このページのトップへ
ホーム » スタッフブログ » スタッフブログ » 人工芝のここが魅力!メリット&デメリットをご紹介。

人工芝のここが魅力!メリット&デメリットをご紹介。


始まりました、パシオンの夏の人工芝フェア(^^)

実は今、人工芝はエクステリア業界から注目も浴びている商品の1つなんです。
パシオンのお客様からの需要も、近年どんどん増えきている実感があります。

では、何故人工芝の人気が高まっているのか理由を見ていきましょう!


NiwaNaviImage


いま、人工芝が人気の4つのポイント!




.瓮鵐謄淵鵐垢い蕕困任手入れ楽々

なんと言っても人工芝の一番の魅力はこれですね!
天然芝は見た目も質感もとても良いのですが・・・管理に手間がかかるのが難点なのです。

天然芝を管理するのに必要な作業
・水やり(春秋は週に2〜3回・夏場は毎日)
・芝刈り
・肥料やり
・雑草対策
・害虫対策



ざっと上げただけでも、キレイで健康な芝生を維持するためには、上記のような作業が年間を通して必要になってきます。
芝が広範囲で芝刈り機が必要な場合は、機械の収納スペースも確保しなければなりません。

人工芝ならば施工をしてしまえばそれ以降のメンテナンスはいりません。
さらに、人工芝のシートが防草シートの役割も果たしてくれるので、ただの砂利敷きの状態にくらべ雑草が生えにくくなります。

仕事と子育てに忙しい共働き世代や、庭の管理が大変になってくる高齢世代にはとても嬉しいメリットですね♪



日当たりが悪い場所でもOK!

天然芝の育成には日光が必要となるので、日が当たらない場所への施工は向きません。
その点、人工芝は日当たりを心配する必要がないので、水捌けにさえ注意してあげれば日陰へも施工ができます。



0貲中緑を楽しめる

美しいグリーンが魅力の芝生ですが、実は冬場は茶色く枯れたような状態になってしまいます。
冬場でも緑を保てる種類の芝(西洋芝)もあるのですが、それらは暑さに弱く一般的な芝生よりも管理が難しいとされています。

一方、人工芝は当然ですが季節によって見た目が変わることはないので、一年を通してキレイな緑を楽しむことが出来ます。



だ宿覆亮舛向上!肌触りが気持ちいぃ〜

人工芝は一定の需要の元、定番商品として市場に存在はしていましたが、ここ数年のお客様ニーズ拡大により各社から様々な種類の人工芝が販売されるようになってきました。
それにより、以前よりも高品質で低価格な商品が出回るようになり、人工芝がより手の届きやすいものになってきました。

商品にもよりますが、今どきの人工芝はフワフワしていて気持ちがいいですよ!お子様やワンちゃんの遊び場にも最適です♪




question-marks-2215_640

人工芝のデメリットはあるの???


残念ながら人工芝にもデメリットがいくつかあります。

―藉費用がかかる

メンテナンスがいらない人工芝ですが、設置するのにそれなりの費用がかかります。
ただ天然芝の場合、初期費用は安いですが、水やりの水道代・芝刈り機の購入費・肥料代・除草剤代などランニングコストが掛かってきます。

人工芝は初期費用こそ掛かりますが、その後のメンテナンス費がかからないのでコスト管理がしやすいのも特徴です。



耐久年数がある

天然芝はきちんと手入れをしてあげていれば毎年キレイな芝生が生えてきますが、人工芝は徐々に消耗していきます。

使用する商品や環境によっても異なりますが、人工芝の耐久年数は6〜10年程度だと言われていて、一定年数使用した後には撤去・敷き直しが必要となります。

一方で天然芝には、手入れ不足で枯れてしまったり、管理がしきれなくなったので撤去が必要になったりというリスクがあります。



K〔未砲論瀉崕侏茲覆

天然芝に比べ設置か所が自由な人工芝ですが、残念ながら法面に設置することは出来ません。

天然芝は斜面でも根を張ることで土の流出を抑え土留めの役割を果たすことが出来ますが、
人工芝はあくまでシート状の製品の為、基本的に平らな箇所への設置が前提となります。



さ╂甦兇ない

一年中緑が楽しめる人工芝ですが、裏を返すと四季による趣が乏しいという事です。
下手をすると、他の木々は葉を落として枯れているのに人工芝だけが青々として何だか違和感・・・と言うことにもなりかねません。

人工芝付近に植える植栽を、冬場に葉を落とす落葉樹ではなく、一年を通して緑の常緑樹にするなどの工夫が必要になってきます。



NiwaNaviImage

メリット&デメリットを良く考えて施工しよう!


良い点が沢山ある人工芝。ですが先に挙げたような注意点もあります。


また、エクステリアはプランニングによっては色々な可能性が出てきます!

あまり手はかけられないけれど天然芝を楽しみたい方は、芝の範囲を限定して施工をする。
芝生は欲しいけれど、駐車スペースも確保しなければいけない場合は、土間の間に人工芝を施工する。etc...

中々判断が難しいこともあると思いますので、お悩みの方は是非一度ご相談下さいね(^^)


自分たちの生活スタイルを考えて、最善のお庭づくりをしていきましょう!






ブログカレンダー
<   2019-06   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
外構について
初めてエクステリア・外構工事をお考えの方に是非お読みいただきたい情報がまとめてあります!ご参考にしていただければ幸いです。
そもそも外構とは? 生活を便利に 施工参考価格 まずはここから考えよう 外構のあれこれ 外構アイディア集 施工の流れ 大切なお金のこと
 
Copyright © PASSION All Rights Reserved.