このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 排水計画もバッチリ!敷地内に追加コンクリート舗装工事!/磐田市I様邸

排水計画もバッチリ!敷地内に追加コンクリート舗装工事!/磐田市I様邸


あけましておめでとうございます(^^)

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?


パシオンは本日より全店舗で営業を開始しております。

2021年も、お客様にとって本当に価値のあるエクステリアをご提供できるよう、スタッフ一同邁進してまいります!!




さてさて、新年一発目の施工事例紹介です!!


以前もパシオンで外構工事をさせていただいたI様邸。

I様邸の敷地はとても広く、基本的には既に土間コンクリート舗装が施されているのですが、部分的に未舗装の箇所があり、車の乗り入れが少し不便だとのことでした。

そこで今回は、未舗装部分の追加コンクリート舗装工事と、それに伴う付帯工事を施工させていただきました。



before

施工前の様子↑↑

部分的な舗装はしてありましたが、進入路と駐車スペースの間が未舗装だったため、車が乗り入れしずらい状態でした。



DSC_0169

施工後の様子↑↑

未舗装だった箇所を、土間コンクリートでしっかり舗装!

I様邸の場合、随所に既存舗装や構造物があるため、新しく施すコンクリート舗装の高さも、そこに合わせなくてはなりません。

新設するコンクリート内に水が溜まってしまわないようにするためにも、新設箇所のコンクリート舗装はあえて溝で細かく区切り高さを微調整し、できるだけ使用しやすいように施工させていただきました。



DSC_0178

施工前の様子↑↑

敷地内の未舗装部分も、穴埋めの要領でコンクリート舗装をしていきます。

敷地の中心部には、既存の側溝と、I様がご自身で用意されたグレーチングが設置してありましたが、排水計画を考え、こちらも一度撤去して、新しくしていきます。


DSC_0170

施工後の様子↑↑

側溝を新設するため、既存側溝周りの土間コンクリート部分に斫り工事を施し、新しいU字溝を設置。

側溝上部には、こちらも新設のグレーチングを置かせていただきました。

新設の側溝は、元々敷地内にあったマスに繋げています。

未舗装部分もしっかり土間コンクリートで舗装をしたので、以前にくらべとても車が通りやすくなりました!



DSC_0180

施工前の様子↑↑

こちらの大型倉庫脇は、側溝を施工した箇所の、逆サイドにあたります。


DSC_0171

施工後の様子↑↑

新設の舗装箇所は、倉庫の扉出入口にもあたるので、車を止めての出入りもしやすくなりますね♪

今はまだ舗装したてなので、既存部分と新設部分の色の違いがとてもハッキリ出てしまっていますが、時間が経つにつれてだんだんと馴染んできますよ〜。




I様邸の工事は、一見とてもシンプルに見えますが、少し間違えると、敷地に水が溜まってしますというリスクもあります。

今までは、砂利の部分に自然透水されていたものが、コンクリート舗装をすることで、水の行き場がなくなってしまう可能性があるからです。

そこでI様邸では、現場調査時にとにかく敷地内のレベル(土地の高さ)を細かくとり、それに合わせてしっかりとした排水計画を作成。

実際の工事の際も、職人さんとは入念に打ち合わせをし、万が一間違いがないように、図面にもレベルを落とし込むようにし、万全の体制で工事にあたらせていただきました。


I様、この度は誠にありがとうございました。

また何かお困りの際は、お気軽にお声がけ下さい(^^)




その他のおすすめ施工例もCHECK↓↓

NiwaNaviImage
既存土留めブロックを撤去!駐車スペースの拡張工事/磐田市S様邸
NiwaNaviImage
2代用カーポート&土間コンクリートを施工しました!/磐田市F様邸
NiwaNaviImage
手つかずだった駐車場を舗装!使い勝手のよいお庭にリフレッシュ工事/磐田市S様邸

ブログカレンダー
<   2021-01   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
外構について
初めてエクステリア・外構工事をお考えの方に是非お読みいただきたい情報がまとめてあります!ご参考にしていただければ幸いです。
そもそも外構とは? 生活を便利に 施工参考価格 まずはここから考えよう 外構のあれこれ 外構アイディア集 施工の流れ 大切なお金のこと
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.