万が一漏電が発生した際も、感電事故や室内ブレーカーが落ちる心配がなく安心して使用することができますよ!


また、長〜い隣地との境界部分には、CB積みで境界ブロックをぐるりと施工。

隣地に建物が建っていますが、現在は空き家の状態のため、将来的に建物が取り壊されることにより、敷地内が丸見えの状態になってしまう可能性があることを考慮し、境界ブロック上には横格子フェンス“LIXIL:フェンスAB YS3型”のH1200サイズを設置させていただきました。





今回は完全なクローズ外構を、施工が難しいエバーアートボードを使用しての作成でしたので、施工の際は、既存マスなどにカーゲートのレールやフェンス柱が干渉しないように細心の注意を払って、現地でもこまめに確認しながら施工をさせて頂きました。

H様、この度は誠にありがとうございました!!

他では中々お目に掛かれない豪華なお庭で、充実したエクステリアライフをお過ごし下さい(^-^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
すき間スペースも活用!広々人工芝スペースが素敵なモダン外構/磐田市E様邸
NiwaNaviImage
杉板RC風の門柱がポイント。和の趣が漂う上品な新築外構/磐田市O様邸
NiwaNaviImage
こだわりのカーポートで、ハイグレードな空間をデザイン!/浜松市西区I様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.