このページのトップへ
2021年07月年 の記事
この度、エクステリア商品の大手メーカー「タカショー」から驚きのアプリが登場しました!

その名も『メタバガーデン』。これがすごいっっ(; ・`д・´)

タカショーのエクステリア商品を自宅に試し置きできちゃうんです!?

お手持ちのスマートフォンやタブレットを設置予定の場所にかざすだけで、実寸大の3D商品が画面上にあらわれます。
デッキ・スクリーン・カーポート・テラスなどなど、気になるアイテムを「もしもウチにつけたなら・・・」のシミュレーションがゲーム感覚で気軽にできます♪



1


アプリのダウンロードはこちらから↓↓(登録不要、無料)
アスタリスト緑
meta2
アスタリスト緑


さっそく 試してみましたよ〜☆

 パシオン磐田店に →→→  木調の横格子フェンスを設置してみました!
1
2



縦格子フェンスだってこの通り☆

こちらは『千本格子リバーシブルユニット』
高さ2m すき間50mm ブラウンエボニー色です。

「格子のすき間が50mmだと、こんな風に透けてみえるんだな」

「高さ2mだとこのくらいかぁ。高さ1.8mのものを隣に置いて比べてみよう」

「建物に合った色はどれかな」

といった風に、ご自宅にマッチした商品を探すことができます♪
4


さらにこのアプリを使うとイイコト!!

設置したい場所に実寸大の3D商品が配置されたら、どの位置からでも商品を確認できます。

離れた所から見るとどんな感じになるか や

近づいて見て、木目の模様を確認することもできます♪


→縦格子なら、こんな風に見る角度によって目隠し率が変わりますので、
実際に移動しながら目隠し具合を確認することができますね☆
4
 
ずっと画面の中を覗いていると、まさにそこに存在していると錯覚してしまいます(^▽^;)

こんなことが当たり前にできる時代になったんですね〜。

IoT、AR、VR・・・アナログ人間の苦手意識をあおるような横文字があふれている世の中ですが、こんな風に身近なものとして、これからもっともっと生活に浸透していくんだなぁと改めて感じました。

前述のとおり、今は「タカショー」商品のみで使用できるサービスですが、メーカー問わずシミュレーションできる時代は、すぐそこまで来ているのかもしれません。


こんにちは!
最高気温30℃を超える日々に、いよいよ夏がきたなという感じがします(^_^;)

夏本番をむかえるにあたり、注意したいのは『熱中症』ですね。
体温調節の難しい乳幼児や、体の水分量が少ないご高齢者は特に注意が必要です。
水分塩分クーラー気分」を合言葉に暑い夏も元気に過ごしてまいりましょう!

また今年はぜひ“3とる”の合言葉も覚えていただきたいと思います。
ただでさえ熱中症のリスクの高い時期ですが、マスクをして日常を過ごすことで、熱中症にかかる危険が高くなるようです。そこで3つのとる!

   /佑箸呂覆襪戮2メートル以上の距離とる
  ◆―淑な距離を確保したら、マスクとる
   水分とる

厚生労働省は、新型コロナ感染を防ぎながら熱中症予防のためのこのようなポイントをあげています。
マスクのつけ続けに注意して、水分補給を積極的にこまめにすることが大事ですね☆




さて、今回は新築外構工事をさせていただきました現場のご紹介です!


完成

敷地に高低差があったN様邸。

建物と駐車スペースの間に土留ブロックを設置し、駐車スペース後ろには玄関へと続くアプローチ階段を作成させていただきました。

土留ブロックには、化粧ブロック“ユニソン:シャモティ”を使用。

階段の蹴上がり(立ち上がり部分)は、コンクリート製のブリック“ユニソン:ミルドブリック”を使って仕上げています。


また、隣地との境界ブロックとフェンスもパシオンで施工させていただきました!

境界ブロックは、普通ブロックとアルミ製の縦格子フェンスでリーズナブルな仕上げていますよ〜(^^)



DSC_0233

常時使用する車2台分の駐車スペースは、土間コンクリートでしっかり舗装!

車からのアクセスの良さを考えて、玄関から近い位置に配置させていただきました。

駐車場横スペースは、普段は使用しないことから、道路に砂利が流れ出ないように侵入部のみを土間コンクリートで舗装し、その他の部分は砂利敷きの状態にしてあります。

一見シンプルに見えますが、来客時には駐車スペースとして使えますし、BBQや子供のプールをするする際も、広々としたスペースを自由に活用することができる万能スペースです♪



NiwaNaviImage

掃き出し窓前に設置した目隠しフェンスには“三協;エルファードM1型”の両面タイプを使用。

フェンスは高さH1600×ワイド3m分で、カラーは玄関扉の色味に合わせて明るいオレンジチェリー色を採用しています。



plan_photo06

エルファードシリーズには、柱がフェンスの間に入る間仕切り支柱の【エルファード両面タイプ】の他に、柱がフェンスの裏側にくる【エルファード片面タイプ】があります。

N様も、どちらのタイプを使用するか最後まで悩まれていましたが、最終的には室内からの見た目も美しい両面タイプを採用されました。



NiwaNaviImage

エルファード両面タイプのカラーバリエーションは全6色展開で、アルミカラー4色と木調カラー2色からお色を選ぶことができます♪

選ぶ色によって、お庭に与える雰囲気もガラッと変わりますよ!





N様邸では、ご予算にも配慮しつつ、目隠しフェンスや土留め工事など、必要なポイントはしっかり押さえたプランニングをさせていただきました。

シンプルな分、お手入れもしやすく、長く使いやすいお庭になっていると思います♪

N様、この度は誠にありがとうございました(^-^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
縦格子で揃えた門柱&目隠しフェンスがポイント!シンプルデザインの新築外構/浜松市南区O様邸
NiwaNaviImage
駐車計画に配慮した、シンプルな新築外構/磐田市I様邸
NiwaNaviImage
敷地内の勾配・高低差も土留めで解消!機能性を重視したシンプル新築外構/袋井市T様邸
三協アルミの新商品展示会に行って参りました!第三弾!
最後にご紹介するのは、人工木デッキひとと木キュアーズ』です。

このデッキの特徴は、幕板が無いこと!


ひとと木キュアーズ3
ひとと木2

三協アルミで定番の人工木デッキ『ひとと木2』を見てもお分かりいただけるように
←←
デッキの側面には、幕板と呼ばれる“デッキ材をぐるりと囲むように張られた板”があるのが通常です。

ひとと木キュアーズには、その幕板がありません。床板ごとに小口キャップでふさいでいます。
ひとと木キュアーズ2
側面に厚い幕板が無いことで、よりスタイリッシュな印象になっていると思われませんか?


しかし、このひとと木キュアーズ、単に幕板が無いだけが特徴ではありません。

質感
ともに本物に近づけるための技法が施されているのです!


ひとと木キュアーズ4
ひとと木キュアーズ5
床板のカラーバリエーションは3色。↑
ちなみに、三協アルミさんのアンケート調査で一番人気は「アッシュナット色」だったそうですよ☆


IMG_4390
展示会会場が室内だった為、実際の色が分かりにくかったです(^^;)サンプルが到着したあかつきには、自然光のもとで見てみたいと思います♪

触れてみた印象としては、思っていたよりツルっとしていました。
従来品のひとと木2や他メーカーのデッキ材で感じるような、ザラっとした、ささくれ立った感じは全くありません。

ステップは、デッキに直接取り付けない独立型。これも、床板のシルエットを際立たせるポイントです。デザインも本体に合ったスッキリとした印象でした。


「ひとと木キュアーズ」いかがでしたか?
ひとと木キュアーズ6
こちらの商品、従来品「ひとと木2」よりも価格はお高くなっています。
リビングから地続きの空間を、ワンランク上のものにしたい方にはおススメのアイテムです☆

以上、三協アルミ新商品展示会レポートでした!



LIXILのハイグレード人工木デッキもCHECK↓↓

デッキds
ワンランク上の人工木ウッドデッキ“LIXIL:デッキDS”をご紹介!


三協アルミ展示会レポート!パート&兇凌珪ι覆CHECK↓↓

004
三協アルミ展示会レポート!パート供/珪ι淵ーポート『ビームス』をご紹介
005
三協アルミ展示会レポート!パート機/珪ι淵侫Д鵐后悒譽献螢◆戮鬚款匆
三協アルミの新商品展示会に行って参りました!第二弾!
さっそくご紹介するのは、今年3月から新登場した折板カーポートビームス』です。


ビームス

三協アルミさんのこの推し様を見ても、自信の商品であることがうかがえますねっ☆

もちろん発売当初から、当店パシオンも目を付けておりましたよ〜(^^)v
このブログ内にて、ビームスについて詳しくご紹介していました。
是非こちらの記事をご覧ください!↓↓



お洒落なNEWスタイル折半カーポート“ビームス”をご紹介!


このビームス、“スマートさを突き詰めたデザイン性”と“高水準の強度”の二刀流とのこと。

その点については、過去記事 【お洒落なNEWスタイル折半カーポート“ビームス”をご紹介!
】 をお読みいただければわかると思います。

今回は展示会で仕入れました興味深いデータをご紹介します。


IMG_2
折板カーポートを選ぶ理由 その 台風対策

強い勢力の台風で、毎年大きな被害が発生しています。台風でなくても冬は日常的に風の強い、静岡県西部。

パシオンのお客様にも、風に強いカーポートをご要望される方が多くいらっしゃいます。
そこでパシオンがおススメするのが、耐風圧強度の高い折板屋根のカーポートです。

ビームスの耐風圧強度は、側面パネル無しのNタイプで50m/s相当以上。ポリカーボネート屋根であれば、2台以上用のワイドタイプで42m/s相当ですから、その強さがわかります。


IMG_4385
折板カーポートを選ぶ理由 その 猛暑対策

近年の猛暑は、データを見ずとも感じていますよね(+_+;)
2018年と2020年には観測史上最高の41.1℃が観測されました。どこででしょうか?

ここ静岡県なんです!(静岡県浜松市)

温度が上がりやすい車内の温度を測定した結果、直射日光下では63.6℃にもなりました。
それに対し同じ条件下の折板カーポート下では42.8℃という測定結果に。
その差、20.8℃にもなったんです!!
それだけスチール折板に、高い遮熱効果があるといえます。

そこで、屋根材がポリカーボネート板のカーポート下は、どれほど車内温度が上昇するのか、気になり調べてみました。・・・とは言っても、三協アルミさんのカタログにしっかりと記載がありました。


STX1475A_0849
そこには、「車内温度」だけでなく、「ハンドル表面」、「ダッシュボード表面」の実測値の記載もありました。  ここで注目ポイントが!!!

ポリカーボネート屋根の車内温度は、折板屋根ほどではないものの、温度の低下がみられました。が!ハンドルやダッシュボードの表面は、車内温度に対してかなり高温になっていることが分かります。
それに比べて、スチール折板では、ハンドルやダッシュボード表面の温度が、車内温度とほぼ変わらない!熱くならない!ということが分かりました。

ハンドルが熱くて持てない、シートベルトの金具が熱っっ・・・なんてことは無さそうです。



IMG_4389

さて、展示会レポートに戻りまして・・・

このビームス、スタンダードタイプと、天井材付きのプレミアムタイプの2タイプがあります。

展示会には“スタンダードタイプ”が設置されていました。
IMG_4384

スタンダードタイプでも、オプションダウンライトの取り付けは可能です。
←←

天井材付きのプレミアムタイプにダウンライトを取り付けるのも、もちろん高級感があって素敵ですが、スタンダードタイプにつけても、無骨でかっこいい雰囲気でした♪
IMG_4388

側面には、レジリアシリーズフェンスが取り付けられていました。

レジリアフェンスがフラットですっきりしたデザインなので、シャープでスタイリッシュなビームスにとても合っていました。

別商品のフェンスというより、ビームス専用の側面パネルといった印象さえあります。ひとつ前のブログ記事でご紹介した通り、レジリアフェンスのタイプは豊富なので、選択の幅も広がります。


新商品 折板カーポート『ビームス』 いかがでしたか?
強さとカッコよさ、両方を兼ね備えたカーポートをお探しの方には、一押しのアイテムです!

次回、三協アルミ展示会レポート 最終回!パート靴砲匿郵木デッキ『ひとと木キュアーズ』を紹介させていただきます!




バツグンの強度!折板屋根カーポートの施工例もCHECK↓↓

TOP画像
急な傾斜も土留めの新設で解決!折板カーポート×レンガ積みがお洒落な追加外構。/浜松市浜北区O様邸
P4190793
頑丈なカーポートとガレージが自慢!土留め工事で使いやすさもUPしたシンプルな新築外構/浜松市浜北区A様邸
TOP
折板カーポートで台風の日も安心!真っ赤な機能門柱ステイムがアクセントのオープン外構/袋井市・K様邸
先日開催されました 三協アルミの新商品展示会に行って参りました!
目玉商品はフェンスレジリア』シリーズ、カーポートビームス』、人工木デッキひとと木キュアーズ』。
それぞれ従来商品の進化版のような商品で、機能的に・デザイン的にパワーアップしていました。

三協アルミさんからの説明を受けて、新商品を実際に見て、触れて、感じた「いいね!」や「そうなんだ!」をレポートさせていただきます!



ラインアップ

まずは フェンス『レジリア』シリーズ

こちらは従来あったシリーズから一新し、
高強度な耐風圧性能を標準装備した
今年新登場のフェンスです。

「しなやかな強さ」を意味するレジリエンスから名づけられたこのフェンス
耐風圧強度は 風速36m/秒相当!

以前の商品が風速34m/秒相当でしたから
強度は間違いなくアップしています。
遠州のからっ風もどんとこいです!

このレジリアシリーズ
バリエーションが豊かなことも特徴です。
デザインは全15タイプ、カラーは5色

気になる売れ筋の、デザインカラー を教えてもらいました!

IMG_4382
  まずはデザイン。
  全国的にも、県内でも、一番人気は
  横ルーバーフェンスの『レジリアYL1型』。
  しっかりと目隠ししたい、でも風は通したい、
  といった要望の多さがうかがえますね。

しかもこのYL1型!以前のものに比べて断然見た目が良いのです!
yl1型
上下桟&ルーバー格子をフラットな面にし、なおかつ パネルにどうしても必要なたて桟を裏側に設置することで、従来品よりもとてもスッキリとした印象になりました。

カラーバリエーション

つづいてはカラー。
レジリアフェンスのアルミカラーは
左の5色。


この中で一番人気のカラーは・・・?!
IMG_4381
  全国・県内ともに『UC(アーバングレー)色』!

  特に県内でのUC人気は約6割と
  断トツの結果でした。
  しかしながら、全国的にKC(ブラック)色
  人気が増加傾向。
  

当店パシオンにおいても、黒トレンド、肌で感じております!

コンクリート・石材・木目など、何にでも相性の良いブラック。
ブラックを多用して無骨な印象にしても◎
モノトーンでスタイリッシュな印象にしても◎
ポイント使いで引き締め効果を演出しても◎
天然素材と組み合わせて高級感を演出しても◎

ブラック、きてます…!


以上、三協アルミ展示会レポート!新商品『レジリアフェンス』のご紹介でした☆

カーポート『ビームス』、人工木デッキ『ひとと木キュアーズ』については、パート彊聞澆任款匆陲気擦討い燭世ます!




ブラックを基調としたパシオンの施工例もCHECK↓↓

TOP
テーマは“オールブラックス”!台風にも備えた男前な新築外構/湖西市O様邸
TOP
ブラックを基調とした、機能性もバッチリなカッコイイ新築外構/浜松市中区A様邸
TOP
カッコいい外構を作りたい人必見!お洒落なアルミカーポート・SCや黒ガルバのガレージを設置した新築外構/浜松市中区S様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.