このページのトップへ
2020年06月12日年 の記事

こんいにちは、パシオンの小池です。

東海地方も梅雨入りしましたねー。

雨の日が続くと、何となく気分がのらなかったり、体が重く感じたり、洗濯物が乾かなかったり、子供が毎日靴をドロドロにして帰ってきたり、室内に虫さんが侵入してきたり・・・とにかく気持ちが凹みがちになりますよね〜↓↓

まだこれから1か月以上、梅雨の期間は続きますが、その後に必ずやってくる爽やかな夏を心待ちにして、何とか乗り切っていきましょう!!




さて、少し前のブログでご紹介した外付けの日除け「アウターシェード」。

そのサンプルがお店に届きましたーーー!!

せっかくなので、今回は写真と共にご紹介していきたいと思います♪



サンプル

これがアウターシェードのサンプルです。

サンプルなので、木の枠につけられていますが、実際は窓サッシや外壁・テラスなどに取り付けて使用するかたちになります。

パッと見は、小さめのシャッターボックスのような感じでしょうか?

窓枠サッシの色味に合わせたカラーを選べば、外観の邪魔にはならないようなシンプルな見た目になっています。


正面から

こちらは、シェードを降ろしたときの様子。

シェードを出すには、紐を軽〜くひっぱるだけでOKなので、小さなお子さんでも簡単に降ろすことができます♪

固定方法は、設置場所によっても異なりますが、サンプルでは、木枠に取り付けてあるフックに引っかけるようになっていました。


生地自体はしっかりとした印象!

ただ、思っていたよりは透け感があって、目隠し度合いはぼちぼちと言う感じでしょうか?



斜め引き出しバージョン

こちらは、斜めに設置したバージョン。

まっすぐ降ろすのもいいですが、斜めにすると空間的な広がりも生まれるので、個人的にはこの使い方の方が好みです。

また、この降ろし方の方が、正面から見た時の目隠し度合いは少し高かったような印象があります。

恐らく、生地の折り目の問題だとは思いますが、見る角度や光の入り方によって、目隠し度合いは多少変わってきそうな感じです。(←あくまで個人的な感想ですが。)



裏面

おまけの裏面からの様子。

シェード収納ボックスが見えないと、よりスッキリした印象ですね!

シェードの生地自体がしっかりしているのと、下部にバーが付いているので、自分で取り付けるタイプのシェードよりもたわみが少ないのも、スッキリして見えるポイントなのかもしれませんね(^-^)





こちらのサンプルはパシオン浜松本店と磐田店に展示してあります。

興味のある方は是非お気軽にお越しください♪

梅雨が明けて、本格的な夏が来る前に、お庭&室内の暑さ対策をしっかり整えましょう!!





その他のおすすめ記事もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
おうち時間にピッタリ!洋風すだれ“アウターシェード”で夏を快適に過ごそう!!
NiwaNaviImage
新発売のサンルーム“晴れもようwith”で雨の日のお洗濯を快適に!
NiwaNaviImage
裏技!タイルデッキとリビングの段差を解消する方法をご紹介。
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.