このページのトップへ
2019年10月21日年 の記事

以前、境界ブロックやり替え工事をさせていただいたK様邸。

前回は建物正面部分の施工でしたが、今回は側面部の境界ブロックをやり替えたいとご依頼をいただきました。


ビフォア

施工前の様子。

現状ではひび割れや傾きなどの症状は見られませんが、ブロックは高さが約1m80cm、中には透かしブロックも施されていて、耐久性にかなり不安が・・・。

最悪の場合、何かのキッカケで倒壊の恐れもある状態でした。


アフター

施工後の様子。

既存ブロックは強度に不安がある上部は撤去し、新たに縦格子フェンスを設置しました。

フェンスには“三協:シャトレナ2型”のダークブロンズ色を使用しています。

前回施工させていただいたやり替え工事では、建物正面という事もあり、化粧ブロックと木調フェンスを使用しましたが、今回は側面部でまた施工距離も長いことから、比較的リーズナブルな商品を使用しています。


ビフォア

別アングルからの様子。

境界ブロックわきは一般道で、人の行き来がある場所ということもあり、K様もブロック倒壊による通行人への被害を心配されていました。


アフター

施工後の様子。

ブロック積みで重い印象だった施工前に比べ、あか抜けた印象になりました。

見た目もスッキリして、道路を使用する人も安心して通行ができますね。

また、見た目は軽やかですが、フェンスは高さ1m20cmあり、ブロックと合わせると実は施工前よりも高くなっているので、目隠しとしての機能のバッチリです!



図面

施工前には、パース図面でしっかり打ち合わせもさせていただいています。

K様邸の場合、施工距離が長いこともあり、中々イメージが付きにくいかと思ったので、図面では3点に人型シルエットを配置。

道路の高低差によって変わる、各場所ごとの実際の高さ等が、パッとみて分かるよう工夫しています。



本当は、磐田市が行っている“ブロック塀等の撤去・改善の助成制度”を活用したかったのですが、残念ながらK様邸の工事の場合、助成対象にはあてはまりませんでした。

その為、工事費用は全額ご負担とはなってしまいましたが、近隣住民の方の為に、責任を持ってしっかり安全対策をされたK様はとても素晴らしいと思います!!

またK様自身も、ブロック倒壊のリスクが減ったことで、日々安心してお過ごしいただけるようになったのではと思います。

K様、この度も誠にありがとうございました。
また何かお困りの際は、ぜひお気軽にご連絡下さい(^^)





パシオンが会員登録している、エクステリア・外構・住宅・造園のポータルサイト「e-toko」では、ブロック塀診断カルテ(関東エクステリア建設業協会監修)を無料公開中です!

こちらのツールは簡単にご自宅のブロック塀の状態を診断できるツールになっています。

特別な登録は不要なので、ご自宅のブロックの状態が気になるという方は、ぜひ一度診断してみて下さい(^-^)/


↓↓↓

NiwaNaviImage


その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
視線をカット!木調目隠しフェンスと跳ね上げ門扉でクローズ外構に大変身。/磐田市T様邸
NiwaNaviImage
門柱・駐輪スペースをプラス+して統一感のあるナチュラル外構に大変身!/磐田市T様邸
NiwaNaviImage
レンガアプローチと木調フェンスで、ほっこり出来るカフェ風のお庭にリフォーム。/浜松市中区I様邸
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.