このページのトップへ
2020年07月年 の記事

こんにちは、パシオンの小池です。

今回はナチュラルな雰囲気が魅力的な、木調フェンスを施工させていただいた現場のご紹介です。



DSC_0136

お庭をドックランにするために、フェンス設置のご依頼をいただいたT様邸。

駐車場とお庭スペースの間に、木調のフェンスを設置させていただきました。


木調フェンスには、グローベンさんの“プラドONE”を使用。

お庭から直接出入りができるように、同シリーズの門扉も合わせて取り付けています。


写真だと分かりづらいですが、オープンだった境界ブロックの上にもアルミメッシュフェンスを設置させていただきました。




DSC_0264
施工前の様子。



DSC_0140

施工後の様子。

ドックランスペースとしてお庭を使用するとのことでしたので、フェンスのすき間や高さはT様から事前にご指示をいただいていました。

フェンスは低い所でH1250〜高い所でH1400、フェンス間のすき間は3センチとなっています。


T様邸の敷地は、建物側から境界側に向かって少し下がるように傾斜がついてたので、フェンスを設置するとどうしても境界側の足元が少しすき間が開いてしまいます。

T様には事前にそのことをご説明し了承をいただいた上で、できるだけすき間が小さくなるよう、ギリギリまでフェンスを低く設置して対応させていただきました。



DSC_0138

“プラドONE”は、再生樹脂に木粉混合をし、表面にポリエチレンコーティングを施した複層合成木材フェンスです。

天然木の木目模様が個々に違う様に、プラドONEフェンスの板材も、一つとして同じ柄はないんだとか!!

板ごとに微妙に異なる風合いが、より本物の木材フェンスに近い見た目を実現しているんですね♪




DSC_0261

施工前の様子。


DSC_0141

施工後の様子。

プラドONEフェンスは、元々並べてあったレンガ見切りの内側に独立施工で設置しています。

プラドONEフェンスは、板の厚みが比較的薄いので、スッキリした見た目の木調フェンスを設置したい方にもおススメです!



DSC_0138




施工後、T様からは「色々なご要望にお答えいただきありがとうございました。大変満足しています」と、嬉しいお褒めの言葉も頂きました。

これからT様ご一家が、愛犬と共に充実したガーデンライフを過ごされることを心より願っております(^^)/




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
まるで新築のようなお庭に変身!クローズ→オープン外構に大規模リフォーム工事/浜松市北区S様邸
NiwaNaviImage
変形地にオーダーメイドテラスを設置して、敷地を有効活用!/磐田市Y様邸
NiwaNaviImage
ナチュラルな雰囲気の板張りフェンス、タカショーのモクプラボードをご紹介!

こんにちは、パシオンの小池です。

皆さん、4連休はいかがお過ごしでしょうか(^^)?

新型コロナウイルスの動向が気になる毎日ですが、パシオンでは引き続き感染対策に取り組みながら、元気に営業しておりますよ〜!


さてさて、今回は少し前にフェンス工事をさせていただいた現場のご紹介です。




傾斜地に建つO様邸。

道路に面した敷地の一部は、土留をすることで平らなお庭スペースになっていました。

ただ、せっかくスペースがある一方、上手くお庭を使いこなせていない状態でした。


DSC_0038

施工前の様子。

せっかくのお庭スペースですが、通りから丸見えだった為、使い勝手が悪い状態でした。

また、お庭スペースと道路の間にかなり高低差がありますが、手摺などがない状態なので少し危なっかしい部分もありました。


フェンス

施工後の様子。

既存RCの上に新設で化粧ブロックを1段積み、フェンスを設置させていただきました。

写真だと分かりづらいですが、元々敷いてあった芝生は撤去し、管理のいらない人工芝にやり替えもしていますよ〜。

フェンスには“LIXLI:フェンスAB YS3型”(施工時の名称はセレビューRP3型)のクリエダークを、化粧ブロックには“TOYO:ライク”をそれぞれ使用しています。


フェンス

反対側からの様子。

・・・スミマセン、完全に光が映り込んでしまっていますね( ;∀;)

フェンス自体の高さはH1000ですが、元々あるRC擁壁が高いところで約1m程あり、フェンスと合わせると約2m程の高さになるので、目隠し効果としては十分です!




今回フェンスを設置させていただいたことで、お庭の活用方法がぐっと広がったと思います。

O様邸の様に、せっかくお庭はあるけれど、うまくスペースを活用できていない・・・というお宅は意外に多いかもしれません。

そういう時は、少しお庭に工夫をしてあげることで、使い勝手のよいスペースに大変身することもありますよ!

また、「スペースはあるけれどどう活用すれば良いのか分からないっっ」という方は、プランナーが相談に乗ることもできますので、お気軽にご連絡下さいね(^-^)/




その他のおすすめ記事もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
倒壊の恐れのある古いブロックを撤去!目隠しフェンスやり替え工事の施工事例/磐田市K様邸
NiwaNaviImage
既存の擁壁上にブロック&フェンスを新設。門柱も設置して勝手口からのアクセスも便利に!/磐田市Y様邸
NiwaNaviImage
木調カラーも追加ラインナップ!リニューアルした「LIXIL:フェンスAB」シリーズをご紹介。
受付中

数年前にご新築をせれたS様邸。

フェンスや門柱などは設置されていましたが、駐車場はお庭スペースの舗装は手付かずの状態でした。



ビフォアー

施工前の様子。

進入路と兼用の駐車スペースは砕石敷きの状態のでした。


進入路

施工後の様子。

砕石敷きだった進入路は土間コンクリートでしっかり舗装!

アプローチ部分と駐車スペースを区別する為に、ラインを分けてデザインしています。

また、サイドと中央の砕石部分には雑草対策として防草シートも採用させていただきました(^-^)




ビフォアー
ビフォアー

玄関付近・施工前の様子。

玄関前にはS様がご自身で造作されたアプローチがありました。

当初はこのアプローチをそのまま活用する予定でしたが、最終的には既存アプローチは撤去し、新しく作らせていただくことになりました。



門柱周り

施工後の様子。

土の状態だったお庭スペースは高麗芝を植えて、緑豊かな芝生スペースに変身!

門柱脇にはお家のシンボルツリーとしてジューンベリーを植えさせていただきました。

植栽の周りは、レンガ風コンクリートブリックの“ユニソン:ミルドブリック”で舗装しています。

ジューンベリーの足元にはアベリアコンフェッティも植えてありますよ〜(^-^)


玄関前には、土間コンクリートでアプローチを新設。

駐車場から途切れずにラインが繋がっているので、雨の日などもで足元が悪い日も歩きやすいですよ!


写真には載っていませんが、建物周りにも砕石と防草シートを設置させていただきました。




S様、この度は誠にありがとうございました。

この度、お庭の舗装工事をさせていただいたことによって、使い勝手はもちろんのこと、見た目の面でもかなりリフレッシュすることが出来たのではないかと思います。

また何か手を加えたい部分などが出てきましたら、お気軽にご連絡下さいね!




その他のおすすめ記事もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
2代用カーポート&土間コンクリートを施工しました!/磐田市F様邸
NiwaNaviImage
お庭スペースをキレイに舗装!植栽を撤去⇒目隠しスクリーンや人工芝で、お手入れ楽々&プライバシーもしっかり確保。/磐田市S様邸
NiwaNaviImage
木調ユニット門柱に植栽スペースを+プラスして、玄関前を華やかに!/浜松市中区Y様邸

こんにちは!

今年は本当に雨の日が続きますねっっ汗

玄関周りの何とも言えない生乾き臭が気になってきた、パシオンの小池です。(←もちろん自宅です)




さて本日は、土間コンクリート打ち&カーポート設置現場のご紹介です。


ビフォアー

こちらは施工前の様子。

メインで使用している駐車スペースは、F様が土の上にコンクリート平板をご自身で敷いて使用していました。


↓↓↓
アフターP

こちらは施工後の様子。

建物前のスペースに土間コンクリート舗装をし、その上に2台分のカーポートを設置させていただきました。

カーポート奥の舗装スペースは、農家を営まれているF様が、農作業スペースとしてご使用されるとのことです。


進入路部分も舗装ができるとより使い勝手は良くなるのですが、F様邸の場合は敷地がかなり広いのと、こちらのスペースはお庭の裏側にあたる部分の為、今回はスペースを区切って一部分だけを施工さえていただきました。

また、工事の際に出る残土の処分代(※)は、広いF様邸の敷地の一部に残土を敷き均しさせていただくことで、その分の費用をカットしています。

※残土処分代→土間コンクリートなどの厚み分、元々あった土をとる際に出るいらない土を処分するための費用



カーポートP

カーポートには“YKK:レイナツインポートグラン”の57-60サイズを使用。

カラーは本体色がブラウン、ポリカーボネート板の屋根材はスモークブラウン色を採用されました。


DSC_0198

カーポート下には2台分・計4つの車止めも設置。

後ろに低めの既存土留めブロックがありますが、車止めがあればうっかり後ろに下がりすぎることもなく安心ですね!

設置位置は、現地で車止めをF様に置いていただきながら決定しました。


今回は車止めを1台につき2つ使用しましたが、駐車場が通路と兼用の場合や、簡易目印として使用したい場合は、タイヤの片側分として1つだけ設置する場合もありますよ〜!




F様、この度は誠にありがとうございました。

これから暑い夏日がはじまりますが、どうかお体に気を付けて、お仕事頑張って下さい(^^)/

日差しが強い日は、カーポート下に避難して作業もしてくださいねー!




その他のおすすめ記事もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
カーポートに洗濯物干しを取り付けてテラス代わりに!バイクの作業場にも/磐田市Y様邸
NiwaNaviImage
駐車スペースを拡張!石材を再利用したリフォーム工事/浜松市東区S様邸
NiwaNaviImage
シンプルが一番!使い勝手の良いオープン外構/磐田市S様邸

こんにちは、パシオンの小池です。

外出自粛は解除されたものの、まだまだ以前のように気軽にお出かけという訳にはいかない今日この頃。

ただ、最近はその分お家での時間を大切にしようと、前向きに検討されている方も増えてらっしゃるのではないでしょうか?

本日は、お庭でのプライベートタイムをより快適なものにしてくれる、温かい雰囲気のおしゃれ目隠しフェンスをご紹介していこうと思います(^^)





本日ご紹介するのは、タカショーさんの“モクプラボードフェンス”です。


16-0095_0630

モクプラボードは、素材にポリスチレンを使用した、木調樹脂製ボードフェンスです。

板を一枚一枚取り付けて施工するので、見た目は木製フェンスのようですが、天然木に比べ乾燥や雨風に強く、長持ちするようになっています。

基本的にメンテナンスフリーなので、お手入れも楽々ですよー♪



下あき

フレームが付いているフェンスに比べ、板を一枚一枚設置するこのタイプのフェンスは、全体的にどうしても価格が高めになってしまうのですが、このモクプラボードはその中でも比較的リーズナブルな価格帯が嬉しいアイテムになります。

また、欲しい部分に必要な枚数だけボードを施工することができるのもポイントです!

全体の価格を抑えるために、パシオンでは足元部分には板を貼らず、視線が気になる上部にだけにボードを貼ることもよくあります。


dokuritu

地面に直接設置する独立仕様と、ブロック上に施工する仕様のどちらにも対応ができます。

ただ、ブロック上にフェンスを施工する場合は、コストパフォーマンスを考えて、リーズナブルな縁付きの木調フェンスを採用される方が多いので、モクプラボードを施工させる方は圧倒的に独立タイプが多い印象です(;^_^A



フェンス上

もちろん、ブロック上に施工する方もいらっしゃいますよ!

縁付きタイプのフェンスでは出せないような温かい印象を出すことができてるのがこのフェンスの良い点ですね♪




モクプラRボードシリーズには、意匠が違うの4つのタイプがあり、さらにそれぞれに3〜4種類のカラーバリエーションがあります(^^)


モクプラ 色味2

こちらは、一番オーソドックスなノーマルタイプのボードです。

他のボードに比べて価格がリーズナブルなので、パシオンでモクプラボードを施工する際は、ほとんどの方がこのノーマルタイプを選ばれます。

上の施工写真のように、カラー違いのフェンスを組み合わせて、ツートンカラーのフェンスにすることもできますよ〜!



モクプラ 色味

こちはら、よりリアルな見た目を追求して作られた、モクプラボード・リアルです。

サイズや施工方法はノーマルタイプのモクプラボードと同じになりますが、表面に板目の意匠が施されることにより、より本物の木製フェンスに近い造りになっています。

こちらはノーマルタイプより1色少ない3色展開となっています。




モダン色味

こちらは名前の通り、モダンな印象の見た目に仕上げたモクプラボード・モダンです。

同じように表面に意匠を施してありますが、優しい印象のリアルに比べ、キリっとした印象があります。

フェンス自体に存在感を持たせたい場合は、こちらのモダンの方が良いかもしれませんね!


メタル

最後はこのモクプラボード・メタルです。

ナチュラルな印象の上記3種類と比べ、こちらはかなり特徴的な仕上げりになっています。

カラーランナップも、シルバー・レッド・グリーンと、上記の3種類とは大きく異なっていますね!

シャビーシック外構やインダストリアルな雰囲気のお庭にもマッチしそうです。




板張りタイプの木調フェンスは、モクプラボード以外にも何種類かあります。

それぞれ板の素材や質感、長所と短所などが少しづつ違いますので、板張りフェンスをご検討中の方は、プランナーに色々聞いてみて下さいね(^-^)/





その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
変形地にオーダーメイドテラスを設置して、敷地を有効活用!/磐田市Y様邸
NiwaNaviImage
“見せポイント”で印象的なお庭に!家族がゆったり過ごせるオシャレな平屋外構/浜松市東区Y様邸
NiwaNaviImage
セラミックスクリーンで、開放的な空間を演出!/掛川市I様邸
NiwaNaviImage
木調フェンスで、憧れのプライベートガーデンに!/磐田市H様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.